ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

MMD杯ZERO、個人的表彰をする。

MMD杯ZEROとかいつの間にか始まってたので作品を紹介していく※追記終了

第20回MMD杯、個人的表彰をする。
第19回MMD杯、個人的表彰をする。
第18回MMD杯、個人的表彰をする。
第17回MMD杯、個人的表彰をする。
第16回MMD杯、個人的表彰をする。
第15回MMD杯、個人的表彰をする
第14回MMD杯閉会、個人的表彰など
第13回MMD杯 そういえば終わってたので個人的表彰など
第12回MMD杯閉会表彰式 せっかくなので個人的表彰もする
第11回MMD杯 閉会式。今回のまとめと個人的な表彰作品など
MMD杯表彰閉会式、結果と考察、予想の勝率及び個人表彰 (第10回)
第9回MMD杯本選 表彰閉会式とかも終わったので個人的に総評とか
第8回MMD杯表彰閉会式 個人的にオススメだった動画の紹介とか
第7回MMD杯 本選開始 適当に今のうちに話題なMMD動画紹介
第6回MMD杯表彰閉会式 個人的な賞的な何かも
第5回MMD杯 面白そうな参加作品色々紹介。
第4回MMD杯 動画の紹介等





という訳で個人的表彰していこう。
ビームマンPが主催をして大々成功といった感じのMMD杯ZERO。
私の方でも金賞銀賞銅賞の三賞で個人表彰させていただきたい。

なんか頭痛がするので簡潔に。前書きもこのぐらいにしてさっさと始めよう。

金賞

金賞は今回見た作品で最も心動かされた作品に。

30分越えの長時間動画で、多種多様なMMDモデルを使い幻想郷の人里を表現、その中での「ごくありふれた惨事」を描く。
現実のアメリカとかの銃乱射もそうだけれども、犯人はある意味ではそこまで追い詰められているってことでもあるんだよね。いやそれぞれ色々だが。
結局のところ多くの一般人が殺人者になるかならないかはちょっとしたきっかけや偶然に過ぎない。そうも思う。
そして殺人者は自分含めあまりに多くの人生に変化を強いる。しかし結局のところ道端の群衆を殺しまわったところで社会は変わらない。

どうにもこうにも奇妙なリアリティが感じられる。ファンタジー世界である幻想郷をあえて舞台にすることでそれが浮き彫りになっているというか。


銀賞

まあ、MMDモデルが主体の動画という感じでもないが、MMD文化に最も強く関わる作品として。

何が起こったかという詳細は動画に譲るとして、上が腐るとこうまでなるとはというのがよくわかる。
もちろんこれは恒心教コミュニティ側からの視点であるという事を留意しなければならないが、ともかく事実としてビームマンPが再生を成し遂げた。
コミュニティ内外の動き、動画投稿者の意見、再生数マイリス数投稿数など。尊師MMDもまたこの動きを作り上げた大きな一要因。

ネットコミュニティという物を深く考えさせられる。崩壊したそれも多く見るがMMD界隈はもう少し続くようだ。


銅賞

さて、銅賞はかなり候補があり迷ったが、エキセントリックで脳に刺さって来たこの作品で。

ネットミームにも色々あるがクッキーというのも相当混沌に満ちている。
その混沌の中から産まれ出るものは様々な可能性を持ち合わせている。
これはその極北かもしれない。本筋と大きく離れつつ別個の奇妙な価値を作り上げている。

一般受けには前提が必要のない作品が良い訳だが、前提をちゃんと知った上だからこそ面白いものも多い。
そういう物をこそやはり取り上げていきたい。


今回はこんなところで。もっと選びたい動画は多いが次点は無しにしたい。
MMDZEROⅡがまた来年の8月に開催だっけ?ストリートファイターみたいなネーミングだが、MMDの登竜門としてのMMD杯を復活は出来ただろうか。


一応、全ての動画を見たわけでは全然ない。1000動画は多すぎて見ていると脳が溶ける。タイトルやらで合致しそうな動画や他の紹介、選考作品などから選んでみている。
読者も全ての動画を見た方は稀であろう。そういう訳で三賞のみの個人表彰記事とは別個に紹介記事があるのでそちらも参考にしていただきたい。
スポンサーサイト

テーマ:ニコニコ動画 - ジャンル:サブカル

  1. 2018/09/30(日) 19:14:17|
  2. ニコニコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<リアリティは現実の非現実的なところにある。2018年第37回動画紹介・ジャンプ感想回 | ホーム | キャラゲーのキャラ数を色々数えてみる。東方・ポケモン・艦これ・FGO。>>

コメント

お疲れ様です。私も「無敵さ」を拝見致しました。
たていとさんはこのような動画がお好きならば、ガス・ヴァン・サント監督の「エレファント」という映画をお勧めします。この映画は上記のMMDと似たような演出があるので、たていとさんも好きになると思いますよ。
  1. 2018/10/06(土) 16:18:04 |
  2. URL |
  3. 名無しさん #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> お疲れ様です。私も「無敵さ」を拝見致しました。
> たていとさんはこのような動画がお好きならば、ガス・ヴァン・サント監督の「エレファント」という映画をお勧めします。この映画は上記のMMDと似たような演出があるので、たていとさんも好きになると思いますよ。

ありがとうございます。参考にさせていただきたいです。
あんまり映画方面にはアンテナが無いのでそういう情報はありがたいです。
  1. 2018/10/07(日) 17:36:43 |
  2. URL |
  3. たていと1 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/2696-3d25b9c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)