ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

ゲームジャンルの小分類の話 ローグライク・ソウルライク・メトロヴァニラなど

ゲームジャンル分類を生物分類方式で考えてみる


ゲームのジャンルというものは混沌としたゲームの実在をどうにかこうにかひねくり回して秩序だたせて成り立っている。
割と行き当たりばったりでジャンル分類は命名されており、その構造は時によくわからなくなる場合もある。

未だ定まらないコンピューターゲーム分類だが、そういっても分類は分類であり大分類から小分類と構造だっている。
例えばファミコンのスーパーマリオブラザーズ。
最も大きな分類ではアクションゲームということになる。
もう少し小さく分類するならば2Dアクションゲーム、
更に言うならプラットフォームゲーム、俗にいうジャンプアクションゲームという事になる(2Dか3Dかということとジャンプアクションであることのどちらを小分類とすべきかは一定の議論の余地もある)
しかして、ジャンプアクションも種類が多い。ジャンプで敵を踏み倒すことが主要な攻撃手段であるスーパーマリオブラザーズの類似品とでもいうべきものから、最近流行りのメトロイドヴァニラのような探索型アクション、他にも様々なものがある。


ひとたび商品が売れるとその類似品が山ほど出てくるのは資本主義社会の常だが、ただそれをパクりだと糾弾するのは早計に過ぎる。
小さいゲームジャンル内でも秀逸な独自性が見られる作品は多いし、ゲームバランスなどのクオリティ、キャラクター性などでの差別化もありうる。
マイナーな音楽ジャンルでもたまにある話だが、外から見ると同じようなもんばかり作りやがってとか思われがちだが中に入った人から見ると全然違うように感じるのである。


まあそんな感じである訳だが、とりあえずそういった小分類を覆いつくがぎり列挙してみよう。
メトロイドヴァニラ
一つの作品名が完全に入っていることを厭いメトロヴァニラと呼ぶ場合もある。メトロイドやキャッスルヴァニラ(悪魔城ドラキュラの英名)のような広大なマップを探索する2Dアクションゲームを指す。
インディーズゲームではかなりフォロワーの多い作品である。そういえばカービィSDXの洞窟大作戦もメトロイドヴァニラに入るのかな?

ローグライク
1980年に作られたRPGゲーム「Rogue」に似た(ライク)作品を指す。
さて、ローグに似たと言ってもローグも様々な要素がある訳で、どれぐらい似ているかというので様々である訳だが少なくとも自動生成マップは必須であるようだ。
他の要素としてはターン制、空腹度システム、デスペナルティの高さ、シングルプレイヤーゲーム、ハックアンドスラッシュ要素、テキストユーザインターフェース等々……
今どきテキストユーザインターフェースにまで拘っているのはやややりすぎ感もあるが、アイテムとマップが自動生成するアクションゲームみたいなのをローグライクと言うのもやや憚られる。そういうのをローグライトと称する場合も。
不思議のダンジョン系、という言い方もあるがこれはローグライクの更に小分類ということになるのか。グラフィックユーザインターフェースだが後は概ね忠実なローグライクである。

ソウルライク
デモンズソウルやダークソウルといったソウルシリーズの影響を受けている作品。
高難易度で近接戦闘メイン、ダークな世界観、初見殺し、死に覚えなどが特徴とされる。
TPSや2Dアクションなど様々なジャンルをまたがっているのも特徴。ホロウナイトなんかもソウルライクだが、あれはメトロイドヴァニラでもある。

Wizライク
ウィザードリィライクなダンジョン探索型3Dダンジョンゲームを指す。
ハックアンドスラッシュ要素が強く街とダンジョンを往復する事などが特徴的。
世界樹の迷宮などはまさにWizライクである。

Diabloライク
最初期からあるMORPG、Diabloのような作品を指す。
クォータービューで弾除けなど簡単なアクション要素があり、ダンジョン自動生成、ハックアンドスラッシュ要素、マルチプレイ可などもほしい要素である。


代表的なのはこんなところだが、名前がある中で、という意味である。
無双ライク、三国無双のような一騎当千アクションもよくよく見かけるものだし、インディーズでもゼルダライクのようなものも結構見る。
マインクラフトライクも多い。半場クローンゲームのようなものも多々見かけるが。



クローン、ライク、テイスト、オマージュ、フォロワー、精神的続編、コピー、海賊版……
結局分類は人為的なものでしかないが、もう少しまとめて考えることも出来るかもしれない。
あるいはこの辺からゲームを学問していく糸筋が見えてくるかもしれない。そうも思えた。
スポンサーサイト



テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2018/08/19(日) 10:33:02|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ドブ色の未来。2018年第31回動画紹介・ジャンプ感想回 | ホーム | 任天堂ヴィラン達のそれぞれの分類・性質>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/2678-e1221455
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)