ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

オクトパストラベラー、ラスボス(裏ボス)までクリアしたので感想、及びラスボスクリア時のパーティ構成など

オクトパストラベラー スクエニ公式

ネタバレ注意な。特にラスボスの。



いやあ、本当にいいJRPGであった。
まさにこういう物が求められていた。90年代のJRPGの正統進化形、そう思わせる出来であった。


JRPGらしい分かりやすいシステムで、変に戸惑うことが無い。
バトルシステムのターン制弱点ブレイクは戦略性も高く楽しめ、サブジョブも含めたキャラ育成はプレイする人によってかなり違いが出るほど考えさせる。
フィールドコマンドで、例えばいきなり終盤の街に盗みに入ったりというチート的面白さも味わえる。
まあ、それが故に攻略を見るか見ないかで難易度が大きく変わるが、まあRPGなのでクリアできなけりゃレベル上げすればいい話でもある。
どこから始めてどのようにプレイしても良い。オープンワールドではないがその類の面白さを感じさせるものもある。

ストーリーに関しては、重要なところを隠し過ぎではないかという感もあるがまあまずまず楽しめた。
裏ボス回りに関しては情報を集めても推測せざるを得ない点も多いが、だからこその面白さもあるか。
個々キャラクターの4章までは、まあキャラが少ないので先が読めたりもするがわかりやすく楽しめる。
裏ボス関係に入ってくると色々繋がってきてかなり戦慄するほど。全然別々の話だと思いきや、という驚きがある。
キャラ回りも結構楽しい。パーティチャットの仕様は問題ありだが。システム上絡みは結構難しかったのかもしれんがもうちょいほしかったのはある。サイラスで始めたがかなり好きなキャラしてた。
しっかしオルステラ大陸、治安悪すぎでは?というか主人公に盗賊いるしなあ。

難易度に関しては、4章までは攻略を見過ぎなければそこそこ歯ごたえのある難易度か。攻略を見ていくと大分簡単になる。レベルよりも装備やジョブ、戦法でだいぶ変わるゲーム。
で、ラスボス。マジでかけ離れた強さを誇る。適当にやっていて勝てる相手ではない。4人だけ育てていると大きな落とし穴がある。ジョブ構成や装備、サブアビリティなど様々なところを考えつくさなければならない。
いやそりゃレベル99とかにしたら知らんけど結構バカみたいな経験値いるからね?

総じて、SFCのRPGを思わせるゲームデザインであるが現代の感覚を以て作られており、非常に完成度の高いJRPGとして楽しめた。一応ラスボスまで62時間でクリア。ボリュームも結構ある。こういうのに引っかかる層は買った方が良いと言える。





で、ラスボス、ガルデラさん。一応頑張って一回で倒したけどこんな強い?って感じだった。前座の8ボス面倒なだけじゃんってレベル。
ポンポンこっちが死にまくる。低レベルなら回復限界突破は必須か?
一応攻略とか見まくったがラスボス自体の詳細は見なかったんだよね。パーティを二つに分けるのは知ってたが。
そういう状況下から考え出したパーティ構成をここに書いて色々ラスボス攻略の考察としたい。
装備まで書くと大変なのでまあ適当にふさわしいもの持ってると考えてもらいたい。ナッツもカンストを避けてできるだけ上手い漢字にした。

パーティ1
ハンイット
バトルジョブ 武芸家
レベル(クリア後) 68
サポートアビリティ
 回復限界突破
 ダメージ限界突破
 永続フィジカルアップ
 消費SPダウン

物理アタッカー。物理攻撃が2番目に高いハンイットを武芸家にしたのはオルベリクは剣士でも十分にアタッカーを果たせて役割が被るので。結果的に魔物呼びは使わなかった。まあポケモン捕まえるのめんどくさいからやってないしね。
奥義ウィンヒルドの威力は異常。一発で全体に七万ダメージほど与えられる。他の技はブレイクなども考慮し適当に使う。
消費SPダウンはやや趣味感もある。BPイーターにしても良かった。とはいえSP消費激しすぎるもんね武芸家。まあウィンヒルド以外やらないって決めさせるのもアリだが。どしゃぶり矢なんかは何やかんやブレイクに使うし、ねんちゃく糸も便利。とはいえラスボスの猛攻の中ではねんちゃくはやってる間がないところもあるか。踊り子奥義でねんちゃく糸全体化も視野に入れていたがラスボス回りが全員連続して攻撃されると辛い場合もあるし散らすためにあえて撃たなかった時も。


プリムロゼ
バトルジョブ 魔術師
レベル(クリア後) 64
サポートアビリティ
 回復限界突破
 BPイーター
 強化ターン数増加(受)
 消費SPダウン

属性アタッカー及びブレイク役。サイラス魔術師はベースジョブと被り過ぎるし杖しか持てないしで問題多いもんね。踊り子奥義でのサポートも念頭に入れていたがほぼやる間がなかった。
強化ターン数増加(受)は神官奥義とのシナジーを考えたものだが、これ(与)と重複しない感じだった?とりあえず神官奥義と魔術師の相性は実際抜群で魔術師はこれによりアタッカーとしても全体5万以上叩き出すしブレイク役としてもこれ以上ない役割を果たした。
消費SPダウンは常に消費の激しい特大魔法を撃ち続ける魔術師には結構必要。装備なんかでSPの方を上げるのも手だが。
ルーンマスターのルーンが掛かっているときはエレメントブレイクロッドなんかも。軽くカンストが出る。まあ魔法撃った方が強いが属防減らせるのはでかい。
ダメージ限界突破をつけるのも手だったか?連続攻撃なのでそう問題は無いのだが。
永続エレメントアップなんかも十二分にありか。


オフィーリア
バトルジョブ 踊り子
レベル(クリア後) 64
サポートアビリティ
 回復限界突破
 状態異常回避アップ
 強化ターン数増加(与)
 自動復活

回復役及びバッファー。回復魔法は属性防御依存。両パーティに回復役は計3枚いるがとりあえず安定感のあるオフィーリアをこっちで一人に任せて見た。BPが3溜まれば神官奥義。暇なときは反射を積んだり。プリムロゼに既に神官奥義が掛かっているときは自分にかける時も。踊り子奥義は言うほど使わねーな。
状態異常回避アップは効いてるのか効いていないのか。何にせよ沈黙や睡眠、気絶のようなどうしようもない系の状態異常はあまり使われなかったので必要なかったかもしれない。
強化ターン数増加(与)はまあわるくないんだが。
自動復活は凶悪なデスコンボでの全滅避けに回復役に入れてみたがオフィーリアは結局死ななかったような。
そういえば天使の加護なんかも強いらしいが結局入れなかった。


トレサ
バトルジョブ ルーンマスター
レベル(クリア後) 66
サポートアビリティ
 回復限界突破
 ラストアクト
 強化ターン数増加(与)
 消費SPダウン

バッファー。稀に回復したりブレイクしたり。
バッファーは動ければ動けるほどいいのでラストアクト。ラスタアクトは全員につけてもいいぐらいなんだけどね。
バッファーなので強化ターン数増加(与)まあいうほど必要だったか知らんが。
消費SPダウンも、永続エレメントアップあたりの方が良かったかなあ。


第一パーティ、今よく見たら全員女やんけ?!びっくりした。
なんか上級職が3つと多い。まあ第一形態は全体攻撃が必要なので結果オーライではあった?
オフィーリアのバトルジョブ踊り子はあんまいらんかったかなあ。薬師にしといた方が良かったか?変に奥義以外を使う暇がない。
健全化全体も出来たわけだ。
そういえば武芸家奥義とルンマス奥義は弱点探しにも使える。学者のいないこっちパーティでは結構悪くない選択肢。このトレサ属功大したことないけどね。

 

パーティ2
オルベリク
バトルジョブ 狩人
レベル(クリア後) 66
サポートアビリティ
 回復限界突破
 BPイーター
 ダメージ限界突破
 永続フィジカルアップ

ハンイットに武芸家をやったので。
物理アタッカー。狩人奥義で全体高ダメージという使い方もできる。どしゃぶり矢やねんちゃく糸もわるくはない。
基本剣士奥義を使いまくる。どしゃぶり矢は使う時もあるがねんちゃく糸はやってる暇がない。
サポアビもそんな感じ。
固いので薬師奥義の土台する時も。
 

テリオン
バトルジョブ 神官
レベル(クリア後) 63
サポートアビリティ
 回復限界突破
 ラストアクト
 強化ターン数増加(与)
 状態異常回避アップ
 
回復役及びバッファー・デバッファー。たまに盗賊奥義なんかで攻撃もするが。
基本神官の仕事ばかりしてた、というか神官奥義ばっか使っては凍える波動喰らわされまくってたような。たまに回復もしてたがアーフェンが有能すぎてな。フクロウとか使う暇がなかった。
ラストアクトは奥義使いまくる奴にはあんま意味ないかなあ。状態異常回避アップも状態異常で苦しむ前にさっさと死におるしな。


アーフェン
バトルジョブ 剣士
レベル(クリア後) 65
サポートアビリティ
 回復限界突破
 ラストアクト
 状態異常回避アップ
 自動復活

回復役。剣士ジョブは完全に体力底上げのためでしかなかった。調合は作中最インチキとも言われる。まあ薬師奥義と全回復のジャムなりオリーブ特大なりやってる時のが強いは強いが。拡散秘薬在庫きれたし。
自動復活は役には立ったが、普通に永続フィジカルアップでもつけて防御でも挙げた方が良かったか。



サイラス
バトルジョブ 星詠人
レベル(クリア後) 70
サポートアビリティ
 回復限界突破
 BPイーター
 強化ターン数増加(与)
 消費SPダウン

サイラスならば星詠でも6属性網羅は出来るのだ。魔術師に比べブレイク性能は落ちるが、アタッカーとしては言うほど変わらない。
属性アタッカー及びブレイク役。バッファーとしてはほとんど動かさなかったので強化ターン数増加(与)はいらなかった。ダメージ限界突破は付けといた方が星詠奥義が生きたか?消費SPダウンって大体全回復のジャムなり配りまくってるから必要ねーんだよなあ。魔術師ほど消費激しくないし。
結局、トドメはサイラスが刺した。ブレイク後ならば流星の三連魔法攻撃は魔術師と対等だもんねえ。いらなかったそりゃ属性効果アップは乗りにくいが神官奥義はのるし。


後から攻略を見て知ったが、結局オルベリクが剣士奥義で単体で一人づつ倒していったのは行動パターン変化を最小限に抑えててよかったか。しかし上級ジョブで一番劣るとされる星詠しかいない。全員男だし。


こんな感じ。物理魔法で分けても良かったが、魔法封じとか物理反射とかいらんことされたら面倒だったので分けて見た。分ければデバフがより効果的ではあったが。
第二段階がかなりきつかった。逆の方が良かったか?全体攻撃ばかりなのは問題だが火力でさっさと吹っ飛ばしてしまうのも手だったかもしれん。


まあガルデラ、かなり考えさせるいいRPGボスであった。それは間違いない。
回復限界突破はやはりこのゲーム最強かもしれない。ある種の縛りプレイならば縛ってもいいぐらいに。
ともかく、ラスボス戦まで最高に楽しめたゲームであった。
スポンサーサイト



テーマ:ゲーム - ジャンル:サブカル

  1. 2018/08/08(水) 00:18:30|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<秘封ナイトメアダイアリー、まさかのカップリングなど色々まとめる(ネタバレ注意) | ホーム | ミス・フォーチューンクッキー。2018年第30回動画紹介・ジャンプ感想回>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/2674-46d1f063
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)