ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

大量絶滅の主犯について

大量絶滅 - Wikipedia


地球に生命が誕生してから今まで、当然と言えば当然だが非常に多くの事柄があった。
生物はその自己増殖能力により地球全体に蔓延り、遺伝・変異・淘汰により様々な形に進化・適応放散し文字通り多種多様な種が産まれた。
しかし物事はそう平坦には進まない。その生物の種類が一気に減るような事態もよくある。それが大量絶滅という奴である。はっきりいってこれも文字通りの事しか説明してない気もするが。


地球全体での大量絶滅というのは生命が産まれてから両手の指では数え切れないほど起きているが、その中でも有名であり、過酷な大量絶滅を五つ挙げてビッグファイブという。

まずその一は古生代、カンブリア紀の次のオルドビス紀末。
当時の生物種の85%が絶滅したと言われて、当時繁栄していた三葉虫、筆石、コノドントなどはかなりの大打撃を受けた。
原因はよくわかっていないところがあり、近く(6000光年以内)で超新星爆発が起きてガンマ線バーストをもろに喰らったとか、火山活動による地球寒冷化が原因ではないかという話もある。卵が先かニワトリが先か知らないが少なくとも寒冷化はしたらしい。
この大量絶滅によりオルドビス紀は終わり、生命の地上進出の時代、シルル紀に移行する。

その二はシルル紀の次、魚の時代ことデボン紀の末である。
体の前面を非常に硬い甲冑で覆われていた甲冑魚の類を中心に全生物種の82%が絶滅した。
原因は温暖化による海洋無酸素事変、及びその揺り戻しによる寒冷化によるものである。温暖化により極地の氷が溶け、海流が澱み海水の酸素が足りなくなる。で、バッタバッタと酸素呼吸生物が絶滅するから呼吸によって生成される二酸化炭素が減り過ぎて寒冷化というコンボである。
なんで温暖化したかはやや不明瞭だが、もしかしたら隕石衝突なんかも絡んでくるのやもしれない。
デボン紀が終わり、陸上植物が今日化石燃料たる石炭として姿をみせる、石炭紀に移る。

その三は石炭紀の次、ペルム紀末の、地球の歴史上最大の大量絶滅である。
全生物種で90~95%が絶滅したという。海生生物では96%に及んだとか。
原因は恐らく、大陸移動による超大陸パンゲアの形成に伴うスーパープルームの地上への噴出と思われる。スーパープルームとは地球の内部で循環するマントルの流れであり、その噴出は超大規模な噴火活動として現れることになる。この時の噴火の痕跡は今もシベリアに大量の火山岩、シベリア・トラップとして残っている。
噴火により太陽が遮られ寒冷化、その後噴出した二酸化炭素による温暖化、温暖化により深海のメタンハイドレートが気化し温暖化が促進(メタンも温室効果ガス)、メタンと酸素が反応し大気中の酸素濃度の低下、火山ガスによる酸性雨で植物が枯れ酸素濃度の低下に拍車がかかる、とまあ地獄である。ああもちろん海洋無酸素事変も起きてるよ。
この結果、辛うじて生き永らえてきた三葉虫も全滅し、絶滅に強い昆虫の類ですらかなりの目を失った。
気嚢を持つ恐竜の先祖、横隔膜を持つ哺乳類の先祖が酸素濃度の低下に適応し、次の時代、古生代が終わり中生代となった時代に繁栄していく。

その四は中生代の初め、三畳紀の末。
全生物種の76%が絶滅した。
その原因もまた火山活動と関連付けられている。大西洋の海底にその痕跡が残っているとか。
あるいは隕石がその原因なのかもしれない。
この影響により大型動物の多くが絶滅し、当時小型だった恐竜が地球の王者となる。

その五は有名か。白亜紀末。恐竜の絶滅といえば話は早い。
全生物種の70%が絶滅した。
原因は隕石説が主流である。火山説などもあるし、その辺の複合というのもある。
もっともジュラ紀に比べて恐竜自体衰えを見せていたところもある。
ちなみにアンモナイトも絶滅した。中生代といえばアンモナイトである。
これにより中生代は終わり、新生代が始まる。


と、言った具合だが、実は今現在、大量絶滅が起きているという言説もある。
原因はヒトという生物種によるもの、ということになる。
ああ、人間は原始的な時代でさえマンモスのような巨大生物を絶滅させ、今では強力な銃器による狩猟圧や産業革命による自然環境への影響などによりあまりに多くの種族の命運を奪ったのではないか!
このままではこの地球はどうなってしまうのか!ただ一種の生物により大量絶滅が起きた事があっただろうか!
人間ほど恐ろしいものはこの世にはない!!!



と、まあ大量絶滅の紹介ではこんな風に人間による大量絶滅をオチとして持っていくのが定番であり鉄板だが、ただ一種の生物による大量絶滅というのは、まあ種で言えばもうちょいあるか知らんが似たようなのは無くはない。

上記の大量絶滅のビックファイブはあくまで顕生代、目に見える化石が地質に埋まっている時代の大量絶滅である。
顕生代の前、原生代の最初期、シアノバクテリア、つまり藍藻が引き起こした大量絶滅はビッグファイブや現在進行形の大量絶滅になお勝るほどの異変であった。
シアノバクテリア、酸素発生型光合成をする真正細菌。これが原生代の前、始生代に生まれ、繁栄した。光合成により酸素を発生させる。この頃の全ての生物は単細胞生物である訳だが、シアノバクテリアのような生物を除きほとんどが嫌気性、酸素を猛毒として受け付けない生物ばかりであった。
光合成により自分たちだけが利用できる酸素という猛毒をまき散らしながら反映するシアノバクテリア。酸素により海水中に豊富に存在した鉄イオンを酸化し、それが海底に大量に堆積し現在我々が利用する鉄鉱床となった。酸素により大気中の温室効果ガスが酸化されまくり超寒冷化、スノーボールアース、全球凍結。地球の全面、赤道付近も含めて氷漬けとなった。氷漬けとなったおかげで地球全体のアルペド、反射率が下がり太陽光により温まりにくくなり更に寒冷化……といった具合である。

この状態が3億年ぐらい続く。これもう終わりじゃね?って感じもするが、海が全て凍ったため、火山活動により大気中に放出される温室効果ガスの吸収が行われず、それが十分に溜まると氷床が溶けだすという具合であるらしい。生命は深海底や火山の周辺、熱水噴出孔の近くなどで生き永らえていたという。



大量絶滅は悲劇であるが、劇の終わりは次の劇の始まりでもある。
破壊無くして創造無しともいうが、大量絶滅ののち、空いたニッチを埋めようと様々な生物が適応放散し、進化していく。
あるいは、人間による大量絶滅の後も新たな生物が進化していき、種の多様性は保たれるのではなかろうか?

もっとも、それが人類にとって好ましい結果であるかどうかは別であるが。
結局のところ、何故生物種が絶滅して問題かというと、資源や学術的な理由、経済的な理由などにより人間にとって不利益になるからなんだよね。
そこを無視して自然環境保護を唱えるのはやはり片手落ちではないか。たまにそう思う時がある。ある種の倫理観も人間が考えたものであることだし。
スポンサーサイト



テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2018/08/01(水) 01:37:20|
  2. 科学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「マリオファミリー」はどのぐらいの範囲までで、何人いるのか | ホーム | 怨みとネンジュモ。2018年第29回動画紹介・ジャンプ感想回>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/2671-ae4068ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)