ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

最後の平成ライダー、「仮面ライダージオウ」のデザインが攻めまくってる件について

仮面ライダー新作は“ジオウ”!全ての平成仮面ライダーの力を使えるタイムトラベルライダー! シネマトゥデイ

仮面ライダー。時代を超えた特撮ヒーローである。基本的には子供を対象としている気がするのだがなんやかんや大人まで見る人も多い。
仮面ライダーはその基本デザインを継承しながら様々な新作が作られている。
仮面ライダーには一つの分類があり、それは昭和ライダーと平成ライダーというものである。厳密に言えばBLACKRXは放送時機が昭和と平成に跨っているがこれは昭和ライダーに分類される。

平成という元号は2019年4月の今上天皇退位による新天皇の即位に伴い改元が決定されている。そのため仮面ライダーのような長く続くものは平成最後の~という宣伝文句をつける訳だが、平成最後のライダーが発表された。

能力的には、記念作品であるディケイドと同じく過去のライダーの力が使えるという類のようだが、その仮面、マスク、その目の部分に注目したい。初代ではバッタの複眼モチーフで、その後のライダーもそのバリエーションだったり、エグゼイドではSDガンダムみたいな瞳孔付きのデザインだったりしたわけだが、今回は何と「ライダー」という文字が目としてデザインされている。中々にイカレていると言っていいだろう。ちなみに2号ライダーらしきライダーは平仮名で「らいだー」となっている。

かなり驚きのデザインと言っていいだろう。人は文字を読む。それ故に文字を文字として解釈しがちで、こういうデザインは悪目立ちしがちなのだがかなり挑戦的だと言っていいだろう。どう転ぶか。楽しみである。



メインビジュアルの背景に数々の平成ライダーが映っている訳だが、その中にディケイドの姿もある。え?つまりジオウがディケイドの力を使って更に他のライダーの力を使ったりするの?
マックでウィンドウズをエミュレートしてそれでファミコンエミュレーターでも動かしてるようなややこしさがあるなあ。
まあなんにせよジオウ、期待したい。
スポンサーサイト



テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2018/07/26(木) 07:44:59|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<東方茨歌仙 第九巻 総合的感想・考察 | ホーム | 見せ反論。2018年第28回動画紹介・ジャンプ感想回>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/2668-44624a40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)