ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

Wikipedia探訪「恐蟹綱」

恐蟹綱 - Wikipedia
アノマロカリス - Wikipedia


恐蟹綱、「きょうかいこう」と読む。恐るべき蟹。なんだかファンタジーっぽくもあるが、要はカンブリア紀に最大の捕食動物として君臨していたアノマロカリスの仲間を指す生物分類である。

生物で恐の字がつくのというとまず恐竜が思い浮かぶ。これもまた中生代の地球を支配していた生物の名である。それにあやかっての名前かも知れない。

アノマロカリスはラテン語で奇妙なエビという意味である。
これはまずその触手部分が化石として発見された訳だが、エビの胴体のように見えるのに一向に頭部が発見されない、これは奇妙だという具合で付けられたそうだ。
後に口や胴体が別の動物と分類されていたことに気づいた訳だが結局の話水棲の節足動物ということで確かに奇妙なエビという表現は当たらずとも遠からずと言えよう。節足というだけあって節のある構造がその助けとなった訳か。

そしてアノマロカリスはかなり原始的な節足動物に当たる。どうやら全体は甲殻で覆われていなかったようだとか。
しかし高速で泳ぐための鰭、複眼、部分的とはいえ甲殻、そして1mにまで及ぶ体格。これだけあればカンブリア紀において覇者になるのはわからない話ではない。実際、三葉虫やアノマロカリスのような生物が目を進化によって得たことが捕食圧の急激な増大を促し、多くの生物が硬い殻をもつように進化したからこそ化石が多く残りやすくなり、それゆえカンブリア爆発とよばれる生物種の極端な増大を成立させたという話もある。実際にはもっと複雑か知らんが。



意外と、地質年代の地球というのはどういう具合かパッと想像できないものなんだよなあ。
その時代の生物を知ればある程度はわかるだろうか。太陽だってもっと光量が低かったとかもあるし。地上はカンブリア紀はまだまだ不毛だっけ。
古生代のロマン。アノマロカリスも地味に古生代の中期、魚の時代であるデボン紀まで子孫がいるんだよな。進化的にギリギリの生物のロマンもある。シーラカンスもまた伝説的なロマン生物。
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2018/07/13(金) 03:03:34|
  2. 科学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<アマルガム・ラッキー。2018年第27回動画紹介・ジャンプ感想回 | ホーム | ソーダのある生活。2018年第26回動画紹介・ジャンプ感想回>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/2663-9dae4784
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)