ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

ニンジャバットマン、観たので感想。ネタバレ注意。

ニンジャバットマン公式



ニンジャバットマン、映画館まで行ってみたので感想を書く。
ネタバレは注意。書くので。


バットマン。まあ知らんわけではない。蝙蝠をモチーフにしたコスチュームを着た、スーパーパワーや超能力の類の無いスーパーヒーロー。狂った犯罪者どもを決して殺さず生け捕りにしてアーカムアサイラムにぶち込む。
とは言え、いうほどバットマン自体に私は興味はなかった。アメコミ文化は嗜む程度にしか知らない(翻訳版のデッドプールのコミックを気が向いた時に買うぐらい)し、たまにやってる映画もそれほど見ない。


しかしツイッターかどこかで、神風動画による予告映像を見た時からこのニンジャバットマンは見なければ、と思った。
戦国日本で第六天魔王織田信長と化した宿敵ジョーカーに当世具足を着て立ち向かうバットマン。時間移動はこの手のアメコミではありふれたことだがこの組み合わせには魅力された。映画館まで足を運ばねば。そう思った。

そしてやや間をおいて見に行った。
結論から先に言うと滅茶苦茶楽しく観れた。現代日本のアニメーションとバットマンの作品性が驚愕の融合を果たした本作品には見ている間終始興奮させられた。


あらすじから簡単に書くと、
ヴィラン、ゴリラグロッソの装置により本人含めたヴィラン多数、及びバットマン含めたヒーロー多数が戦国時代に時間跳躍(バットマンは他の連中の2年後に)。
ヴィラン達は戦国武将に成り代わり好き放題歴史改変を繰り返している。織田信長に成り代わったジョーカーが住む安土城に時間跳躍装置があるが、バットマンは戦いの末に戦闘用のハイテクガジェットを全て壊されてしまう。その中で知り合った忍者の集団、蝙蝠衆、及び一緒に飛ばされたヒーローたちと協力して、この時代の装備を使い、ヴィラン達と最後の戦いを挑む。


まあそんな感じである。バットマンとジョーカーが直接対決するシーンが4回もあるんだよね。そうこうしてる内に持ち出せたバットモービル含めハイテクは全てぶち壊されてしまう。しかしてバットマンの真の強さはハイテクガジェットにある訳ではない。その知性、その肉体、そのヒーロー性。戦国時代においてもやはりバットマンはヒーローであり、邪悪なヴィランを一人残らず生け捕りにしてしまう。
バットマンは狡猾なヴィラン達と比較すると間抜けなまでにヒーローなんだよね。あからさまに罠であっても人助けを優先する。そしてそれを最終的には成立させられるからこそ真のスーパーヒーロー足り得るのだろうなあ。

ジョーカーはアメコミらしい善悪二元論の世界において究極の邪悪を担当している訳だ。道化めいた大袈裟な立ち振る舞いと台詞回し、様々な策略と最後まで楽しませてくれる。森蘭丸に扮したハーレクインも素晴らしい。通常、アメコミではヒーローもヴィランもなにやら現実味の薄いコスチュームを着ていて常に違和感を覚えるところがあるのだが、戦国武将モチーフに融合させてくるとかなりすっきりしたキャラデザインになって個人的には好印象。ジョーカーとアホっぽい夫婦漫才している姿は笑える。
今回のジョーカーで特筆すべきはファーマー・ジョーカーのシーンだろう。やや映画のバランスを崩すほどの長い尺でアートアニメ調の絵柄で、記憶喪失の農夫となったジョーカーとハーレクインが描かれる。まあこの記事はネタバレ記事なので書いてしまうと自己催眠で善人となって痺れ草を栽培していたという話なのだが、その時は確かに善人になっていた訳で他作品でも邪悪の根源として活躍するジョーカーを知っているとかなりインパクトのある画である。

他のヴィラン共も中々に興味深い。ゴリラグロッソはキーパーソンな訳だが、ゴリラのくせに頭脳派で上手くバットマンを陥れたり、他のヴィランも深層意識下で洗脳済みと中々のやり手感をだしている。
その他の戦国武将に扮したヴィラン達は正直活躍も少ないが生き生きとした描写があり見てて楽しい。やはり悪人の方が人生を楽しんでいるというか。トゥーフェイスの裏切りシーンはまあちょっとしたシーンでしかないが結構好きである。
そして合体。城を巨大ロボにした時点でバカ映画だがここまでするともう一段階バカ映画である。挿入曲も加え完全に笑かそうとしかしていない。相当に尖ったシーンである。

最後のバットマンとジョーカーの殺陣も真実かっこよかったし、作品全体を通して常に楽しめたという訳だ。




それなりに賛否両論のある作品ではあるらしい。どちらにせよおふざけをどの程度許容できるか、というところだろう。
ともかく、楽しもうという気概を持って見さえすれば壮絶に楽しめる怪作ではあった。それ以上であったかもしれない。

ニンジャバットマン。もっと評価されてしかるべきと思った映画であった。
スポンサーサイト

テーマ:2ちゃんねる - ジャンル:サブカル

  1. 2018/07/06(金) 03:14:37|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ゲームジャンル分類を生物分類方式で考えてみる | ホーム | 低見の見物。2018年第25回動画紹介・ジャンプ感想回>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/2660-09889ec7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)