ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

「なぜ八幡神社が日本で一番多いのか」読んだので感想

神社神道 - Wikipedia


神道について語った本はまあ幾らでもあるが、大半はいわゆる記紀神話、古事記、日本書紀に記述される日本神話についての本だったりする。
まあそれはそれで面白く読めるのだが、神話と信仰は必ずしも同一ではない。キリスト教だって聖書に壮大な神話が書かれてるがそれとは別によくわからん聖人信仰とか教会独特の儀式なりなんなりがあったりする。
神道で言うとそれは神社の纏わる信仰の話という事になる訳だが、どうにもそれぞれの神社独特に信仰が発達して統一された何かというものが見つけがたい。仏教もややっこしいけど、僧職の方々は筆まめで議論好きだから勉強すればわかる話ではある。神道はまさに混沌としていて相当よくわからない。

で、とりあえずAmazonで適当に検索したら、さおたけ屋みたいなタイトルだがそれなりにまとまった記述がありそうな本を見つけたので読んでみた。
ちょっと好悪でモノを書いてるところなんかも散見されたが、話は中々面白いものも多く知らない話も結構あったので感想など書く。


神社の祭神は、意外とというか日本書紀や古事記にない神も多い。まあ国家神道の関係で無理矢理こじつけられてるとこもあるが。
創作で日本の神を登場させるとして、まあメガテン辺りは例外としても、大抵は記紀神話辺りから取ってきている。アマテラスだのスサノオだのイザナギだのアメノウズメだのそういった辺りである。
しかし八百万の神と表現されるように、キリスト教の唯一神なんかとはニュアンスが逆転してさえいる感のある汎神論めいた神道ではもう何でも神にしていいことになっている。
そりゃまあ、日本書紀や古事記が書かれた以降に生まれた神はそりゃ記紀神話にはない。日光東照宮では徳川家康を祭ってたり、戦国武将なりを祭神としてる神社は多くあるし、明治神宮なんかでは明治天皇を祭神としていたり、軍人を祭神としてるところもあるし、でかいところでは天満宮の類は天神こと菅原道真を祭っている訳である。

しかしそうでなくても記述の無い神はたくさんいる。代表的なのは全国各地の八幡宮で祀られる八幡神。
元々は外来神だったという話もある。それに三韓征伐やらなんやらで応神天皇、神功皇后、宗像三女神やらが習合して出来上がったらしい。そんでもって東大寺の大仏建立に当たってのなんやかんやで八幡大菩薩とか呼ばれるようになったとか。源氏の氏神みたいなアレにもなって、皇祖神(応神天皇とか入ってるもんね)で、武神で、仏教の守護者で、他にも色々という何でもありの神になっている。

春日神社は藤原氏の神社という事は知ってたが、鎌倉時代以降には三社信仰とかいって伊勢神宮、石清水八幡宮とともに春日大社は最も重要な三つの神社とされていたというのは知らなかった。
まあ皇祖神を祭る伊勢神宮、八幡宮はわかりやすいが、春日大社が何故と思ったが、まあ藤原氏の権勢が大きいのか知らんが、春日大社の祭神である春日神は四柱ないし五柱が一つとなったもので、その内容はタケミカヅチ、フツヌシ、アメノコヤネとその妻(比売神)、アメノコヤネらの子アメノオシクモネである。
アメノコヤネは古事記などにもちょろっと出ており、フトダマとともに岩戸隠れしたアマテラスがちょろっと顔を出した際に鏡を差し出した神である。アメノコヤネは中臣氏の祖とされており、藤原氏は中臣鎌足が死の際し賜姓されたもので、要はアメノコヤネとその妻とアメノオシクモネは藤原氏の先祖という事になる。
元々中臣氏は祭祀を司る氏であり、香取神宮・鹿島神宮のある常総地方出身であるので鹿島神宮の祭神タケミカヅチと香取神宮の祭神フツヌシを信奉していた関係で春日大社を作った際に勧請した、といった具合である。
ちなみにタケミカヅチは国譲りのエピソードでド派手な立ち回りをしたことで有名か。フツヌシもその時一緒に行っている訳だが。
香取神宮、鹿島神宮は県こそ違うが利根川をはさんで隣にある。それぞれが国譲りの神=戦神となった理由は東国蝦夷への備えが理由だろうか。
何にせよそんな凶悪な神々が揃っているのならばなるほど強大な神社という訳である。

稲荷神社は今ではウカノミタマだとか食物に関する神を祭神としてるわけだが元々は渡来人である秦氏の氏神の伊奈利神だったとか。つまりはこれも外来神。

熊野神社とか祇園、白山辺りは神仏習合が過ぎてもっと意味不明なことになっている。意味不明になったあげく無理に神仏分離とか言って切り離したからもはや訳が分からなくなってるともいえる。


昨今では御朱印だとかで神社もブームになってたりするが、その内奥に関しては実際あまり知られていない。
勉強できることが多いのは幸せである。
スポンサーサイト



テーマ:読書 - ジャンル:サブカル

  1. 2018/02/09(金) 03:56:27|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<第20回MMD杯本選、見て感想とか書いてく※追記修正済み | ホーム | 知識認識。2018年第5回動画紹介・ジャンプ感想回>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/2587-45fd26ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)