ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

善性の問題 Xboxを諦めてホームレスに毛布を施した子供の話

9歳の少年がクリスマスプレゼントのXboxを諦めてホームレスに毛布を寄付したところ、本物のサンタからプレゼントをゲット gigazine


この話、ツイッターとか2chとかでちょっと前にちょっと話題になっていた。
嫌儲板辺りでは偽善だとかなんだとかいうレスが多かった気もするが、私がまず思ったのはもうちょっとややこしいことである。

Xboxを与えたマイクロソフトは少年から無償の奉仕の機会を永遠に奪ってしまったのではないか

そういうことや、それには捕らわれない近隣の事象について考えていきたい。


まずは偽善について。偽善というのも様々な定義があるし人によってどういうものに当てはめるのかが違う。
精神的な偽善、行為としての偽善という分け方もある。
行為としては、実際にクリスマスプレゼントとして自らに与えられるXbox分の毛布をホームレスに与えたことは確かにホームレスにとって助かることであり善行である。
精神的にも、まさか9歳の子供が、結果的にXboxに加えて数本のソフトまでついて戻ってくるとは予想しなかっただろうし、名誉欲や虚栄心というのも違う気がする。
ただ毛布を与えたところでホームレス問題が解決する訳でもなくむしろそういった施しが社会復帰の妨げになるとかいう主張はあり得るかもしれないが、クリスマスの時機ともなれば社会復帰もクソも無く寒さでホームレスたちは死にかねない。

偽善という面からすればまあまずまず問題なく善行であるようだ。


しかし何故少年はそういった善行を行ったのか?
どうやら、その少年にも一時期ホームレスのような状況だったことがあり、その同情心から、という具合らしい。
ふむ。まあ泣かせる話ではある。しかし同情心は人間の脳の本能的な部分とも言える。純粋な理性・論理からの善行・善性ではないと言えるのではなかろうか?…… しかしそんな善はあるのだろうか?

私がこの場合言いたい「善」とは利他的行為の事を指すのだろう。それも、生物学なんかで動物たちがたまにやってるような、結局自分の適応度を上げることに繋がる行為を除いた、より純粋な利他的行為を指す。

宗教的な慈善行為はどうだろうか?まあ宗教にも色々あるが、天国への切符のための積立金としての善というのは結局の話天国の財を得たいがために過ぎないのではなかろうか?一種の投資のような判断でしかない。その話が詐欺かどうかは別として欲得ずくのように感じられることもある。

そうなると無神論者しか純粋な意味での善は為しえないのだろうか?
しかし、利他的行為をする合理性を無神論者が見いだせるだろうか?

無神論者といえ別に全員が合理主義者という訳でもない。
合理主義を極めればそこに待つのは虚無主義、ニヒリズムでしかないかもしれない。
別にニヒリズムが悪いとは言わないが、それでは生きる意味も何もなくなってしまう。それでも人は人生に意味を見つけなければならない。


まあ話もまとまらないが、本能的なモノ感情的なモノ欺瞞的なモノ、すべて排除した中でなお為される善、徳、利他的行為。人間の理性の中で為されるソレ。そういったものこそ、生物としてのヒトを超えた何者かに人類がなったという証明であり、真の感動を与えるモノ。私はそう思うがそれが存在するかどうかはわからない。


ちょっと観念的になり過ぎたが、何にせよクリスマスプレゼントと引き換えに慈善を行った少年に、Xbox+αを与えるような行為は少年の思想哲学的発達を妨げる恐れがあり、ちょっと乱暴だったのではないか。そう思った。
ヒトはただ自分が満足するだけで生きていける。しかし満足するというのもまた利己的か?無限退行的な罠にはまってる気もする。

結局のところ人間は余計なことばかり考えるのだろう。
あえて上位存在を仮定して目指す必要も無し。
善行をするも悪行をするも人の勝手なのだ。意味を考えることは重要だが考えても答えの出ない問題も多い。
なんにせよ考えるという過程が意味あるものという事か。
スポンサーサイト



テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2017/12/25(月) 02:18:49|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ゴリラ(植物)。2017年第51回動画紹介・ジャンプ感想回 | ホーム | 2018年冬アニメのPV集動画を見て行く>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/2564-253ffe4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)