ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

SCP、「Pitch Haven」シリーズの日本語解説がいつの間にか充実してきている件について

ㄗitch 卄aven -墨染めの聖域-  SCP財団
Pitch Haven(The SCP Foundation) アニヲタwiki(仮)

本家SCPwikiの「SunnyClockwork」さんの絵が滅茶苦茶カッコいい ネット世代の雑評論




SCP、都市伝説、現代ホラーを主軸とする共同創作であり、物理法則を超越する物品、存在、事象とそれを人々の目から遠ざける「SCP財団」を中心に描かれる。
詳しくは公式サイトの日本支部でも。


様々なSCPが存在する訳だが、それらに繋がりを持たせたりしてるものもあり、シリーズとなっているものもある。
Pitch Havenはその一つで、読み進めるとかなり奇妙で興味深くもあるのだが、非常に難解極まる内容であり、一度読んだだけでは理解が追い付かない。
しかも難解すぎるからか二つほどは未だ和訳が為されていない。

話の軸としては、財団のエージェント、スチュアート・ヘイワード博士とサラ・クロウリーの前世から続く数奇な運命を様々な異常存在と絡めて追っていく具合だが、そもそも誰がどのSCPになって、何を暗喩していて、どういう事態が起きているのか。何度も記事を読み直さないとわからない構図になっている。ただ一つの記事の文章でさえわかりにくいのにこれは大変である。しかも読み進めたところで明確な答えが用意されてるとは限らず推測を余儀なくされる。

そんなこんなで結構マニア向けなシリーズになっていた訳だが、ニコニコの東方ゆっくり系のSCP解説動画でリクエストで紹介された。
リクエスト順で紹介していく趣旨のようだが、どうにもPitch Havenシリーズは一つの記事を解説したところで何が何やらわからない。
そういう訳でPitch Havenシリーズを順を追って紹介していくという具合になったようだ。

そしてごく最近になってアニヲタwikiでも解説記事が出来た。
アニヲタwikiはアニメやら漫画やらそっち関係の情報やあんまり関係のない情報を何でも記事にしてるwikiだが、SCP解説記事もわりとある。
Pitch Havenに限らず、SCPは和訳があっても記事だけ見て全てがわかるモノばかりではない。それ故解説記事は重宝される。
実際ツイッターや各所を観ていくとありがたがってる人も多いようだ。


私もPitch Havenシリーズに一通り目は通していたが、なるほどそういう事だったかと手を打つことも多かった。
SCP-2746-1は聖書で言うところのエデンの園。人類が追放された後残された動物たちもろくでもない羽目になって革命騒ぎになって、それを収めてかつての仲間たちを処刑したのがスチュワートとサラの前世。
処刑された連中やらもSCPになった。不毛となったエデンの園の元住民が作ったのが要注意団体として様々な記事に現れるプロメテウス研究所(なるほど人類に火をもたらしたプロメテウスか)。で、前世からのしがらみからスチュワートとサラはろくでもない目に遭って死んでSCPとして転生する羽目になったりすると。

SunnyClockwork氏のイラストによるメインビジュアルもいいが、各記事の結構グロい写真の数々も衝撃的。何故かメインテーマまであったりする。動物系でSCPを統一してるのも興味深い。
物凄い広がりから芳醇な雰囲気と一つの世界観が構築される。上手いやり方で読み切れば半端なく面白く感じる。



訳が分からず忌諱していた人もこれをきっかけに読み進めるのも良いだろう。
スポンサーサイト



テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2017/12/07(木) 01:30:09|
  2. ネット界隈
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<このマンガがすごい!2018、いつの間にか出てたので感想など | ホーム | 噓つきは泥棒の始まりというが、強盗は別だよな。2017年第49回動画紹介・ジャンプ感想回>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/2555-4fe8e3d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)