ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

「このライトノベルがすごい!2018」いつの間にか売ってたので感想など

めんどいから参考リンクとかいいよね。大体みんな知ってるだろうし。


文庫部門一位はりゅうおうのおしごとで変わらず。将棋の竜王の話なのよね。

単行本・ノベルズ一位は本好きの下剋上。転生もののようだがちょっと面白そう。


他で気になる辺りをピックアップしていくと、
文庫2位86、ハードな世界観に放り込まれた少年少女。そこそこ気になる。
文庫4位月とライカと吸血鬼。冷戦時宇宙開発競争に吸血鬼?ソ連くさいし非常に興味深い。
文庫5位SAO。勢いの止まらない作品である。
文庫11位やがて恋するヴィヴィ・レイン。買ってるけどほんとストーリーと世界の動きが目まぐるしくていい。最底辺からの革命家的な、泥臭さとロマン主義が両立するところがなんとも。
文庫14位最果てのパラディン。一応転生もののようだが、結構古いタイプのファンタジー感も両立してる?
単行本2位蜘蛛ですが何か。たまに話を聞くが結構面白そうね。バトル中心?
単行本3位幼女戦記。アニメもまあまあ成功してたし漫画も順調。幼女なのは刺身のツマ説もあるが、幼女だからこそエグ味が中和されてる感も。WEB版とどう変わっていくのか。
単行本4位オーバーロード。結局これ読んでないんだよなあ。調べてみると面白そうではあるのだが。
単行本8位横浜駅SF。買おうと思ったけど売ってなかったんだが。設定すげえ面白そう。
単行本13位エノク第二部隊の遠征ごはん。めしもの。最近はやってきたよね。
単行本15位平均値。チート転生もののようだがちょっとひねているようで。
単行本16位異世界お好みチェーン。大阪な。
単行本17位第七異世界のラダッシュ村。異世界交流がきっちり書かれているというのは好感だが。
単行本20位転生したら剣でした。バディものということになるのか?


まあこれ以下は一々書いていったら疲れるのでやめておくが、ザ・ビデオ・ゲーム・ウィズ・ノーネームがライトノベルジャンル別ガイドのボーダーズに入ってた。アレまだ最初の方しか読めてないんだよな。読み進めるか。



なんやかんやでライトノベル界も新しい方向に向かっているようだ。幾つか買いたい作品もあるし買おうかな。
転生ものは相変わらず人気だがその中でも新しい兆しがあるし、じゃないジャンルでも凄い作品は出てきている。
今後もライトノベルには注目である。
スポンサーサイト



テーマ:読書 - ジャンル:サブカル

  1. 2017/12/02(土) 21:18:50|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2
<<「カエアンの聖衣」新訳版読んだので感想 | ホーム | ポケモンウルトラサン、エピソードRRまでクリアしたので感想と第八世代Switchポケモンへの展望、期待など>>

コメント

アニメになってそれほど経過していない幼女戦記あたりならともかく、何回かアニメになり、覇権もとった事があり、映画にもなったSAOあたりはこのランキングに入れていいのかと考えてしまいます。
  1. 2018/01/02(火) 20:32:39 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> アニメになってそれほど経過していない幼女戦記あたりならともかく、何回かアニメになり、覇権もとった事があり、映画にもなったSAOあたりはこのランキングに入れていいのかと考えてしまいます。

まあ「凄いことぐらいしっとるわい」って感じではありますね。それでもさらに勢いが増した、って話か知りませんが。
こういう形の投票だとランキングが何を意味するかと言う焦点がぶれていけませんね。
  1. 2018/01/02(火) 20:35:50 |
  2. URL |
  3. たていと1 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/2552-d413c50c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)