ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

「風雲児たち」ワイド版2巻まで読んだのでちょっとメモなど

風雲児たち - Wikipedia

BOOKWALKERでワイド版の2巻まで読んだので。

歴史漫画もまあ色々ある。描き方も色々ある。
で、幕末を五稜郭陥落まで描いてくれと依頼されたが、幕末の芽は関ケ原の戦いから始まっているなどと言い始めてそのままワイド版で30巻関ケ原から江戸時代にかけての話を延々とやりだしたというのが風雲児たちという漫画である。
ちなみにそれから幕末編が現在29巻まで出ている。何巻までやるつもりか知らんが丁寧であることは間違いない。

まあ確かに、歴史というのは連綿と続いているものであり、何某かの歴史的事実を描くならば幾らでも昔に遡れるというのは確かではある。
しかしそんなことやっててもキリがない。キリがないことをやり始めるのもまた一興だという事。途中でさっさと幕末編始めろってことでだいぶ短縮されたりもしたようだが。


古典的なギャグマンガの調子で進んでいくが一方で歴史的事実には結構真摯に向き合っている。資料もちゃんと読んでいるし最新の説を取り入れている。
噂によると風雲児たちのどこかを切り取ってドラマをやるらしいが、どういう風にドラマ化するのやら。
何にせよ変にかしこぶるよりも笑いがあった方が読み進めやすいこともあるかもしれない。


まだ2巻しか読んでないが良い漫画である。
続きも読んでいく所存。
スポンサーサイト

テーマ:読書 - ジャンル:サブカル

  1. 2017/11/13(月) 03:48:09|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<渦。2017年第46回動画紹介、ジャンプ感想回。 | ホーム | 東方紅舞闘VがNintendo eShopのランキングで4位まで上がったってマ?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/2544-3b64259c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)