ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

スーパーマリオオデッセイとかいう神ゲー、とりあえずクリアぐらいまでしたったので感想など※ネタバレ注意

スーパーマリオ オデッセイ | Nintendo Switch | 任天堂 公式

スーパーマリオでっせい!という謎の方言風の駄洒落、何人が思いついて、発言にまで至ったのだろうか。



スーパーマリオオデッセイ。
神ゲーも神ゲーであった。面白すぎて泣いた。感動しすぎて笑った。
風邪ぶっこいているのに夜更かしして悪化するまでやった。

という訳で適当に感想でも書いておく。風邪ぶっこいてるので簡潔に短く。


ゲームのジャンルと言うのは色々あるが、その中でもサブジャンル、更にその中でも分類があるという入れ子構造になっている。
所謂「マリオ本編」というのは全てアクションゲーム、それもプラットフォーマーなどとも呼ばれるジャンプアクションである。というか、マリオこそがジャンプアクションの祖(ACドンキーコング)であり、最も代表的なゲームでありキャラであるとさえいえる。
しかし、更に細かい分類をするとマリオシリーズの本編も様々であることがわかる。

マリオシリーズ本編は、
スーパーマリオブラザーズ
スーパーマリオブラザーズ2
スーパーマリオブラザーズ3
スーパーマリオランド
スーパーマリオワールド
スーパーマリオUSA
スーパーマリオランド2 6つの金貨
スーパーマリオ64
スーパーマリオサンシャイン
Newスーパーマリオブラザーズ
スーパーマリオギャラクシー
NewスーパーマリオブラザーズWii
スーパーマリオギャラクシー2
スーパーマリオ 3Dランド
New スーパーマリオブラザーズ 2
New スーパーマリオブラザーズ U
スーパーマリオ 3Dワールド
スーパーマリオ オデッセイ

辺りである。古いのに適当に追加してるだけなので間違いがあるかも。

まあワールドやUSA、6つの金貨までは2D、面クリア型、ジャンプアクションと括れる訳だが、その後ややこしくなってくる。
64は3Dアクションゲームの金字塔とも呼ばれる歴史的作品、古典だが、箱庭探索型、ということにもなる。
サンシャインもこの点では変わっていない。
Newシリーズは回帰して2D面クリア型ジャンプアクションである。
奇妙なのはギャラクシー1、2。3Dジャンプアクションなのだが、こちらは探索要素もないではないが、全体としては面クリア型だといえる。
3Dシリーズはもう少しややこしく、面クリア型で、概ね3Dだが、2D的な要素も色濃い。

で、オデッセイ。オデッセイは64やサンシャインと同じ箱庭探索型である。3D空間に隠されたパワームーンを見つけていくという具合だ(もちろん別にストーリーはあるし面クリア型みたいになる場面も最初に国に入った時など多いが)。
2Dマリオをする場面もちょくちょくあるが、それはメインの要素ではないと見てもいい。重要な要素ではあるが。


前置きがクソ長くなったが、箱庭探索型として64やサンシャインから質・量ともに格段に進化している。
量は単純に、パワームーンの数がゼルダBotWのコログ並みにあるようだし、質は数値的にどうこう言えるわけではないが、何度も遊べるミニゲーム的なそれに点数やタイムなどを厳密にはかりインターネット投稿できるようにしていたり、何より大量のキャプチャーが面白い。

では、64やサンシャインと比べ登場時としてのゲームとしての凄さは?これは流石に3Dアクションゲームの基礎を築いた64と比べ明確に勝っているとはいえない。
というよりも誤解を恐れずに言えば、メタ的な意味、他のゲームに影響を与えるゲームと言う意味では、さしてオデッセイは素晴らしい評価とまでは言えない。その点でゼルダBotWとは違う

マリオオデッセイの凄さと言う意味ではむしろもっと細部にある。神は細部に宿るという話である。
一つ一つの、そもそもからして困難な3Dジャンプアクションを軽快に操作できるようにしているUI、カメラの動き、それぞれの動作。
キャプチャー一つ一つの細かさや驚き。その他さまざまな3Dモデルの自然で楽しい動き。
こういう細かく、一つ一つでは対して評価になりえないものを完璧に成し遂げているからこその素晴らしさがそこにはある。


個別の面白さでいえば、個人的に一つ目に思いつくのは都市の国を出すのを焦らしまくった辺りなど、事前情報と内容の差異など興味深い。
オデッセイの初報は都市の国からであった。それで私は都市の国は、恐らく序盤にチュートリアルステージとして帽子の国があるとして、本格的な一面だろうと考えていた。
ところがどっこい、チュートリアルが帽子の国だというのは当然そうだったが、2番目の国は滝の国。滝の国は3面ぐらいじゃないかなと思ってた。
まあここも半分チュートリアルみたいなところがあるから、3面で、と思ってみたら次は砂の国。そこは2面ではとばかり思ってたのだが。ここから本格的な冒険が始まっている。
で、その次の4番目の国だろうとおもっていたらまさかの分岐で湖の国と森の国。一方が終わったらもう一方。この時点でどれだけ焦らすねんと独り言をつぶやいていたような気がする。
で、4番目に湖の国を選び、5番目に森の国にいけば、次でやっと都市の国の表示が出る。
やっとか~長かったな~と思いきやムービーの途中でクッパの飛行船が表示される。雲の国でのクッパ戦である。地味に強いし。
で、ようやくして勝ったと思えばクッパが大人気なく砲撃してきてオデッセイ号は墜落。失われた国へ。そこで更に序盤でキャッピーが攫われて帽子アクションが使えなくなった時点でフラストレーションが頂点を迎え、これ任天堂わざとやってるな、憎いことしやがると思った。
で、ようやくして都市の国だが様子が変だ。停電してクッパの結婚式の広告ばかり貼られている、
ここで都市に降る雨の下、闇に包まれたビル街を縫うように面クリア型よろしく走り回り、市庁舎ビルのてっぺんまで行く。そこで戦車を使って元凶たるボスをボッコボコにしてようやく念願の都市の国を歩けまわれる。焦らしすぎではないか。
その後フェスまで拓いて最高潮に達する。

そんでその後は分岐で、海の国と雪の国。海の国でゆったりと楽しめるという寸法である。雪の国行ってもいいんだが。
雪の国のレースも楽しかったがその次の料理の国はかなりの高難易度。マグマ面だもんね。任天堂のアクションゲームでは雪面が後半にありマグマ面がもっと後半にあるのは定番も定番であるが。

その次クッパ城かと思いきや、謎の、どう見ても出るゲームを間違えている馬鹿デカいドラゴンが現れ奪われし国へ。
ここは違和感が最高に楽しい。倒した後ドラゴンに乗れることに気づいて下の方にムーンないかなと思って調べてたら落ちて賽銭する羽目になった。

でもって、その次にクッパ城だがまさかの風雲クッパ城。和風のクッパ城とか誰が想像したよ。爆笑した。

その次が月と。まあパワームーン、ウエディングプランナーの兎共、各所で見える巨大な月と予想は出来ていた事ではあるが付では重力がちゃんと弱く、地球がでっかく見えるあたり感動的であった。
クッパ戦自体は雲の国の強化版程度だが、その後の脱出フェイズが感動的。なるほどラスボスを務める、真に強大な化け物こそがこの危機に対応できると。

で、クリア後のおまけにキノコ王国と。ここは64リスペクトが最高に楽しい。
ムーンも何故かスターだし、取った時の音もアレだし。

あと250まで集めると月の裏までいけて低重力下でブルータルズとかと闘えるとか、500で何かあるようだがそこまではまだである。


とにかく一つ一つの展開を無駄にしていない。オデッセイ号がムーンを取るたびに張るのは帆かと思えば気球だったりとかがかなり面白い。満月的な意味合いでもあるのかな。


もう一つ、ストーリーではクッパのやることがかなり「賊」っぽい、と言うのが良かった。
クッパはあまり高尚な考えを持つ悪役には向いていない。さりとて馬鹿な悪役はあまり上手くない選択である。
そこで今回のクッパだが、ピーチへの結婚式を成し遂げるために、ウエディングプランナーと言う名の傭兵まで使って、結婚式に必要なものを観客を呼び寄せる広告の掲示場所まで全て奪って手に入れている。
欲しいものは力で手に入れる。力とは腕力だけではなく軍事力なども含めて容赦なく使ってくる。機会があれば自分でも戦うし、負ければ恥も外聞もなく船の大砲でふっとばす。
わがままな子供的な悪ではなく、自分の欲望にのみ忠実な賊、と言う印象を強く受けた。クッパの描き方としてはかなり満点だと思う。最終的にちょっと間抜けなところも。


更に難易度という面でも、極端にわかりにくい場所にあるムーンが偶然見つけられたりという事もあり、わからないならわからないなりに進めるなど難易度が、意識せず調節できる、されているというのを感じた。
難易度選択というわけではなく、ゲームが下手な人から一種のプロゲーマーまで楽しめる作品となっている。逆さピラミッドの隠し部屋とかわからんよあんなん。



クリアするだけでもかなりの満足度はあるが、クリアしてからも長い、むしろクリアしてからこそ本番でもある。
余りに懐が深く、どこを切り取っても面白い。
任天堂と言う完璧なソフトウェアメーカーだからこそ成し遂げた偉業だと言えよう。

スイッチは好調を極めている。任天堂作品の、ロンチのゼルダBotW、マリカ8DX、ARMS、イカ2、そしてこれ。それにサードパーティも10万売れてるのは珍しくもないし、インディーズも何故かよく売れているらしい。

この流れがゲーム業界の今後の流れを決めるかもしれない。注目したい。
スポンサーサイト

テーマ:ゲーム - ジャンル:サブカル

  1. 2017/10/28(土) 06:28:11|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<皆、馬鹿の振りをしている。2017年第44回動画紹介・ジャンプ感想回 | ホーム | 東方三月精第四部第8話、感想など>>

コメント

switchが発売してからの任天堂はまさに絶好調といってもいい状態ですね。
アタリマエを見直して大成功したゼルダに3D箱庭マリオの集大成とも言えそうなマリオ…どちらも任天堂EPDの本気を窺わせる作品でした。
まさかメタスコア97以上という数年に一度出るかという点が1年に1社から2回も出るとは…
イカ2やARMSやマリカーも売上好調ですし、1年目からこれだけ勢いがあるとこれから失速しないかちょっと不安な気もしますが、switch総合プロデューサーの小泉さんが「ソフトはこれからも息切れしないように編成している」とインタビューで言っていたので多分大丈夫だと思ってます。
switchはこれまでとは違う客層も獲得しに来ているように見えますし…
skyrimを初めとして、payday2やL.A.ノワール、DOOMやウルフェンシュタイン2といったタイトルが発表された時は驚きました。
世界最大規模のゲーム会社、テンセントも参入して来ましたし今までの任天堂ハードとは違う雰囲気を感じます。
サードパーティ製のソフトも各社の決算報告を見ると好調に売れているという話が多いので、switchのこの人気も手伝ってこれから増えていくと良いですね。
インディーズゲームも大量に発売されていますがswitch版が一番売れたという報告が相次いでいて景気が良くてなによりといった感じでしょうか。(個人的にswitchで買えるインディーズではグーの惑星とショベルナイトが完成度が高くてお勧めです)
あと、やっぱりゼルダBotWやマリオオデッセイの後だと、既に発表済みの任天堂ソフトにも期待が高まりますね。
まあ別にどれも開発は任天堂では無いので関係ないんですが、個人的にはゼノブレ2とカービィスターアライズとメトプラ4とポケモンが楽しみです。
特にカービィは毎回安定してクオリティが高いですし、今回も情報を見る限り過去作のオマージュが色々含まれていそうなので注目してます。
それとカービィはBGMも良曲が多いので、そういう意味でも気になります。
switchはリモヌンの発展形のジョイコンの分離持ちにWiiUの発展形の携帯モードにと、とにかく快適で一つの完成形といってもいいハードだと思ってるのでスマブラやどうぶつの森、ピクミンなんかの未発表の任天堂IPもswitchで出てほしいですね。
  1. 2017/10/28(土) 18:39:38 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> switchが発売してからの任天堂はまさに絶好調といってもいい状態ですね。
> アタリマエを見直して大成功したゼルダに3D箱庭マリオの集大成とも言えそうなマリオ…どちらも任天堂EPDの本気を窺わせる作品でした。
> まさかメタスコア97以上という数年に一度出るかという点が1年に1社から2回も出るとは…

メタスコアすごいことになってますよね。
こういうことが出来るのは任天堂ぐらいで、であるからこそ任天堂はゲームの歴史の中でも最も重要な会社で居続けているんですね。


> イカ2やARMSやマリカーも売上好調ですし、1年目からこれだけ勢いがあるとこれから失速しないかちょっと不安な気もしますが、switch総合プロデューサーの小泉さんが「ソフトはこれからも息切れしないように編成している」とインタビューで言っていたので多分大丈夫だと思ってます。

次のニンテンドーダイレクトで来年の編成が明らかになってくるのでしょうか。


> switchはこれまでとは違う客層も獲得しに来ているように見えますし…
> skyrimを初めとして、payday2やL.A.ノワール、DOOMやウルフェンシュタイン2といったタイトルが発表された時は驚きました。
> 世界最大規模のゲーム会社、テンセントも参入して来ましたし今までの任天堂ハードとは違う雰囲気を感じます。
> サードパーティ製のソフトも各社の決算報告を見ると好調に売れているという話が多いので、switchのこの人気も手伝ってこれから増えていくと良いですね。
> インディーズゲームも大量に発売されていますがswitch版が一番売れたという報告が相次いでいて景気が良くてなによりといった感じでしょうか。(個人的にswitchで買えるインディーズではグーの惑星とショベルナイトが完成度が高くてお勧めです)

サードやインディーズも熱心だというのがスイッチの強さを表してますね。
ショベルナイトは3DS版をやりましたがマジで面白いですよねあれ。グーの惑星は見たことあるだけですが面白そうですよね。パズルはいいですよね。


> あと、やっぱりゼルダBotWやマリオオデッセイの後だと、既に発表済みの任天堂ソフトにも期待が高まりますね。
> まあ別にどれも開発は任天堂では無いので関係ないんですが、個人的にはゼノブレ2とカービィスターアライズとメトプラ4とポケモンが楽しみです。
> 特にカービィは毎回安定してクオリティが高いですし、今回も情報を見る限り過去作のオマージュが色々含まれていそうなので注目してます。
> それとカービィはBGMも良曲が多いので、そういう意味でも気になります。

ほんと色々ありますよね。
カービィは私も期待してます。続報に注目ですね。


> switchはリモヌンの発展形のジョイコンの分離持ちにWiiUの発展形の携帯モードにと、とにかく快適で一つの完成形といってもいいハードだと思ってるのでスマブラやどうぶつの森、ピクミンなんかの未発表の任天堂IPもswitchで出てほしいですね。

コントローラーの進化と言う意味で、PS2のデュアルショック辺りでゲームコントローラーの基本が出来た感はあり、GCコンもその発展型と言う感じですが、それを超えようとしてきてるのが面白いですね。
スイッチのジョイコンは分離変形合体とよくよくうまく作ったものと感心します。HD振動も中々面白いですし。マリオオデッセイでバイク運転してるときはまさにエンジンの振動と言う感じで。

スマブラはまあ出ないという事は無いと思いますが、桜井さんはどんな状況なんですかね。
スマブラはなんというか恐竜的進化をし過ぎた感もあるのでそこをどう解消するか、あるいはそのまま乗り越えるか、そこに注目したいです。
  1. 2017/10/29(日) 18:43:41 |
  2. URL |
  3. たていと1 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/2537-31d691a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)