ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

東方茨歌仙 第四十二話 四季を取り戻せ 感想・考察・その他の確認等

東方茨歌仙 Wild and horned hermit. 第42話「四季を取り戻せ」の感想や考察など。


第一話「片腕有角の仙人」感想
第二話「意図的に捨てられた技術と地獄」感想
第三話「罪人の金鉱床」感想
第四話「信仰の人工湖」感想
第五話「仙人の本分」感想
↑ここまで単行本一巻に収録
第六話 「雷の持つ見えない毒」感想
第七話 「本物の福の神」感想
第八話 「狐の奸計」感想
第九話 「新旧の妖怪」感想
第十話 「帚木の別天地」感想
↑ここまで単行本二巻に収録
第十一話 「運松庵の太公望」感想
第十二話 「地獄のお迎え」感想
第十三話 「河を捨てた河童」感想
第十四話 「人間に好かれる妖怪」感想
第十五話 「人の寄り付かない神社」感想
↑ここまで単行本三巻に収録
第十六話 「鬼の酒器」感想
第十七話 「梅雨の奇石」感想
第十八話 「宗教家としての仙人」感想
第十九話 「由緒正しいお酒」感想
第二十話 「間違いだらけの酉の市」感想
↑ここまで単行本四巻に収録
第二十一話 「鬼は外、腹は内」感想
第二十二話 「怪魚万歳楽」感想
第二十三話 「道を誤る巫女」感想
第二十四話 「有足の雷」感想
第二十五話 「渾円球の檻」感想
↑ここまで単行本五巻に収録
第二十六話 「野卑な怪異」感想
第二十七話 「妖怪に刺さる針」感想
第二十八話 「桜の木の地底には死体も眠らない」感想
第二十九話「深秘の世界の夢」感想
第三十話「神のみに許された霊力」感想
↑ここまで単行本六巻に収録
第三十一話「誰が兎を生かしたか」感想
第三十二話「ぽんぽこ陣取り裏合戦」感想
第三十三話「足元で蔓延る西洋の悪魔」感想
第三十四話「脳にかかる未確認の靄」感想
第三十五話「茨華仙の信じる道」感想
↑ここまで単行本七巻に収録
第三十六話「天高く神社肥ゆる秋」感想
第三十七話「閃光が起こすのは雪か神か」感想
第三十八話「聖地としての神社」感想
第三十九話「そこに妖怪の山があるから」感想
第四十話「幻想郷を蝕む異常気象」感想
↑ここまで単行本八巻に収録
第四十一話「天与の涼気」感想


単行本第一巻の雑誌収録してないところとかの感想。
単行本第一巻の総合的感想・考察
単行本第二巻の総合的感想・考察
単行本第三巻の総合的感想・考察
単行本第四巻の総合的感想・考察
単行本第五巻の総合的感想・考察
単行本第六巻の総合的感想・考察
単行本第七巻の総合的感想・考察
単行本第八巻の総合的感想・考察

Febri、まあなんやかんやでオタクサブカル色々扱う雑誌をやってる訳だが、隔月でそういうことやるってのがそもそも困難があるよね。流行の移り変わりの速さよ。
であればこそインタビューだの評論だのディープな内容を主としているのはやり方としては正しいのか。
メイドインアビスのインタビューなど色々載ってたのは嬉しい。この量のインタビュー記事は中々ない。

Febri来月は隔月雑誌の特別号として物語シリーズの特集をする。一ヶ月なので茨歌仙は載らない。12月のvol.46に第43話が載る。
なんやかんやで東方だけの雑誌から脱して来てるのか、脱しようとしているのか。

たるとたたんは相変わらずクズ感がいい。地獄に引き込んどいて自分だけ脱出する。


茨歌仙あらすじから。簡潔に。

四季異変の影響で、博麗神社は春だったが解決により急に紅葉が目立つように。
華扇と霊夢はやや不安がっているが、あうんは大丈夫だと請け負う。
そのあうんを不審げに見つめる二人。

ここで表紙。あうんを中心に天空璋自機と四季。

神色自若の狛犬 高麗野あうん。
ずっと前から神社にいるといっているが霊夢は知らない。あうんは華仙の事も知っていてちゃんと挨拶するのは初めてだという。

四季異変は背中に扉が出来て力が暴走する。妖精の背中に扉が出来た結果季節が暴走したという訳らしい。
理屈がわからないと霊夢は言うが華仙は良く判るという。

四季異変は多分収まった。あうんはまた背中に扉が出来たらわかると断言する。
霊夢達をずっと見てきたから、と。

妖怪の山。華仙はあうんが突然現れたことに疑念を持っている。
滝の前でたたずむ華仙。それを見かけ文登場。
我田引水の天狗 射命丸文。
新聞のネタを探していたようだ。

文は四季異変について調べていたがほとんどは記事に出来ない内容だったという。
新聞記者は自分に不利のなる記事は書かない。天狗に不利になる情報が含まれていたために没ネタとした。
文が華仙に話しかけたのは華仙に四季異変の顛末を知る必要があると思ったかららしい。

命蓮寺。魔理沙。
命蓮寺の季節は暦上の標準であった。
恐る恐る地蔵の背中を見る魔理沙。特に何もなし。胸をなでおろす。
そこにあうんが現れる。

異変での経緯を説明する魔理沙。
命蓮寺で季節の変化が少ないのは力ある妖精が少ないからだとあうんは解説する。
お寺の事もずっと見ていた。

文の話を聞いた華仙。
華仙には心当たりがある。背中の扉の奥の脅威。文の説明の仲の嘘もわかってしまう。
四季異変は天狗のような幻想郷を支配したがっている妖怪への警告だと華仙は言う。
何故そう思うか、それは華仙が隠岐奈の古い知り合いだから。性格も何を考えているかも良く判る。
目を輝かす文。

夜。博麗神社。最終花見大会。ある人物が神社を訪れる。
威風堂々たる神秘 摩多羅隠岐奈。
あうんが裏庭に案内する。

呑まなきゃやってられないと一気飲みする霊夢。
今の世代に存在が知れ渡ったから出てきたという隠岐奈。
四季異変はみんなに気付かれていたにもかかわらず顛末は誰も把握していない。その位謎があるぐらいが十分。
桜はほとんど残っていない。もう一度咲かせようかと隠岐奈。花坂爺さんの翁じゃないんだからという魔理沙のツッコミを褒める隠岐奈。テレる魔理沙。

霊夢、隠岐奈、あうん。
隠岐奈はやろうと思えば幻想郷を造り直すことさえできる。
霊夢はそんなことしようとしたら全力で止める。
あうんが霊夢に感心するが、あうんはずっと見てきたと言うが霊夢は全く知らない。

事実、四季異変解決のあの日、突如として現れた。
背中の扉の魔力の影響で石像に宿っていた神霊が具現化した妖獣である。
神社や寺の石像の中でずっと見てきた、そういう意味である。

隠岐奈はやろうと思えば簡単に新しい妖怪を生み出せる。
だから幻想郷さえ造り直せる。

霊夢はこの先が思いやられ酔いは完全に覚めてしまった。

Febri Vol.46へ続く。


あらすじ終わり。東方天空璋の前日譚二連続からの後日談。やはり東方は原作が中心であることを譲っていない。
あうんの驚愕の設定、隠岐奈の能力とまさに天空璋回。設定厨にはたまらん。華仙と隠岐奈との繋がりもある。モブも含めれば天空璋オールスターである。実際出てないのって文のEDに出てたはたてぐらいじゃないかな。
天空璋のキャラは既存のキャラとの設定が根深いという話を前にした気もするけど、更に繋がりが増えた。天空璋キャラは界隈にすぐ馴染むかもしれない。



登場キャラ紹介。登場順。
茨華仙(茨木華扇)
東方茨歌仙の主人公。仙人であり実は鬼。

そういや華仙、幻想郷の賢者の一人でもあったっけ。紫や隠岐奈と同様。他の連中はどんなのがいるんかね。
隠岐奈とはどういう関係性なのか。今後語られることもあるだろう。

今月の名台詞
「その隠岐奈は私の古い知り合いだからね その性格も何を考えているかもよく判る」
新たな展開が始まりそうな名台詞。


博麗霊夢
博麗神社の巫女。東方projectの主人公。

とりあえず四季異変解決したったけど不安が強く残る結果に。信仰自体は増えたんだけどね。
あうんの存在はマジで不気味だった様子。押しかけ女房。

今月の名台詞
「沢山呑むよー!呑まなきゃやってられないわー!」
飲酒少女。サザエさん時空だが何歳なんだか。


高麗野あうん
東方天空璋三面ボス。神社仏閣の狛犬。人なつっこい。

今回の主役?重大設定が語られる。まさか四季異変で誕生したのではあってたまたま影が薄かっただけではなかったとは。もう過去のあうんについて二次創作しちゃった人もいるのではなかろうか。
関係性という意味では隠岐奈との強烈なつながりも。実質親子とも言えなくもないとも。
しかし常時笑顔。かわいいというか何も考えてなさそうというか。
あうんはこのままほぼ博麗神社居つきになるのかな。まあ命蓮寺や守矢神社にも行くか知らんが。霊夢のペット的な。

今月の名台詞
「ずっと見てきましたからね!霊夢さん達を」
おはようからおやすみまで見守るライオン。そういやいわゆる狛犬って、狛犬と獅子って二対の石像のことであうんはそのどちらもであるんだよね。あれ?なんかそういうアレなの?獅子だからライオン?


射命丸文
天狗の新聞記者。東方天空璋の自機もやった。

相変わらず色々画策しているが、少なくとも華仙と隠岐奈の繋がりを知ったことで歓喜の模様。
長年生きた妖怪である文にも初耳だったか。

今月の名台詞
「そうですか そうですよね」
厭らしいニヤニヤ顔よ。


霧雨魔理沙
普通の魔法使い。東方projectの副主人公。種族としては人間である。

成美の件で地蔵がトラウマに?ビビりすぎな気も。
というか当たり前というか、命蓮寺にも地蔵いっぱいあるのね。

今月の名台詞
「やめい お前は隠岐奈でも花咲か爺さんのおきなじゃないんだから」
謎のノリツッコミ。


摩多羅隠岐奈
東方天空璋ラスボス、EXボス兼任。絶対秘神。幻想郷の賢者の一人。

結構身長は高め?ロリっぽく描かれることもあるが結構違うと。
まさに威風堂々と言ったふるまい。これから先何をやらかすのか。

今月の名台詞
「その位で十分よ ミステリアスの部分を残してこその神秘だからね」
流石絶対秘神。
「お 上手い 現代風!」
魔理沙を褒めて。こういう変に親しみやすさがあるところも隠岐奈か。


その他モブ等
リリーホワイト
春を告げる妖精。妖々夢から結構ちょくちょく出てる。

矢田寺成美(成子?)
魔法地蔵。魔理沙の知り合い。天空璋4面ボス。
コートの色は他の地蔵と同じトーンである。魔法の森の魔力で動き出した地蔵なので、背中の扉の魔力で動き出したあうんとは動作原理が似ている気もする。

エタニティラルバ
アゲハチョウの妖精。実は常世神でもあるかもしれない。天空璋1面ボス。

日焼けしたチルノ
氷の妖精が日焼けした。天空璋自機の一人。

丁礼田舞
爾子田里乃
隠岐奈の部下。天空璋5面ボス、EX中ボス。それぞれ4面中ボス、5面中ボスも務める。

十六夜咲夜
レミリア・スカーレット
魂魄妖夢
東風谷早苗
いつもの博麗神社宴会メンバー。それぞれ色んな作品でボスだったり自機だったりする。

坂田ネムノ
天空璋2面ボス。妖怪の山在住の山姥。最後の最後で出てた。


細かい点も含めた確認考察など。
四季異変無事解決おめでとう宴会だが、霊夢はヤケ酒。スパッと解決という感じでもないもんねえ。摩多羅のやり口は紫と似ていて敗北まで織り込み済みというか。

goo辞書より

引用
しんしょく-じじゃく【神色自若】の意味

新明解四字熟語辞典

大事にあっても顔色一つ変えず、平然と落ち着いている様子。物事に動揺しないさま。▽「神色」は精神(心)と顔色、「自若」は物事にあわてず落ち着いているさま。

なるほど。神の字は神社の狛犬であるあうんにも掛けているのだろう。

隠岐奈は今の世代に自分の存在を知らしめた。なるほど世代毎に暴れてると?先代巫女の時もなんかやらかしたんかね。
我田引水と威風堂々はまあわかるよね。

今回の最終花見大会が東方天空璋の宴会オチか。隠岐奈もちゃんと来てるし。二童子はお留守番のようだが。最近宴会オチなかったけどなんやかんやでやっとるんかね。

そういや、霊夢も魔理沙も文も天空璋でやったことやってるようだけど、どれかが正史って訳でもないのか。まあ他の作品でも言える話だが。



まあ今回はこんなところでいいや。
色々大盤振る舞い過ぎて鳥肌が立つ回。新キャラに注目が集まってるのがいいよね。あうんの、ペットの犬のような人懐っこさも好ましい。
原作STGの会話だけじゃ性格の隅の隅まではわからんからねえ。いうてまだ私は天空璋まだ全員のED見れてないが……
東方の新シリーズが開幕したんだなと理解できた。
スポンサーサイト

テーマ:東方 - ジャンル:サブカル

  1. 2017/10/14(土) 23:02:49|
  2. 東方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<熱病の基礎。第42回動画紹介・ジャンプ感想回 | ホーム | 「世界で「最も信頼される」250社リスト」とやらで任天堂が4位だったらしい>>

コメント

今回の話で一番衝撃を受けたのはあうんですね。今回の異変で生まれたてという事は0歳?ということになるのでしょうか。
雷鼓やこころ、九十九姉妹より更に年下のキャラだとは…
隠岐奈と一緒にいるコマは親子に見えます。(実質隠岐奈が生みの親ですし)

隠岐奈のボケにたいして魔理沙が上手い事言ってノリツッコミで返してる場面は普通に笑いました。
大物とはいえどこかノリがいい所がありますね、隠岐奈は。
その一方でミステリアスで掴み所のない部分もありますし。しかもその気になれば幻想郷を作り直せるって…


今月には三月精がありますが、そこではラルバ関連とかやるのかなー、と期待しています。常夜神云々とか色々気になります。
今月末には外來韋編肆も発売されますし、天空璋のキャラ達の更なる掘り下げや新設定とかあるみたいなので楽しみです。
  1. 2017/10/15(日) 08:25:53 |
  2. URL |
  3. Nizi☆ #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> 今回の話で一番衝撃を受けたのはあうんですね。今回の異変で生まれたてという事は0歳?ということになるのでしょうか。
> 雷鼓やこころ、九十九姉妹より更に年下のキャラだとは…
> 隠岐奈と一緒にいるコマは親子に見えます。(実質隠岐奈が生みの親ですし)

今回はあうん回といってもいいくらいですね。
これからも書籍なりなんなりで頻繁に出てくるんでしょうか。


> 隠岐奈のボケにたいして魔理沙が上手い事言ってノリツッコミで返してる場面は普通に笑いました。
> 大物とはいえどこかノリがいい所がありますね、隠岐奈は。
> その一方でミステリアスで掴み所のない部分もありますし。しかもその気になれば幻想郷を作り直せるって…

紫と似た部分がありますが、色々と違う部分も多いですよね。


> 今月には三月精がありますが、そこではラルバ関連とかやるのかなー、と期待しています。常夜神云々とか色々気になります。
> 今月末には外來韋編肆も発売されますし、天空璋のキャラ達の更なる掘り下げや新設定とかあるみたいなので楽しみです。

そういえば三月精ですね。クラウンピースが出ないという話もあるのでチルノやラルバに焦点があてられるというのはありそうですね。
外來韋編肆も今月でしたね。色々とあるものです。香霖堂でそっち関係の話もあるかもですね。
  1. 2017/10/15(日) 11:33:23 |
  2. URL |
  3. たていと1 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/2531-76dc39b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)