ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

キノの旅ⅩⅩⅠ(第21巻)、感想

電撃文庫 キノの旅 the Beautiful World|作品紹介

アニメ始まったね。1話は中々よかった。まあ元が良いからなんだけど黒星絵の再現が上手いというか。主エピソードに前後編のを逆に入れるキノ特有のアレてな感じでやってくのかな。フォトのエピソードもやりやすそうだ。
コミカライズも好調なのかどうかは良くわからんが両方とも気持ちよく読める。
キノは小説媒体であることを前提としたやり口も多いからメディアミックスに向いてるか微妙だったんだが、オムニバス形式だからやりやすい話だけやりゃあいいだけで。まあ無理やりやってもいいんだが。
あとがきのアニメ化あるかな?注目。しかし漫画とかで、なぜか時雨沢先生があとがき書いてるのは良いとして、これまたなぜか原作絵の黒星紅白先生まであとがきを書かされるのが常態化されてるのが笑える。漫画版学園キノとかでも書かされてたっけ。

ともかく原作キノの旅第21巻の感想。ローマ数字はこの辺から法則知らないとわからなくなってくる。
とりあえずエピソードごとに見ていこう。あとがきも順番に。

見える真実・b
しょっぱなからフォトの話。まあいつもどおりの結末を先に見せるタイプなのでこれだけではよくわからないが……

巨人の国
今回ではこれが一番好きかなあ。絵のインパクトも含めて。まあ話は単純だと言えばそうだが、絵だけ見ても理屈は思い浮かばないし。

カラーなあとがきⅡ
うん。長いことやってるよねえ。ライトノベル業界でも珍しいというか。オムニバス形式は有利なんかね。

有名になれる国
ユーチューバ―的な。キノはしようと思えば演技も出来るか。

美男美女の国
美しさの基準は場所や時代によって大きく異なる訳だが、そんなものを至上の価値観とする国とはやっていけないというのはある話。

Nの国
キノの年齢不詳でやっぱ大人になる手術を受けてないから老けないんじゃ疑惑がまた濃厚に。

読書が許されない国
禁止されてるからこそ興味を持つ。良く聞く話。オチは秀逸。

満員電車が走っている国
満員電車は、これを避けるためだけに会社を辞める人もチラホラ聞くほどだしなあ。日常世界における非人間的環境の一。

消えた国
叙述トリック。まあ薄々とわかったが、まさに叙述トリックな露骨な隠し方が笑えた。

完璧な国
そらまあ、無茶を要求されたら無茶苦茶するしかないわな。

鍵の国
試し読みであったが、本だと前の国での言及も含めてまた格別の面白さ。基本的に世界の危機だとかに関して、何も行動しないのがキノ。

女の国
まさかの師匠オリジンエピソード。今回の中編。本名も解禁。
ミスリードまで搭載してるあたり何とも言えぬ。これがアジン(略)の国に繋がると。興味深い。
一応全員分オリジンエピソードが出てる?いや、モトラドとかはまだか。まあ世界観設定の謎みたいなもんだしな。今更語られることも無かろうが。
弟子とかもまだ掘り下げれそう?
オリジンによって登場人物のパーソナリティに理屈がつくというか。それまでの話もまた違った目で見れるというか。

毎日死ぬ国
こういう話を書けるのが時雨沢先生らしいよね。一種の思考実験を湿った雰囲気と共に。

見える真実・a
フォトもこれくらいの詐術が出来るほどには成長した、というかこうしたやり口を覚えても人を助けるためにのみ使うフォトはやはりらしいというか。

巻末の普通のあとがき
時雨沢先生、アメリカ留学してたんだよね。知ってたけど、そういう体験がこそキノの旅を作り上げているというか?

黒星先生のあとがき
ブラウン管で時雨沢先生のカラーの方のあとがきと被っているというか、同じ年代なんだなとわかるのが。



今回も上々の出来であったキノの旅。
21巻。多いと言えば多いが、それ以上にほぼ年一でこれというのはもはや歴史である。
アニメも開始、SAOAGOもアニメ化決定。時雨沢先生はここからさらに羽ばたいていくか?
個人的には一つの大陸シリーズの新作かなんかやってほしいが。

なんにせよ時雨沢先生のこれからに更なる注目をしていきたい。
スポンサーサイト

テーマ:読書 - ジャンル:サブカル

  1. 2017/10/09(月) 06:25:33|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<クソゲーオブザイヤー携帯機版2016がやっとのことで決まったようなので | ホーム | 罰の目的。2017年第41回動画紹介・ジャンプ感想回>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/2528-ca130646
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)