ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

メイドインアビスアニメ、総合的感想など

TVアニメ「メイドインアビス」公式サイト

結局2017夏アニメはこれしか通してみなかったな。まあいうほどアニメ見る人でもないんだが。



メイドインアビスアニメ。素晴らしかった。あの原作のアニメ化という意味では最高の仕事だと言えるだろう。
あえて言うなら中弛みがあった、と言えるがそれはアニメとしての問題であってメイドインアビスという作品を彩る上でしっかりとした補完描写を行ったが故、または不配慮な省略を嫌ったが故であるので全体として見た上では良い結果を産んだと言えよう。
一週間に一度という形態ではもっともっと先にと見たくなるという心理が強く働く。そこらへんはメディアミックスに付きまとう仕様のない齟齬だといえよう。この齟齬を解消しようとすれば出来たわけだがそうなると「メイドインアビス」として良くない結果を産むという。
ナナチのアジト出発で終わったというのも2期や劇場版を考えているのならば区切りとしては悪くない。そこまで円盤売上、グッズ売上、原作売り上げの上昇が見込めるかはわからないが、アニメは高い評判を得たので期待はできるだろう。


もう少し個別に見ていこう。
背景美術の美しさ。これは秘境であるアビスを演出するうえで素晴らしい効果を発揮した。
層ごとに違った様相を示している。同じ層でも結構異なる。回想含め5層まで描き切っているのも素晴らしい。
アビスの広大さも伝わってくる。
特に好きなのは4層かなあ。やはり異様さが違う。

キャラ。リコ、レグ共にらしい演技で良かったが、やはりナナチか。
特に最終話の感情の使い分けなどは鳥肌ものである。あれだけ飄々としてたナナチが大泣きするからこそ良い。

で、グロ描写なんかも。別にグロで売ってる作品ってのは誤解なんだけど、グロ描写での落とし方、絶望感が凄いから後の希望が輝いて見えるんだよね。
はっきり言って主人公たちがしてることは自殺行為っていうかまあ自殺である。しかしそれは探窟家ならばいつか選ぶ道である。そういった価値観の違いがメイドインアビスの世界観。
辛い道を超えて見出すもの、それは何なのかはわからないがともかく前を向いて歩く。現代日本人の感性とかけ離れているからこその鮮烈なロマンがそこにある。


メイドインアビスのメディアミックスとして最高の出来であったメイドインアビスアニメ。
で、原作はどうなんかね。最近まともに更新してないが。10日には更新あるんかね。
6層で何が起きるのか、7層には何があるのか。白笛たちは?ライザは?
まだまだ謎の多いメイドインアビス。アニメ2期なども含め大注目である。
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2017/10/06(金) 06:45:49|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<罰の目的。2017年第41回動画紹介・ジャンプ感想回 | ホーム | 能動的な欲望。2017年第40回動画紹介・ジャンプ感想回>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/2526-baeb6de9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)