ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

ニンジャスレイヤー第四部、勢力図を描いてみた※追記 勢力図更新

組織名鑑:暗黒メガコーポ群とその同盟関係 ダイハードテイルズ note
世界地図 白地図

ニンジャスレイヤー第4部「エイジ・オブ・マッポーカリプス」勢力図 ver1s
クリックで拡大。


いやー、冒頭の記事良かったね。設定厨の私はこれだけでご飯三杯余裕で食える。
ヨロシサンの現在など色々重要な世界観設定が並べられてるわけだが、暗黒メガコーポの本社要塞に営業本部などの所在なんかも載ってるではないか。
という訳で、所在を世界白地図に置けば勢力図が出来上がるという寸法だ。メガコーポごとに所在の明確さが違ってて面積で見るとおかしなことになるがどうせメルカトル図法なので気にしたところでどうにもなるまい。とりあえず位置感の把握程度に。

ヤナマンチは各所に営業部があるらしいが省略、スダチカワチはロシアとのことだがまさかロシア連邦の領土を持っているとは思わない(知らんが)のでヨーロッパロシアに。まああくまで本社があるってだけで領土というほどではないのだろうが。

本当はリアルニンジャの支配する領土やソウカイヤなんかも盛り込みたかったがそうすると結構変えなければならない。まあおいおいやろう。


こうしてみると、という訳でもないが、ヨロシサンの陣取っている位置が興味深い。
ヨロシサンは第一部から特別な暗黒メガコーポで、ニンジャスレイヤーという世界観を規定する一要素ですらあるわけだが、サイバーパンク的な世界観の中で一人だけ微妙にズレてバイオパンクをやってるという会社である。
色々やらかしまくってるわけだが、第三部でおおやらかししてネオサイタマから別大陸、冒頭の記事で説明されたが北米大陸へ逃亡し、そこから南極大陸へ本拠を移したといった具合だ。
北米東海岸、南極大陸、南米東部、南アフリカ。他のメガコーポがいない場所を優先的に支配してるという感じではあるが、どうにもこうにもこの辺りの土地柄は有名な古代文明の類などがない(南アフリカにはグレートジンバブエとかあるが。南米東部もアマゾン文明というのもあるにはある)。南極は普通人が住まない土地である。
神話の誰それは実はリアルニンジャだった、とかで話が進むことも多いニンジャスレイヤーだが、ヨロシサンはあえて避けているのか。単純にリアルニンジャが支配してるからメガコーポがないのか。
エメツ鉱石は第4部のキーアイテムでこれの産出地なんかを巡って暗黒メガコーポ同士紛争してたりする訳だが、話を追っていくとエメツは人間の精神活動だか文化活動だか何かに由来して発生するようなものらしい。
そうしてみると目ぼしい人間活動の少ない土地に本拠地を置くヨロシサンは不利ではないか、という想像も働くが、ヨロシサンの技術は第三部でも言われていたようにオヒガン由来ではないピュアテックであり、エメツもまた必須ではない。
他のメガコーポがエメツを追う間にヨロシサンは別のモノを追っているのではないか、それが南極での実験とやらでは、そういう風にも考えられる。第三部の最後、ヨロシサン本社で宇宙人との交信なんかを目指していた形跡なんかがあったが……
そういえば、サワタリは不純物の多いエメツを使ってバイオインゴッドの代わりになるモノを作ったらしいが、さて。


ヨロシサン関係はやはり謎めいており様々な展開が考えられる。あえて調停者という役割を担った目的なども気になる。
今後もヨロシサンには大注目である。

※追記
リアルニンジャなど追加
ニンジャスレイヤーAoM勢力図ver13s
クリックで拡大

こうして見ると世界各地に様々な組織が散らばっているものだ。ヨーロッパは流石に過密。イギリスなんか大変なことになってるし。
キョートについては4部時間軸でどうなってるのか十分に語られていないので省いた。ネオサイタマもそうだがやはり日本が作品中でも中心であり、日本が真ん中の地図を持ってきて正解である。まあニンジャスレイヤーの日本って大概な広さだから世界地図が正しいのかは知らんが。

サハにザイバツの現世での拠点があるようだが、あの辺り、基本良く知らないけど結構しっかり文明化されてるんだよね。
ロシアの膨大な領土はスカスカだという思い込みがあるせいかあまり意識しない場所だがちゃんと人の住む場所でありそこで人生を過ごす人も多い。
シトカもそうそう意識する場所でもないよね。第4部シーズン2ではシトカに向かうようだが……

地図を見て空いてる場所を見ていくと、西アフリカ、北欧、西アジア、中央アジア、東南アジア、それに中央アメリカといったところだろうか。
また作中で語られることがあるのだろうか。期待したい。

恐らく、第4部で「帝国」が本格的に動き出せばこの勢力図も大きく変わりそうだが……
今後もニンジャスレイヤーに注目である。
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2017/09/28(木) 01:40:01|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<ヤングジャンプ連載漫画「うらたろう」第50話(最終話)感想 | ホーム | 健常者一味。2017年第39回動画紹介・ジャンプ感想回>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/2522-6e60fa66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)