ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

ヤングジャンプ連載漫画「うらたろう」第49話感想

ほんと中山先生は。かなりのグロだがいつだったか描いてた読切も思い出す。

所謂「よもつへぐい」という奴か。
世界各国の神話で見られる類型。日本神話のイザナミもそうだけどギリシャ神話とかにもあったよね。

結果、蘇ったちよはうじやらなんやらにたかられた状態での復活。見開きで魅せられると中々につらい。複数の意味で。集合恐怖症って訳でもないが……
蛆のたかる死体は生と死のコントラストが際立つグロテスクな象徴とでも言えよう。六代が逃げ出したのもわからん話でもない。まあいきなり逃げられてもお前何だったのって話なんだが。何だったの?


それを躊躇なくハグするうらたろう。
愛は生死をも超える。中山先生の作品の一貫したテーマだと言える。
つーかトラウマイスタでもねじまきカギューでもヒロイン(カギューのヒロインはカモとする)死んでるしな……

で、こっからどうするのさ?
まあ鬼共が出てくるのか。鬼からしたらこういう状態でも関係なさそうだし?妖怪の王はどうなのか知らんが。

無理くり最終展開に突っ込んでいってる感があるが、まだ天皇とかの登場はあきらめてない。来週も注目。
スポンサーサイト

テーマ:読書 - ジャンル:サブカル

  1. 2017/09/22(金) 07:44:43|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<2017年秋アニメのPV集動画を見て行く | ホーム | 任天堂スイッチにイースターエッグ発見、故 岩田前社長の命日にファミコン版ゴルフ…… の件について>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/2518-1551d38a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)