ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

Wikipedia探訪「アルクビエレ・ドライブ」

アルクビエレ・ドライブ - Wikipedia

所謂「超光速航法」の一つの案。SF関連でWikipediaのページ色々見てたらあった。

一般相対性理論の範疇で超光速を実現させようとすると、という具合。
まあ光の速度より速く進むことはできない。でも宇宙の膨張速度は光速を超える(そこが観測可能な宇宙の端ということになる)。これは時空自体の広がりであるからだ(確かそんな話だったはず)。
ほんじゃ、それを利用して超光速移動としゃれこもうか、という具合の話。

宇宙船の進行方向の空間を収縮させ、後方を拡大させる。そんな感じの泡のような時空を作りそれの中でサーフィンするように進む。
話としては簡単だが色々と問題は多いらしい。普通にやろうとするとビッグバンを遥かに超えるエネルギーが必要。負の質量とか言う概念が必要。そもそも光速を超えられるか不明。等々。
下手するとタイムマシンになってしまう可能性があるのも問題。いやタイムマシンならもっとすごいじゃんてな話だが、そんなもんできたら因果律とかぶっこわれるもんね。まあぶっ壊れて悪いのかいいものかどうかすらわからないんだけど。

まあそれを解決する策とかも考えられるが、話としては、ガチで超光速とか考えだすとやはり頭痛がしてくるような学問的な話も出てくるというもの。
最近のSF、特にハードなので宇宙SFは少ない気がする。あんま調べてないが。
宇宙進出は夢に終わりそうという感覚があるからか?

しかしやっぱり宇宙は魅力。どうにかこうにか宇宙開発していきたいなあ。
ロマンこそがヒトを宇宙に打ち上げる?それ以上のものが宇宙開発には必要?いやそれ以上のロマンと、リアリティか。リアリティは現実の度合いとはまた違う訳で。

火星のテラフォーミングとかガチでしたいなあ。そういうゲームとかあったよね。シムアースはシムアースだが別に。
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2017/09/07(木) 01:55:05|
  2. 科学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ヤングジャンプ連載漫画「うらたろう」第47話感想 | ホーム | チェス盤の指し手は狂人のふりをする。2017年第36回動画紹介・ジャンプ感想回>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/2509-758614aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)