ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

天国に行けたからといって何故そこから地獄に落ちないと言えるか。2017年度第35回動画紹介・ジャンプ感想回

死後の為に徳を積むっつっても天国で何してもいいってことはあるまい。ならば結局のところ同じだろう。

茨歌仙単行本第8巻感想記事は明日の予定。
ジャンプ感想は動画紹介の後で。



MMD杯の直後にこういうすごいMMD杯動画が出る。あえて外したのかもしれない。
まあ、ああいうお祭りは登竜門としての役割が大きい訳で棲み分けが出来ているともいえなくはないか。



こう見ると、2chやらニコニコやら、匿名ネット文化は以外と若者には浸透しやすいのか。
リアルとネット、完全に分かたれてはいない。
流行の発信源であるともいえる?



おー出るんだ。原作再現微妙な感も無くはないが。
どうしてもこういうゲームだと主役機ばっかになるよね。マイナーな奴バンバン動かしたいが。



8話良かったよね。オーゼンの回想を小分けにするのが構成の妙。
マルルクは反則だよねえ。



台湾でやってたスト5の大会の決勝。たまたま生放送見てたがすごい熱があった。
やはりウメハラは華がある。まあ強い訳だが強さ以上の魅力があるか。
それが過去の遺産、伝説が故だとしてもやはり最もファンの多いプロゲーマーだろうし、それはプロ、職業ゲーマーとして大きな意味合いを持つ。



巨大数の話。人間の創造の限界を超える巨大な数。圧倒されるよね。
巨大数を物理的な何かに代入するとこうした惨劇が起こる。そりゃそうだよな。電子入金だったとしてもたぶん同じ末路である。桁がでかすぎて万札だろうが一ビットだろうが関係なくなってくる。まあ銀行のシステム知らんけど。
巨大数、グラハム数はなんとか使われた訳だが、これ以上大きい巨大数が本流の数学で使われる時が来るのだろうか?
数学をするAIが出来たとして巨大数をどういう風に認識するのか。まあ巨大数だけの話ではないが。


こんなところか。6動画と多めで。
ツイッターとかで寿司虚空編の感想とか見ると、読んでもわからんって人も多いんだよね。数学のなかではわかりやすい魅力がある巨大数だけどやっぱ無理な人は無理ということか。まあ俺も複雑なところはついていけないけど。

2017年度週刊少年ジャンプ39号感想
ソーマ
消耗って、連続で調理する訳でもなしだいぶ無茶のある様な。
つーかまあそこらへん突っ込みすぎると料理対決というジャンル自体アレなんだが。


現代日本人は防雷意識に欠けるとも聞く。
まあ子供が真似して死なないかってのは今更だけど、一歩間違えれば死んでたよな。
で、発電所作っても電化製品はまだまだだぞペテン師。

ワンピ
ツンデレ?まあ料理と言えばサンジだわな。穏便に帰れるかな?

僕のヒーローアカデミア
ミリオ、勝てるのか?メタ的にも。デクとの差異が問題になるもんなあ。
シガラキ辺りが介入してきたりして?まだヴィランの長としてカリスマ性を明確に発揮してないし。

ロボ
ロボ、なるほど実力の120%を発揮していると。無茶な力みを加えて打ち、また他者の打球からデータを読み取る。冷静に博打を打つ。ふむ。
先輩たちはベストを尽くせば勝ちうると思えるようになった。東北国際はパワー型で栄藍はテクニック型なんかね?
黒田はパットの鬼と。それぞれの得意分野が見えてきた。しかしあるとは思ったが水切ショット。曲芸。
で、そろそろ朱雀の本気も出てきそう。そうなればこの作品がどこまでの逸脱を許すかがわかる。期待して注目したい。

鬼殺
印。伊之助にそういうこと教えられるってのが。実際なにそれだよな。

ハンター
そろそろ大惨事でも起きそうだよな。
人員整理していった方がよさそうだ。

相撲
これ大相撲編やるの?まあそれならそれでいいんだが、描き切れるのかな。この辺で終わっといた方が綺麗に終われそうだが。エピローグ扱いで飛ばしていくとか?

ナンバーワン
物理的な先輩風って概念。

磯部
妖怪じゃねーか。



こんなところで。ロボレザすっげー良かったな。
総合評価はまあ上の下で。


キン肉マン、ティーパックマンみたいなのがあそこまで戦えるのね。鍛え直したとはいえ中々パワーバランスが。
とはいえ敵キャラのターンはまだ。どんなもんになるやら。
スポンサーサイト

テーマ:ニコニコ動画 - ジャンル:サブカル

  1. 2017/08/29(火) 05:12:25|
  2. ニコニコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<東方茨歌仙 第八巻 総合的感想・考察 | ホーム | 第19回MMD杯、個人的表彰をする。>>

コメント

ロボ>実を言うと今回の水切り以外に出てきた必殺ショットは現実でもそれなりに見かけるショットに厨2な名前を付けたに過ぎなかったので水切りは予想出来ませんでした。
流石に水切りは狙ってやる人はいないと思います。
  1. 2017/09/01(金) 16:31:07 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> ロボ>実を言うと今回の水切り以外に出てきた必殺ショットは現実でもそれなりに見かけるショットに厨2な名前を付けたに過ぎなかったので水切りは予想出来ませんでした。
> 流石に水切りは狙ってやる人はいないと思います。

マスターズだかの余興で水切りでのニアピン対決みたいなのがあるとか耳に挟んだこともありますが、あまり実践的ではないようですね。
探せば実戦例も無くは無い(ググったら石川遼がやってました)ようですが、その辺はトッププロでもギリギリな技術というところでしょうか。
  1. 2017/09/02(土) 12:59:09 |
  2. URL |
  3. たていと1 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/2504-96e6c761
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)