ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

Wikipedia探訪「コンピュータゲームのジャンル」

コンピュータゲームのジャンル - Wikipedia


コンピューターゲームはまさに多種多様である訳だが、大まかな分類というのはある。
例えばシューティング、アクション、ロールプレイング、パズル、レースといった具合である。

更にその中にサブジャンルという小分類もある。
シューティングなら、まあ言い方も様々だが、

所謂ゼビウスやグラディウスなどに代表されるスクロールシューター(欧米では単にシューターとも呼ぶんだっけ)。
半自動的に動かされる画面の中、標的を銃で撃つガンシューティング(レールシューティングという名も聞く)。有名なのを一つ上げろと言うと、やや問題のある作品だがデスクリムゾンが思い浮かぶ。
3D空間を自由に動き回りながら一人称で撃ちまわるFPS、三人称ならTPS。わざわざ有名なのを探すまでもないがFPSならCALL OF DUTY、TPSなら今ならスプラトゥーンやPUBGなんかがわかりいいだろうか。

このサブジャンル内でも更なる小分類がある訳で、例えばスクロールシューターの中での小分類では縦シュー横シューという分類はその典型(そういえばクォータービューの斜めシューもあるにはある)。
そしてその中での小分類さえある。縦シューの中で近年流行っていたのは弾幕系(怒首領蜂や東方projectのようなそれ)と呼ばれるそれである。
弾幕系の中でも純粋なそれ、弾消しなどの要素があるそれなど分けていけばキリがない。生物学の分類学者がどうにかこうにか食っていける理由がわかるというものである。

で、コンピューターゲームのジャンル分けを更に甚だしくややこしくしているのは、個々ジャンル、個々サブジャンル、個々更なる小分類、個々ゲームによって分類を跨いだりすることが珍しくない、という点であろう。
例えば、弾幕系では本場は縦シューだが横シューでも少なくない数がある。
FPSでいえばPortalは明らかにFPSの画面構成でありながら本質はパズルゲームである。
スーパーマリオのような所謂ジャンプアクションはプラットフォームゲームと言う分類が為されるらしいが、魂斗羅などはシューティングの要素も強い。

結局のところ、ゲームは単独で存在しており、それを似たようなもので区分けしようというのに無理があるのだろう。系統樹の描ける生物分類のようにはいかんのだ。
そもそも、今の分類の仕方自体が適切ではないというのもある。
まず一つ思い浮かぶのは分類の階層分け問題。FPSとTPSの差はスクロールシューティングとの差と同じとは到底言えまい。
Wikipediaのページではクライムアクション(犯罪を犯せるゲーム)というサブジャンルがプラットフォームゲームやベルトアクション、対戦アクションなどと同列視されているが、それはジャンルとは別の性質ではなかろうか?

究極的なことを言えば、そもそもこういった分類分け自体、自然発生的でそこらかしらの企業やゲーマーが好き勝手に定義した物であり、本格的にゲームを分類分けして研究するためのものではありえないのだ。
そりゃ並べて語ろうとすると不具合が生じる。
誰も、全ゲームに渡っての分類分けを試みた人間はいない。いたのかもしれないが成功はしていない。


どのみち複合ジャンルなど曖昧なものが多く出ることは避けられないが、あるいは歴史的経緯や実質的な運用などを鑑みてゲームジャンルの区分の整理などを行うのも面白いかもしれない。
暇がある時にやってみようかな。
スポンサーサイト

テーマ:ゲーム - ジャンル:サブカル

  1. 2017/08/15(火) 05:12:30|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<東方元ネタwiki、東方天空璋周りを見ていく | ホーム | 東方天空璋、キャラ考察記事>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/2496-90b10e81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)