ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

「ゴールデンカムイ」アニメ化決定!大丈夫なのか色々。ありきたりなアニメ業界の話など。




マジでか、ってほどの驚きはない。いずれされるかもしれないとは思っていた。特にアニメ化元の枯渇が危ぶまれて久しい現状を考えると遅いぐらいだともいえよう。少なくとも人気の観点からいえば。

何を問題とするかというと言うまでも無く、グロ描写にエロ描写に変態描写、TVアニメとしての規制に内容が大幅に引っかかるのではないかというところだ。
良くある話だが、だからこそゴールデンカムイという名作のアニメ化において心配する。



漫画、小説、アニメ。こう並べることのジャンルの中でもアニメは特に公序良俗に厳しい。公共の電波に乗せているというのが大きいのだろう(OVAアニメでは割かし自由)。
そういう中でメディアミックスとしてアニメ化された作品は、原作の魅力を時に大きくスポイルしてしまう結果となる。アニメというのは大人数が関わるものであり、アニメファンの経済効果はやはり大きい。漫画作品やラノベなどもアニメ化を一つの目標とする場合も多い。
そうした中でTVアニメ化し、規制の結果ロクでもないものが産まれ、原作自体に負のフィードバックがかかり、連載終了という憂き目を見た、という結果もよくいわれる。因果が必ずしも正しいとは限らないが、そういうこともありうるだろう。

もちろんうまく回避するなり規制をガン無視(そういう規制は実際にはただの自主規制だったりする)するなりして良い作品が生まれることも多い。
今回はそれに期待したいところだが、やはり多少ですまなさそうな再構成は不安要素も多い。


アニメ業界というのは現状かなり問題が多い。ブラック労働ではすまされない奴隷染みた苦難の果てに今流れているTVアニメがある。
そこに確実な打開策などあるはずもないが、やはり数撃ちゃ当たるの大量アニメ化は限界が来ているのではないかとも思う。より確実なアニメ化、オリジナルアニメに絞って高品質化を狙った方がまだいいのではないか。そうも思う。
アニメ化される作品の原作者も、実際問題中々言える立場ではないのだろうし、そのような時間も無いのだろうが、アニメ制作陣との密接な協力の下アニメのクオリティコントロールを図るべきでは。


まあ、現状上手く行ってないという事はそうはいかないということなのだろうが、ともかくどうにか変化させなければドツボでジリ貧なのも現実。
今後のアニメ界はどうなるのか。
ゴールデンカムイという特大の爆弾がその未来を拓くだろうか。期待して注目したい。
スポンサーサイト

テーマ:読書 - ジャンル:サブカル

  1. 2017/08/03(木) 01:07:56|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ヤングジャンプ連載漫画「うらたろう」第44話感想 | ホーム | 缶入りの炭酸コーヒー。2017年第32回動画紹介・ジャンプ感想回>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/2488-d9f338a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)