ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

ヤングジャンプ連載漫画「うらたろう」第42話感想

やや絵で持たせてる感もあるが、火列車の迫力はすさまじい。
というか血、そんな簡単に漏れ出ないようにしとけって話だよな。ちょっとこぼれただけでこの大惨事よ。


というか線路はあるのね。盛大に脱線したが。
人食いの妖怪にもそれなりの生活がある。というか人間を食い殺そうとしていた妖怪たちが脱線したんじゃとかそういう心配をしだすあたりが何とも言えない。
機関室を見てくるじゃねーよ。あいつと共闘して止めるんじゃないだろうな。


富士山。霊地だがここでまたなんかイベントあるのかね?妖怪はいるが神はどうなんだ?

妖怪だろうが人間だろうが関係ない。無差別主義者というのはある意味では異常者なのかもしれない。
その思想を持つうらたろうはこの漫画をどういう方向に導くか。期待して注目。

スポンサーサイト

テーマ:読書 - ジャンル:サブカル

  1. 2017/07/21(金) 04:26:15|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<変愚蛮怒の町人ってロクでもない奴ばっかりだよな | ホーム | 90年代オカルト感が楽しい「ポケモンミステリーファイル」。ウルトラビースト関連の新情報ある?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/2480-a2eeb19e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)