ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

ヤングジャンプ連載漫画「うらたろう」第40話感想

センターカラー、しかし平六代はモノクロ。背景はピンクだが、BLEACHみたいな贅沢なカラーの使い方である。つーか今40回だがカラー何回貰ってるんだ。
また重版?ほんとかよ?売上とかあんま調べてないからわからんが売れてるのか?
え、っつーかまた次カラー?どういうアレなんだ。まあ中山先生のカラーは好きだが。


本編はちよに拒絶された六代が絶望して帰ってしまうのとうらたろうのよくわからん安堵の涙。
六代の方が強かった感じだが、また折を見て再登場?

死者に意思はあるのか。生き返らすことは正解なのか。そういう方面を書いた具合か。

もがりもなんだかんだで情はあるよな。ちょろい?
まあ感情を描くことこそ中山先生の本職か。しかしうらたろうも、最初からそうと言えばそうだが頼りない。


次回鎌倉着くかね?今度は誰と会うのやら。
天皇か教経に期待したいが。源氏くるかな?いうほど平家物語詳しくないけどマイナーなのくるかな。それとも妖怪?注目。
スポンサーサイト

テーマ:読書 - ジャンル:サブカル

  1. 2017/07/06(木) 22:41:55|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<天鏡のアルデミラン12巻、読んだので感想 | ホーム | 「ニワトリ 人類を変えた大いなる鳥」読んだので感想>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/2470-2b299bf3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)