ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

Wikipedia探訪「菊水作戦」

菊水作戦 - Wikipedia

まあちょっと前に紹介した沖縄戦のと被るけど。
あんま同じような話題ばっかするのもどうかなと思ったがちょうどいいネタも無し。政治に近いのも致し方なし。


菊水作戦ってのは沖縄戦に際して行われた特攻なんだけど、規模がヤバい。
そりゃ、沖縄戦は激戦だしそれをどうにかするためなんだから規模が凄いのは当然なんだが、それにしても、特別攻撃、死を前提とした爆弾体当たり攻撃でこれほど大量に動員されたという事実が驚き。

Wikipediaのページを上から読んでいくと菊水一号作戦、菊水二号作戦、菊水三号作戦と続いていき、おいおいこんなギリギリの作戦何回やるんだよって思いながら読み進めていくと、菊水五号作戦辺りで無言になり。菊水七号作戦辺りで本気で心配して、最後の菊水十号作戦では遠い目をする羽目になった。


で、特攻なんだけど、たまに特攻はほとんど効果が無かったとか言い出す人がいるけど効果はあったんだよね。そりゃ外道の作戦だけどコストパフォーマンスとかそういう方面から見れば当時の状況では数学的に優れた戦法である。
そらまあ最終的に負けたっちゃあそうだけどそれを言ったら何もかも無意味だし。
威力自体は通常の爆撃より良くないがなにより命中率が高く、低い技量、低性能の機体でも役に立つ、という具合である。

まあそんなこんなで米軍も苦労する訳である。沖縄戦は海も陸も地獄また地獄である。
色々対策練っても結局12%ほどは命中する。
複葉機の練習機赤とんぼが特攻に成功したこともある。まあアレは布と木のつばさで出来ててVT信管の類が作動しなかったりレーダーが察知しにくかったり、遅すぎて鳥と誤認したりとか色々あったが。



特攻。自殺攻撃。
それが行われている状況こそ地獄なのだろう。
それが効率的で、それが可能なほど士気が高く、それが可能なほど絶望的。

戦争、争いという行為の極みであり、それゆえ興奮に満ち溢れながら虚しいものである。
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2017/07/02(日) 05:23:35|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<無限の積読。2017年第28回動画紹介・ジャンプ感想回 | ホーム | ヤングジャンプ連載漫画「うらたろう」第39話感想>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/2467-5ce66988
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)