ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

Wikipedia探訪「沖縄戦」

沖縄戦 - Wikipedia

沖縄戦。沖縄での戦いという話だが、ただこう書く場合、第二次世界大戦の終末期であるところの日本とアメリカの戦いで、遂に沖縄へアメリカ軍が侵攻した時の戦いである。

概ね日本人は沖縄戦というと、沖縄住民の悲劇ばかり聞いていて、それはそれでまあ実際悲劇なのだが、日本軍が何もできずにボロクソに負けただけの戦いだと思ってしまうところがある。
かし最近公開した映画ハクソー・リッジは沖縄戦をアメリカ軍の衛生兵の立場で描いた映画で、そこでは日本軍の縦深防御戦術に大いに苦戦した様子が描かれている。まあ日本の配給では謎の配慮により宣伝に沖縄の「お」の字も使われていないが。


そういう話を2ちゃんねるで聞いたのでとりあえずWikipediaで調べてみたら中々凄まじい戦闘だったことがわかる。
ついでにその辺の戦場について書かれたもので有名な「ペリリュー・沖縄戦記」も読んだ。第二次大戦は日本ではタブー視されることも多いがやはり知らなくてはならない歴史の一部である。詳しく調べると興味深いことも多かった。
ああ、結局ハクソー・リッジはまだ見てない。


第二次世界大戦中の日本とアメリカとの戦い、太平洋戦争。よくどちらが悪いかとかいう話をしだす人もいるが、その因果は余りにも深く人間は余りにも愚かであり、遡っていけばいくほど様々な愚行や勘違いが見受けられる。私の結論としては当時の人間社会の限界でありそれを制御できる人物はいなかった、とでも言っておこう。西欧国家が首尾よく大航海時代を迎えられたからこそ現在のパワーバランスはあり、有色人種差別がある。銃、病原菌、鉄。

まあなんにせよ日本はアメリカに戦争を仕掛け、初めの方は順調に見えたが結局大方の予想通り敗戦を重ね占領した太平洋の島々は切り取られていく。

とは言えその中でアメリカ兵も大勢死んでいる。戦力比だけ見ると圧勝に見えるが最前線で戦う個人にとっては地獄の戦場には変わらない。

そういったギリギリの中で開発された戦術が、一つはカミカゼ、特別攻撃であり、もう一つは万歳突撃を捨てて地形を利用し何重にも守る縦深防御である。まあ縦深防御自体は昔からある戦法だが、それを洗練させたというか。

ペリリュー島ではじまった日本軍の縦深防御戦法は硫黄島に引き継がれ、最後に沖縄戦でアメリカ軍に牙をむく。
どの戦場でもアメリカ軍が想定した以上の被害をこうむり作戦に重大な遅延をもたらした。

アメリカ軍の戦史を見ると硫黄島や沖縄戦はむしろ敗北したように書かれているとか。
カミカゼによる艦隊への被害、縦深防御による兵士への被害により、日本本土、沖縄を超えての占領作戦の見通しは暗くなった。
であればこそアメリカ軍は原爆を使った、というのが話の流れになる訳だ。まあ最初から使うつもりで作ったと言えばその通りなのだろうが。一応ドイツ向けに作ってたわけだし

アメリカ人の肩を持つわけでもないが、それ故にソ連が日本の領土を北方領土付近までしかとることが出来ずに戦争が終わったというのも確かであり、本土決戦となればまさに壊滅的な被害が双方に与えられた訳ではある。しかし原爆、もうちょい使い方ってものがあったんじゃあとも思うんだけどね。当時の常識で考えなければわからんところか。

そんで日本が降伏した後、アジア各地の日本人残留兵が、あるいは非白人が白人を一時的にでも押しのけたという事実が現地の民族に独立を促した、というのもまた一つの流れ。

様々な戦術もそこから継承されていく。ベトナム戦争でのゲリラ戦術も、不愉快だが自爆テロの類もまたその子孫と言えよう。



私が何が言いたいのかというと、過去の、今から見れば些細な出来事であっても、違っていれば今の世界はまた大きく違っていた。であればこそ歴史から今を、未来を学ばねばならない。
故きを温ねて新しきを知る。知るべきことは余りにも多い。
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2017/06/26(月) 02:19:09|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<脅迫的な赦し。2017年第27回動画紹介・ジャンプ感想回 | ホーム | ヤングジャンプ連載漫画「うらたろう」第38話感想>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/2463-b897366f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)