ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

ゴルフ用語の一つ、「オーストリッチ」

ゴルフ - Wikipedia
アルバトロス - Wikipedia
コンドル (ゴルフ) - Wikipedia

トリビア的ゴルフ雑学 バーディー、イーグル、さてそれより良いのは? ゴルフ雑学百科

ゴルフ。まあ知らん奴もおらんだろうが、ボールをクラブで叩いてどれだけ少ない数でホール(カップ)に入れるかを競う球技である。
ゴルフでは基本的に1コースに18ホールありそれを回って総合的なスコアを競う訳だが、それぞれのホールに規定打数というものがある。
例えば4打でカップに入れることを想定しているホールをパー4という。ティーショットしてフェアウェイへ、フェアウェイからショットしてグリーンへ、グリーンからカップの近くまでパターで、そこからカップに入れて4打といった具合である。パー3のホールはティーショットでグリーンに入ることを想定されている訳である。

ホールごとに規定されている打数で入れることをパーという。
変なところに落して一打多くなるとボギーという事になる。黎明期はボギーが規定打数であったとか。器具も技術も稚拙だった時代もホールは変わらないことを考えるとあり得そうな事である。ボギーの語源は諸説ある。お化けとかなんとか。
やらかして2打多くなるとダブルボギー、愚行により3打多くなったりするとトリプルボギー…… ということになる。

逆に、規定打数よりも一打少ないとバーディーという事になる。
バーディとは小鳥全般を指す言葉で、鳥が飛んだようなショットを褒め称えた美称という具合である。
例えばパー3のホールならば、一打でグリーンに入り、もう一打でそのままカップに入ったようなそれがバーディとなる。まあプロならば珍しくもなくむしろ狙うべき目標ともいえる。ホールやコース、状況にもよるが。

規定打数よりも2打少ないとイーグル、ということになる。
イーグルとは鷲、ワシのこと。より大きな鳥らしい猛禽でバーディよりも優れていると示している。
例えばパー5のコースでティーショットで大きく飛ばし、フェアウェイからまた大きく飛ばして、グリーンに届かないまでも近くからアプローチショットでそのままチップインすればイーグルである。パー3のコースで一打で入れてしまえば、それはホールインワンという事になるがそれもまたイーグルである。
いつも簡単に狙えるものではないが、プロならば場合によっては意識することも少なくないだろう。

規定打数よりも3打少ない場合、これはアルバトロスである。ダブルイーグルとも。
アルバトロスとは和名で言うところのアホウドリ。渡り鳥であるアホウドリを超ロングショットに例えたか。単純に巨大な鳥だからか?ちなみに名付けたのは球聖ボビー・ジョーンズらしい。
規定打数よりも3打少なくする。これは生半な事ではない。パー4でのホールインワンは相当膂力のあるゴルファーでなくては難しく、パー5で2打というのもやはり至難である。どちらにせよ超長距離、何百ヤードも離れた場所からカップに入れなければならず、技術や腕力だけで入れれるものではない。幸運も必要不可欠だろう。

規定打数より4打少ないそれはコンドルと呼ばれる。ダブルアルバトロス、トリプルイーグルとも。
鳥のコンドルは巨大な猛禽であり、なるほどイーグル、アルバトロスの次としては相応しいか。特に翼の面積が広くこれで上昇気流を掴んで空高く飛ぶ。
規定打数よりも4打少ないということはパー5のホールでのホールインワンか、珍しいパー6、パー7のホールでの2打、3打ということになるが普通出るものではない。
実際、プロゴルフのトーナメント中に出たことはない。ホール自体が曲がりくねっていてショートカットし、更に最新の用具を用いて、その上様々な好条件に恵まれなければ出ない。Wikipediaには4例載っているが本当にそれだけなのかもしれない。

そして、規定打数よりも5打少ないということになると、普通のゴルフ用語辞典には載ってすらいないようだが、オーストリッチと言う事になるようだ。ヤフー知恵袋などを覗くとフェニックスだのという説もあるがあそこは信用に値しない。英語版Wikipediaにすら載って無かったが英語圏のサイトを探すといくつか記述もあったし恐らくこっちが正式なものなのであろう。正式もクソもあるのか知らんが。
法則から言えばダブルコンドル、トリプルアルバトロス、クアドラプルイーグルといったところになるのだろうか?
オーストリッチとはダチョウの事を指す。確かにでかい鳥類だが飛ばない鳥じゃないか、という向きもあろうがそれほどあり得ないものだ、という意味を込めているのだろうかとも推察できる。
そして実際出たことはないようだ。
規定打数より5打少ないという事は基本のパー5のホールまででは出すことは定義的に不可能。数少ないパー6以上の超ロングコースで、という事になるがそれすら現実的ではない。
それに2000年代からゴルフクラブの反発力に対する規制などが始まり、今後も出される可能性も減っていくだろう。

とは言え、そうした用語があるのはやはり面白い。
実際のゴルフのプレイ上存在する意味が無くても、創作作品でのインフレの末やら、やや非リアル寄りのビデオゲームのゴルフなどであるいは活躍の機会があるかもしれない。
もしくは、この記事のようにパーやバーディ、イーグルなどのゴルフ用語の解説のオチとして持ってきたり、という意味合いもある。最後がダチョウというのがやや間抜け感があってよい。
幽霊文字のように、意味の無いという事で意味を持つということもあるのだ。



ただ数字上規定打数より何個多い何個少ないというのをそれぞれ別個の用語にしてるのが興味深いところである。
学ぶのには余計に時間がかかるが、余計な知識こそがヒトの面白いと思うところではある。
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2017/05/19(金) 03:09:25|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「オッドマン11」一巻 読んだので感想 | ホーム | ヤングジャンプ連載漫画「うらたろう」第34話感想>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/2443-f7ccb6f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)