ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

Wikipedia探訪「ナイル川」

ナイル川 - Wikipedia

エジプトはナイルの賜物、とヘロトドス、古代ギリシャの歴史家は言った。
緩やかな氾濫を定期的に繰り返して肥沃な土壌をエジプトにもたらすからだ。
とはいえ現状は灌漑用の水路や水車の活用のためアスワンハイダムによってナイル川の反乱は制御されいる訳であるが。


ナイル川は世界最長の川とされる。古代からその源流を探ろうという試みはあったがそこには難所も多く1875年にイギリス人たちによってヴィクトリア湖が源流と確定された。とはいえヴィクトリア湖に流れ込む川は多く、真の源流探しは未だに行われているとかなんとか。
世界最長(6,650km)というのは源流から河口までの長さで、流域面積は2位のアマゾン川に負ける。
ちなみに3位は長江、4位はミシシッピ川で有名だが5位はシベリアのオビ川。あまり有名ではない。ロシアには長い川は結構あるのだがどうにも寒帯の川は知名度が低いものばかりである。仕方ない話ではあるが。


ナイル川の急流や滝を境目に文化は大きく変わる。自然が国や地域を分けている好例である。
アフリカの国境線というと緯度と経度でスゲー適当に引かれてる印象だが、アレは人為的なモノ。
ナイル川はアフリカの多くの国を横断している。なるほどエジプトは、アフリカの世界文明はナイル川の賜物、ナイル川が文明をはぐくみ、ナイル川を中心に世界が回っていたという訳だ。

歴史を見るに川や山など自然物から調べるのも面白いかもしれない。
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2017/05/15(月) 07:57:48|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<日々直面する虚無。2017年第21回動画紹介・ジャンプ感想回 | ホーム | ヤングジャンプ連載漫画「うらたろう」第33話感想>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/2439-240b3163
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)