ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

東方天空璋、チルノとエタニティラルバは知り合いだったのかどうか


Radical Discovery 天空璋 - 溶けない炎天下の氷精 日焼けしたチルノ


チルノとラルバの会話いいよね。テンションの高い馬鹿小学生同士の会話って感じで。
同じ妖精同士の会話でも三妖精辺りだともうちょい違うというか。クラウンピースは近いけどそれでも地獄の妖精なだけあってなんかまた違う。性格的に近しいものがあるのだろう。

で、その会話を見るとやや違和感というか疑問もある。
戦闘前、ラルバが「お、日焼けしたねぇ。」とか言ってる辺りチルノと旧知の仲のようにも思えるが、戦闘後ラルバは「負けたー。あんた、なかなかやるね!」とか言い出している。

日焼けした、というのが一般的な妖精にしては、という意味なら単純に小学生並みのノリで馴れ合ってただけともとれる。
あんた、という二人称は微妙な距離感。そしてチルノの強さについては知らなかった?

ラルバの他の自機に対する二人称は、文に対しては「そこの黒い人」、魔理沙には「貴方」。
霊夢のことは巫女として知っているようだ。

チルノの台詞に関してはやはりどちらとでも取れるのでやや難しいところ。同じ妖精だから、夏のテンションで気を許しているのか?


総合的に見ると、とりあえず顔ぐらいは知っている程度の仲ぐらいだろうか?
それ以上かもしれないが平時に戦闘などはしていない。
普通に妖精同士の交流があったのかもしれない。今後の三月精辺りに注目したい。

そういえばどちらも妖精なので異変により能力がブーストされている訳だが、妖精大戦争の差異は異変ブースとは掛かって無かったのだろうか?なるほど魔理沙が極悪に強く見える訳だ。



今回は軽めの記事で。もうちょいまともなまとめはその内。
スポンサーサイト

テーマ:東方 - ジャンル:サブカル

  1. 2017/05/11(木) 07:46:09|
  2. 東方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ヤングジャンプ連載漫画「うらたろう」第33話感想 | ホーム | 善人街。第20回動画紹介・ジャンプ感想回>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/2437-d4ce6a9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)