ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

Wikipedia探訪「大和」「倭」

大和 - Wikipedia
倭 - Wikipedia

ただ大和と書くと日本の古称、雅称、あるいは別名かなといった感じである。
大和国と書くと今でいう奈良県ということになる。戦国時代には松永久秀やらが争い合っていた辺りということになる。
しかし大和とは本来の意味は奈良盆地の東南地域の事を指す。
もっと言えば三輪山麓一帯の事らしい。ヤマト、諸説あるが山のふもとだとかそういう意味らしい。

何故ここまで拡大してしまったのかというと、そここそがヤマト王権の本拠地であり、その勢力が拡大していくに従って奈良盆地一帯、河内方面、近畿、畿内、日本全体がやまとと呼ばれるようになったわけだ。

元々紀元前~一世紀ぐらいから、中国の東側の海の民を倭人と称したらしく、そこから日本列島に住む人々を倭人と呼び、日本は倭国という事になった。千夜一夜物語などに出てくるワークワークという地名は倭国から来ているという。

倭という文字の由来も不明だが、ワという音であることは間違いない。上代日本語は母音が八つある訳だがア行に関しては変化はない。中国での発音はまた別だが。
で、問題はヤマト王権の勢力が拡大するに至って倭をやまとと訓じるというめんどくさいことをし始めた。まあ訓読みというのは元々の漢字の意味に日本語の読みを与えるものである訳ではあるが、まあめんどくさい話ではある。音読みは漢字、中国の読みという事になる訳だがそこからしてある時代のある地域の発音でしかなくそもそもそれもズレている疑いがあるので始末に負えない。

それで、飛鳥時代(これも無茶な訓読みである)にはヤマトは大倭とか書くようになる。そして遣隋使だの国際関係上の理由で国号を日本と変えたわけだが、もしかしたら日本と書いてヤマトと呼んでいた可能性すらある。ヤマトタケルとか日本武尊だもんね。

そんでもって更に後世、奈良時代になって大倭が大和に変えられた。好字だとかそういう話もあるが詳細は不明である。
そうなると和の字を以て日本という意味(和風とかね)が出てくる訳である。


万葉仮名による当て字で書くと、基本的には夜麻登となるらしい。万葉集などで使われるから万葉仮名と言われるが、万葉仮名で書かれた書物は八母音の上代日本語を保存しているため言語学的に重要なものがあるという。
他の書き方では山跡、野麻登、椰麽等、夜麻苔、山常、也麻等、夜末等、夜万登、八間跡などがあるという。



そして邪馬台国。中国側の当て字という事になる話だが、これをヤマトコクと読めば邪馬台国畿内説は有利になる。
九州の筑紫国山門郡という説もあるが発音がやや違う上にあの辺りは特別弥生時代の遺跡がある訳でもない。
邪馬台国の位置の論争はかなり泥沼なことになっていてどちらも決定打に欠ける状況であり、私も当然素人なのでどちらであると言い切ることはできないが、邪馬台国というヤマトに似た音を持つ国がそのままヤマト王権に繋がっていくという流れはわかりやすい気もする。
東遷説もあるけど神武天皇なら二倍歴説で考えてももうちょい前だよね。まああの辺の古事記、日本書紀の記述を鵜呑みにする訳にはいかないが。



言葉によって歴史を透かし見る。
人間の文化とは言葉と共にあるのだ。
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2017/04/23(日) 18:55:29|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<南部ソーラー狩り。2017年第19回動画紹介回 | ホーム | 東方Project 第16弾発表!「東方天空璋(とうほうてんくうしょう) ~ Hidden Star in Four Seasons.」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/2426-4436cb53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)