ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

週刊少年ジャンプ、2017年6連新連載雑感及び打ち切りサバイバルレース予想

週刊少年ジャンプ - Wikipedia

という訳で今世紀初ということの一改編期に6つ新連載という狂気がともかく終わった。
なのでそれぞれの作品の雑感と今後の打ち切りサバイバルレースについて簡単に考えていく。
長期連載が終わっていき、さらに最終局面にありそうな作品もまだ抱えている週刊少年ジャンプにおいてこれからのジャンプを担う存在の確立が急務であり、根気の新連載はそれを意識して考えるべきである。

ではスタート。

ぼくたちは勉強ができない
筒井大志
とりあえず3+1人での、同級生間での教師役と生徒役という立場でのラブコメ。そういう風に書いてみるとやや新しいというか面白い目線というか?
やや気にかかる描写もいくつかあるが魅力は色々出てきている。
とりあえずは生き残るだろうが、長期連載をするには今一歩足りない感?今後の展開で大きな動きが欲しいところか。


U19
木村勇治
ディストピアっぽい世界観での異能バトルということになるか。
色々ネットでの評判を漁るとまあボロクソに言われているのが目に付く。ともかく展開の遅さと設定面の納得しにくさなどが問題視されているか。
しかし案外、漫画読みでない人には受けるかもしれない、という感覚もある。大きな期待はできないが、まだ可能性は残しているか?


ポロの留学記
権平ひつじ
逆異世界モノコメディ。
作画面で週刊連載に対応しきれてないとの批判があったが最新16号ではまともになってるのでアシの用意が付いたか。
とはいえ、内容もあまりとびぬけた良さというのが感じられない。減点法ならまだしも加点法では今回一番厳しいか?


腹ペコのマリー
田村隆平
TSラブコメ。コメディが重心のラブコメ。
長期連載アニメ化経験者の作品だけあって非常に高い安定感。だがこの人の作品はアニメ化まではいってもそれ以上はなさそうな、受けは広そうだが役満にはなりえないような打ち筋、麻雀で言うと。
あらゆる安全策が講じられているが、中堅を追い越し看板作品となり得るにはもう一つの飛躍が必要だ。とりあえずは作者前作べるぜバブ越えが第一目標か。注目。


Dr.STONE
Boichi(作画)
稲垣理一郎(原作)
今回の台風の目か?アフターディザスターもの、文明の再建、壮大なSFだが、それだけにどういう風な作品になるのか見当もつかない。
非常に濃い濃いキャラ付けは、キャラクター戦略としては有効である。私の好みではないが。
瞳孔に注目したい。


ROBOT×LASERBEAM
藤巻忠俊
黒子のバスケの人のゴルフ漫画。
スポーツ漫画の第一話としては王道でありお約束でありお手本にできる。
キャラを絞ってキャラ付けをうまく濃淡漬ける作者のやり方は集団スポーツであるバスケよりもゴルフで発揮できるか?
今回もまた物理法則ギリギリを攻めるようで、キャラの扱いなんかも含め非常に私ごのみである。
第一話だけで多くを語るのも問題だが、あるいは黒子越えまですればジャンプを支える柱の一つとなり得るだろう。


とりあえずロボが第一注目で、その次が石、三番目がマリーで四番目が僕勉、あと二つは厳しいがU19の方が這い上がれる可能性はありそう、という風に予想しよう。



で、ジャンプ打ち切りサバイバルレース。そろそろ来期だが、近いところの前期新連載のナンバーワンやもうちょい前のネバーランドは結構好評のようなのである程度長い連載組が危ないか。

左門、斉木などはそろそろきつい?終わりそうな展開を挟んでいるが。銀魂は引き延ばしを食らってるのかな。
それ以上となるとゆらぎ荘やナンバーワンなどがヤバイ?U19とボロが突き抜けの可能性も出てくる。
案外終われそうな作品は多く、全てある程度長く続くこともあり得るか、


まだ結論を出すには早いがだからこそ想像の余地がある。
とりあえずロボが一押しだが他も含め色々状況を俯瞰していきたい。
スポンサーサイト
  1. 2017/03/21(火) 04:00:01|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<2017年春アニメのPV集動画を見て行く | ホーム | 不徹底な虚無主義。2017年第12回動画紹介・ジャンプ感想回>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/2406-8b82a962
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)