ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

国の借金、国の敗訴。2017年第9回動画紹介・ジャンプ感想回

国っつーか政府の、だよね。
まあ政治はやらないけど言葉で欺瞞されてるような気がしたので。
国=政府ってーのは絶対違うしな。国家=政府となるとすでにディストピアSFになってきてる兆候だがまああり得なくはなくなってくる。

ジャンプ感想は動画紹介の後で。



麻雀という文化は賭博と不可分でありイカサマは大きな位置を占める。
とはいってもここまで露骨にするとまあギャグである。
そもそも全自動卓でイカサマもなかなかねえ。とはいえいくつか興味深いテクニカルな技も。
麻雀な。常々ルールを世界統一できんものかと考えるのだが、日米中でルール違い過ぎるのよね。ヨーロッパとかでは廃れてるからその辺から広げる?今のルールはどれもナンセンスな点が多くてな。賭博要素を引きずりすぎというか。



手描きPV。こういう簡潔にして独特な絵柄好き。
紺珠伝は序盤から飛ばしてきてていいよね。設定的には清蘭他の作品で言うところの3ボス4ボスレベルなんじゃない?


これもう最高だよね。大博打を外した時の喪失感。ジュリエッタの蛇腹剣があたって微妙に軌道がずれてしまうという。ちょっとのことで運命は大きく変わる。
ツイッターでも書いたけど、戦争はロマンもあれど無意味な死もまた重要な要素。
ダインスレイブ連射なんかも戦争の無慈悲さ、無味乾燥なところ、身も蓋もない効率、それらを表現しつくしていた。
世界の不条理の中で孤児たちの集団、鉄華団はどう生きるのか。それがこの作品のテーマだということだろう。


こんなところで。わりかしジャンルは広め?そんなでもないか。
そういえばメイドインアビス更新してたね。第6層はもうなんというかやばすぎだが、まずは先駆者に出会い学ぶ?それとも?

2017年度週刊少年ジャンプ13号感想
腹ペコのマリー
新連載。べるぜバブの田村先生。いや流石というほかない。天才である。
いや、何も漫画としての出来が素晴らしいから天才という訳ではない。そりゃ長期連載経験者として、第一話の掴みは上々以上の出来であったが、田村先生の天才性はそういうところではない。
1.今の週刊少年ジャンプ新連載組はラブコメ蠱毒状態。長期連載経験者として勝てると見てラブコメというジャンルで挑んだ。
2.前にやってた読切でTS(トランスセクシャル。性転換。)要素がいけるとみてぶっこんだ。
3.万一失敗したときに備えて不良もの路線、カンフーもの路線、宗教もの路線などに逃げれる道をしっかり描いておく。
4.キャラデザの労力を嫌って手塚先生張りのスターシステム、というか使いまわし。
5.前作と同じぐらいの世界観で前作キャラを出せる余地もあり。
漫画家として食っていくという決意がみなぎるほどに感じられる。特に3番。べるぜバブでは展開に人気がないとなると色々無視して一話で終わらせるという損切の早さが有名であったが今回は先に仕込んでおく入念振り。これは大人気になるかどうかは別として長く続く。
やはり天才か。設定はややらんまっぽいが。田村先生サンデー派なんだっけ。
そういう面を除いてもよく出来ている。気合の入ったマリーinタイガの絵なんかはかなりいいし、俗物的な宗教家というのも面白いところ。道教の寺に黒魔術とかやる教会というのも。異端どころじゃねえだろ黒魔術は。
ギャグも軽快で面白い。生贄は共犯者ではなく被害者だろう。
そして感心したのは告白後に落雷による記憶喪失で、相手が好きなのを知っているというあまりない関係を出してきたというところ。
そのあとTSして恐らくマリーの人格も生きてそうだし(タイガの体は?)、色々描けそうだ。やはり上手い。
次週以降も注目である。
後こまいことだけど普通落雷なら教会の尖塔に落ちるよね。まあ超自然的落雷なら知らんが。

僕のヒーローアカデミア
今週のジャンプ下書き多いね。編集か印刷か運送でなんかあったんかね。まあこの程度なら私はいうほど気にしないが。
サーを少しは驚かせたがまだ認められたというにはほど遠い。ここでミリオとデクの違い、デクのヒーローたる所以を明確にし、さらにシガラキのライバル性を明確にしつつ成長を描くといったところか?
ミリオは少し賢すぎるところがあるよね。その辺?
で、ヤクザ。人身売買でもしてるの?幼女を?なるほどヤクザだ。まあ実際娘かなんか知らんが。
とりあえずヴィランのターンも近いし注目。

ボルト
おお、ここから新展開?小説とか映画でやってたところだもんね。
ボルトに白眼の血が混じっていること。これが重要と。ナルト本編で白眼、ほとんど重視されなかったもんねえ。設定的に重要そうなところにあるのに。
白眼は遠視透視360度視覚だけではなく運命を見通すみたいな真似も本来できると。なるほど写輪眼よりよっぽど目っぽい能力。
何にせよこれからに期待。

ボロ
幾らなんでも風紀委員に生徒の退学の権限まで与えるのは無茶苦茶だぞ。30秒とか言うのも病的だし。
そら殴られるわとしか言いようがない。

左門
良妻である。
べるぜバブの作者の新連載に合わせてベルゼブブと。糞山の王だから部下がクソ揃いと。

鬼滅
修行回がうまい作者である。
で、刀。刀を折ったら一時間包丁持って追い回される。キレすぎである。
伊之助はそりゃキレられる。
善逸とねづこ。これは恋のなれそめ的なそれでいいのか?箱に向かって話しかける辺りはなんというかやや狂気めいているが。
鬼サイド。琵琶の鬼の人、鼓鬼と同質の血鬼術?部屋単位ではないからやや違うのか。上弦の十二鬼月の一人?
下弦の鬼は壱以外汗をかいていて小物臭もするが、全員累以上(下陸以外)なんだろ?つーか累も能力分けてたからアレな訳で。
自分で平伏しろとか言ったり無茶苦茶な責任を押し付けてきたり読心術の最悪な使い方してみたりとキブツジ流が炸裂している。
これ下陸の人、鬼殺隊と戦うまでもなくここで殺されるのでは?もう下伍倒したしねえ。いても物語上あんまり意味ないしここは死ぬと予想。
上弦は百歳以上か。それこそ物語の鬼共というところか。
いつも面白いが新展開も面白くなりそうだ。期待。

ナンバーワン
零一の顔が崩れまくってて笑える。
そらこんなリア充野郎がいればみんな狂気に落ちざるを得ないか。
数値に三浦春馬は完全にバグってるだろ。

斉木
これほど善行をし過ぎるのもまたどうなんだ。

磯部
一つだけ関係のない呪いの人形というクソさ好き。


こんなところか。今回は新連載が秀逸であった。鬼滅も良かったしナンバーワンにボルトも楽しめた。
総合評価は上の中としておこう。

キン肉マン。なるほど悪魔将軍が他の始祖の突出した点を取り入れて対抗と?まだまだ戦いは始まったばかりか。
スポンサーサイト

テーマ:ニコニコ動画 - ジャンル:サブカル

  1. 2017/02/28(火) 14:38:23|
  2. ニコニコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<東方外來韋編 参 読みながら感想書く | ホーム | 「機動戦士ガンダム THE ORIGIN MSD ククルス・ドアンの島」第一巻感想>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/2393-68a78a74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)