ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

インターネット探訪「チェスにおけるコンピュータ不正行為の歴史」

チェスにおけるコンピュータ不正行為の歴史


将棋でもコンピューター将棋疑惑が持ち上がったりしてたがコンピューターが上回ったのはチェスが先。当然不正も多くあると。
しかし大量にあるんだなこんなの。これ、氷山の一角できっとばれてないのも多いんでしょ?なるほど将棋も対策が必要になってくるわけだ。

ヘッドフォンやらトイレでスマホやら。それで得られる利益が大きすぎるが故の障害と。
対策をしても破られる。あんま対策し過ぎてもこんどは試合に影響しそうだもんねえ。対局ごとにCTスキャンしてトイレも監視とかなっていく?CTスキャンもあれ被曝量けっこうしな。まあX線でいいか。それも大変だが。



コンピューターが人間を抜いた時、人間はいかに生きるべきか。それを常に考えなければいけない時期に来たという事。
もはやゲームだけではない。株取引なんかも超短期だとコンピューターが電子の速度でやってるしねえ。
つくづくディープブルーの勝利は特異点であったと感ずる。
スポンサーサイト

テーマ:ゲーム - ジャンル:サブカル

  1. 2017/02/17(金) 05:29:48|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<第18回MMD杯、個人的表彰をする。 | ホーム | 東方茨歌仙 第三十八話 聖地としての神社 感想・考察・その他の確認等>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/2387-bd5b3523
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)