ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

けものフレンズというアニメ

けものフレンズ ニコニコ大百科

ネタバレは常に注意。基本的に見てない人向けに書く割に容赦なくネタバレはしていくつもりなので。
ネタバレ大丈夫な人向け?



けものフレンズ。元々はソーシャルゲームで擬人化(擬少女化)された動物を集めたりする系のゲームである。いやあった。
サービスは2016年12月14日を以て終了している。
問題は、アニメの放送が2017年の1月から始まることが既に決まっていたという事である。
まさかの、原作が終わってからアニメが始まるパターンである。そういえば武装錬金も似たようなアレだったか。

まあそんなこんなな状況で、そもそもからして私はソシャゲに強い偏見を抱いているので、これは死産かなと思っていたのだが、放送開始からしばらくするうちにあちこちでけものフレンズの話を聞くようになった。
という訳で、視聴してみた。最新の4話まで。


なるほどあちこちで騒がれる理由もわかった?そして興味深い点も多い。

まず目を引くのは、間の抜けたというか緊張感のない「フレンズ」達の話し方。

割かし新人の声優なんかも多く使っているようだが(声優はほとんどわからないのでよくわからない)、それ以上に動物的な純朴さを強調するためにそうしている、という感が強い。
見ていると知能指数が低下するとかなんとか言われているが、まさに美少女動物園ともいえる訳だ。まあ動物園じゃなくてサファリパークだが。そういえば地味に出てくる動物の動物としての解説は動物園っぽい感じだし実際動物園の飼育員に聞いているようだが。
なるほどこういう要素は変にこましゃくれたアニメよりも、現実につかれた視聴者にとって癒されると言えよう。


そして大きく興味を惹かれるのは世界観。

主人公、「かばん」は、周囲にいる擬人化された動物たちと違って明らかに、完全な意味で人間であるように描写されている。周囲のフレンズは気づかないが人間である。
記憶喪失でサバンナにいるが、人間特有の特徴としての超長距離での持久力、投擲、そして知性。それらが強力に描写されている。
他のフレンズは、人間の姿をして人語を喋って、コミュニケーションが出来ても、少なくとも知的ではない。例外的なのもいるにはいるが、やはり人間の方が賢いように描写が為される。
そして、案内ロボットと思われるラッキービーストは人間である「かばん」としか喋ろうとしない。

壊れた橋にバス、溶岩で覆われたアトラクションの出入り口、フレンズたちが漏らす種々の情報、更にEDなどを合わせて考えると、けものフレンズの世界は人間たちが(ほぼ)絶滅した世界の巨大サファリパークの廃墟である、ということがわかる。

やたらと明るいフレンズたちばかりいる中でこういう暗い要素を持ち込む。このギャップもまた魅力であろう。
元のソーシャルゲームのサービスが終了してからアニメが始まったため、サービス終了後の世界だとかいう言もある。流石にそれは邪推であるにせよ面白くはある。


最後に私が強調したい点として、動物たちの世界の人間という存在を扱う、という点。

人間もまた動物である。しかし獣というと明らかに違う。人間はその高度な知能で瞬く間に地球環境を席巻したほとんど例外的な生物であり、あまりにも特殊である。まあ言うまでもない話。

創作作品には動物の村的な、人語を話す動物の世界を扱ったような作品はたまにある。で、その中における人間とはどういう存在なのか。たまにそういうテーマが取り入れられる作品もある。
動物の中に人間がいない作品は結構多いが、いる作品でもそういう疑問を無視して物事が進む場合もある。動物の中の一種としての人間という提起である。そういう場合大抵主人公が人間というパターンが多いか。ハトよめなんかだと完全に特殊性の無い立ち位置でスーツを着た人間がサブキャラクターとして出てたが。

そして人間が特別扱いされる場合。それはその世界観設定を大きく穿ち見つめ、また製作者の人間観、人間とは何かというテーマが内包されている場合がある
施川ユウキ先生の漫画作品の森のテグーでは、まあ主人公格のチポは人間の少女なわけだが、人間大の猫テグーが二足歩行をして人間のような生活をしている中で急に四足歩行の、その辺にいそうな猫が唐突に出てくる。
テグーはこれを劣った猫と言い出す。チポは怯えながら劣った人間はいるのかと言葉を返す。テグーは人間は人間ですよと言い、チポは安堵する。その話はそこで終わりでそれ以上出てこないが、かなり心に残っている。

非現実的な要素の含まれたフィクションは、そういった要素を以て現実の事象をより色濃く描写する、というやり方がある。
アニメけものフレンズの主人公をただ一人の人間としたのはそういう目論見があってのことだろう。そしてそれは機能している。



我々は人間である。では人間とは何か。人間性とは何なのか。人間の人間たる所以は何か。…… 人間の行き着く先はどこなのか。
アニメけものフレンズは、一見お気楽なアニメで実際そうであるのだが、それでいて究極的なテーマにも挑んでいる。
複層的な魅力が人気の秘訣なのかもしれない。間口は広く奥は深く?今後の放送にも注目したい。
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2017/02/05(日) 07:10:13|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<わからないこと。2017年第6回動画紹介・ジャンプ感想回 | ホーム | ヤングジャンプ連載漫画「うらたろう」第22話感想>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/2380-39385726
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)