ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

週刊少年ジャンプ。大改編時代到来。打ち切りサバイバルレースを考える。

週刊少年ジャンプ - Wikipedia

さて、2017年1月30日発売の週刊少年ジャンプ9号にて驚くべき発表が為された。
新連載6本の投入である。6本である。
まあ、現在は読切枠が2本ぐらいあり連載枠が若干空いているものの、それでも3~4作品は打ち切りになる計算である。

なるほど、2015年にナルト、2016年に暗殺教室、ニセコイ、BLEACH、こち亀と長期連載が完結していった結果かなり連載陣が薄くなっているこの現状を打破しようという策な訳だ。まあナルトは月刊でボルトやってるが。
連載開始時期で言えばワンピの次は、休載が常態化しているハンタを除けば銀魂が来てその次がなんと2012年開始のハイキューである。
現連載陣に力がない中新しい血を入れることでジャンプを新生させようという手管であろう。


という訳でその新連載陣。
10号:ぼくたちは勉強ができない (筒井大志)
まあラブコメのようである。
作者はそれなりに色々連載経験があるようだがどれも寡聞にして知らない。ジャンプ+でニセコイのスピンオフみたいなのを書いていたようだが。

11号:U19 (木村勇治)
ジュブナイル活劇とのこと。
作者は前にジャンプで読切を書いていたがまあ新人のようだ。

12号:ポロの留学記 (権平ひつじ)
よくわからんがファンタジー含みコメディ?
作者は金未来杯グランプリ受賞組。

13号:腹ペコのマリー (田村隆平)
バトルラブコメ、とのこと。
作者の田村先生はべるぜバブの人。前にやってた読切はだいぶ良かったが。

14号:Dr.STONE (原作:稲垣理一郎、作画:Boichi)
SF冒険譚、とのことだが。
原作者はアイシールド21の人。作画の人はアレか。サンケンロックの人か。

16号:ROBOT × LASERBEAM (藤巻忠俊)
ゴルフを題材にするようだ。
大トリは黒子のバスケの藤巻先生。前にアーチャー主役のファンタジー読切なんぞ描いてたっけ。


最初三人は概ね新人(筒井先生はまあ違うが、ジャンプ本誌で実績はない)、あとの三人はジャンプで人気作品を産み出したベテラン勢という構成になっている。
べるぜバブと黒子は2014年終了組。アイシールドは2009年か。
基本的にはジャンプは新人発掘を優先しがちだがそうも言ってられない状況である、ということかもしれない。単純にそろそろ新連載の時期というだけかもしれないが。

作品のバランスを見るとラブコメ2、バトルが2?、コメディ1、スポーツ1、といったところか。純粋なギャグ漫画はなさそうでラブコメが多いという感じ。

これらが入ると、やはり連載終了、打ち切りになる作品が出る訳である。
この改編期で完結、及び打ち切りの可能性がある作品をリストアップしてみよう。そういえばワールドトリガーも休載組なんだよね。
銀魂
そろそろ完結といって何年目か。まあちょっと区切り悪いし新連載陣が全滅すればこの辺りを切ってしまうと取り返しがつかないので可能性は低い。

斉木楠雄のΨ難
アニメは好評だったようだがギャグ枠というのはいつでも打ち切りやすいものだ。
とはいえ新連載陣にギャグ枠がある訳でもなし、そこまで気にする必要もなかろう。

食戟のソーマ
展開的に終われそうな展開にはなってきている。人気も衰え始めてきたしなくはないか?アニメ化済み。
とは言え他にも切りやすいところはある。そろそろ終わるにしてもまだ時間的余裕はありそう。

磯部磯兵衛物語〜浮世はつらいよ〜
ギャグ枠はいつ終わるかわからん。
まあ巻末枠でよくわからんが斉木よりちょっと人気が高そうだしこれもまた薄いか。

火ノ丸相撲
それなりに高い人気を維持している。今終わるとなるとやや消化不良だが無理ではない。
スポーツ枠に強力なベテランが加わるのでむしろさらに先の改編期が不安か。

背すじをピン!と〜鹿高競技ダンス部へようこそ〜
これはそろそろ完結すると見て間違いない。
確定枠と見て良かろう。

左門くんはサモナー
人気は不安定である。
ギャグ枠、ラブコメ枠、コメディ枠とまたがっているがだからこそ切られる可能性も?

ゆらぎ荘の幽奈さん
エロラブコメ枠。
ソーマがあんまりエロやらなくなってからエロ枠で考えると必要だが、ラブコメ2個も入るとなると。人気も高いというほどではない。

鬼滅の刃
バトルもの。最近人気が出始めた。巻頭にもなった。
まあここで打ち切りはないか?とはいえブラクロなんかほど圧倒的な人気は得ていない。

約束のネバーランド
なんか妙な作品だがミステリってことでいいのか?
ジャンプらしくない作品だが人気は高い。打ち切り可能性は低かろう。

歪のアマルガム
前々期新連載組。一番危ない時期に一番危ない位置にいる。展開もいつでも終われそうに思える。
はっきり言って厳しいか。

青春兵器ナンバーワン
まあギャグ枠と見ていいだろう。
結構面白いのだが、大きな人気を得ているとはいえない。割と厳しいか?

デモンズプラン
オレゴラッソ
この二つは前回新連載組であり、基本突き抜け、単行本一巻分で終わりというのは多くはないが、無い話ではない。
両方ともさほど大きな話題を残せている訳ではない。とはいえ酷い悪評があるというほどでもないので可能性は少ないか?


さて、4個終わるとして予想するならば、
背すじをピン!と〜鹿高競技ダンス部へようこそ〜
歪のアマルガム
青春兵器ナンバーワン
ゆらぎ荘の幽奈さん

上の方ほど自信がある。3終了ならゆらぎ荘はセーフと見る。
前々期新連載組が全滅というのはよくある話すぎるが手堅い予想だろう。
他に危ないのは左門などか?左門は私の好みなのだが最近のシリアス展開がうまくなかった気もする。
他で言うと斉木とかソーマとか、相撲ぐらいだが可能性は低い。


沢山入るとはいえそこまで現連載陣には影響がないか?
とは言えどこまで生き残るか。ベテラン勢とは言え毎回成功するとは限るまい。6個やってすべて外れという可能性もなくはない。とはいえ撃たなければジリ貧という事だろう。

今後も少年ジャンプには注目である。
スポンサーサイト

テーマ:読書 - ジャンル:サブカル

  1. 2017/01/30(月) 02:45:37|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<真面目に不真面目、不真面目に真面目。2017年第5回動画紹介、ジャンプ感想回 | ホーム | クソゲーオブザイヤー2016、据置、携帯両方の話題作を見る>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/2375-13960957
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)