ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

クソゲーオブザイヤー2016、据置、携帯両方の話題作を見る

据置KOTYwiki2016次点
携帯KOTYwiki2016次点


年で最もクソなゲームを決める2ちゃんねるのネタ企画クソゲーオブザイヤー。略称KOTY。
投票では無く総評を以て対象を決めることが特徴である。ちなみに投票と総評で韻を踏んでいる訳では無い。
年度では無く年ということにしているのでKOTY2016の総評選考は2017年に行われる。地味にややこしいがシステマチックではある。


で、まあ候補作が色々上がっているのでちょっと見ていこう。
まずは据置版から。
4/8【PS3】RAMBO THE VIDEO GAME(Teyon Japan)
KOTYでも常連となったヘビーファイアシリーズのTeyonの新作レールシューティング。
グラフィックはましになってるが相変わらず隠れても撃たれる。今回は遮蔽物が壊れたりもする。

11/22【PS4】TORO -牛との戦い-(Recotechnology S.L.)  
闘牛ゲーム。操作感が悪く、やることは作業。
闘牛ゲームという切り口自体は新しく、闘牛についての解説は詳細でわかりやすい。日本語非対応のため英語かスペイン語だが。

審議中だが
12/15【PS4】古き良き時代の冒険譚(有限会社だいだい)
SRPG。シンプルで誰にでも楽しめるように作ったとのことだが、単純すぎて誰をもげんなりさせるものに。
古き良さも無ければ冒険でもない。


携帯版は、
2/5【PSVITA】Wizardry 囚われし亡霊の街(アクワイア)  
KOTY2011でギリギリまで大賞を競った作品の移植。問題点は特に解決されていないようだ。

それにまだwikiにページが出来てないが、
12/22【PSVITA】「太平洋の嵐~皇国の興廃ここにあり、1942戦艦大和反攻の號砲~」(システムソフト・アルファー)
も話題になってる。リンクは公式ページだがいきなりデカい音が流れるアレな仕様なので注意。
相変わらずのシステムソフトアルファーらしいゲームのようだ。年末に発売するもんだからこれの検証でKOTY据置の総評が出来るのがだいぶ遅れると思われる。

ちなみに古き良き時代の冒険譚はPSVITAでも出てる、所謂縦マルチだが、圧倒的な面子の前に選外、論外となっている。



まあ、据置は全体的にレベルは低く、携帯版は移植やらいつものやらで「クオリティ」自体は高いものの新鮮さは無い。
全体的には低調の感が否めない。

クソゲーがなくなることは良いことだが、クソゲーも出せないような状況はより問題なのかもしれない。そしてクソゲーが無ければKOTYスレは機能しない。
ゲーム業界の変革の波がこの辺りで分かるという物かもしれぬ。
とはいえここからどうなるか。結局KOTYは総評次第。面白い総評が出来上がれば万々歳である。

クソゲー。何でもかんでもクソゲー扱いするのはゲーム業界を蝕む悪ではある。
しかし、出来の悪い作品を出来が悪いと評価するのもゲームの価値を守るためにまた必要である。
なにかしら評論する際にはいつもバランス感覚が必要であるという事。

KOTY総評決定はいつになるか。注目である。
スポンサーサイト

テーマ:ゲーム - ジャンル:サブカル

  1. 2017/01/29(日) 18:48:15|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<週刊少年ジャンプ。大改編時代到来。打ち切りサバイバルレースを考える。 | ホーム | 東方三月精第4部第五話感想。ネタバレあり。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/2374-c31b36a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)