ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

第13回東方project人気投票 キャラの人気上下要因を年表から考える

bnr468_60_20170107040609aa0.png
トップページ - 第13回 東方Project 人気投票

第13回東方project人気投票 ブログ内ハブ記事

東方wiki 東方年表

という訳で去年何があったかでキャラの票数も変わるのではないか、そういう考えをもって年表でも見ていきたい。

引用
2016/01/22「2軒目から始まるラジオ」第66回
2016/01/26連載「東方鈴奈庵 ~ Forbidden Scrollery.」第36話(コンプエース3月号)
2016/01/26連載「東方三月精 ~ Visionary Fairies in Shrine.」第1話(コンプエース3月号)
2016/01/26連載「博麗神主のゲームが先かお酒が先か」第74回(コンプエース3月号)
2016/01/27書籍単行本「東方茨歌仙 ~ Wild and Horned Hermit.」6巻(一迅社)
2016/02/17連載「東方茨歌仙 ~ Wild and Horned Hermit.」第32話(Febri Vol.33)
2016/02/26連載「東方鈴奈庵 ~ Forbidden Scrollery.」第37話(コンプエース4月号)
2016/02/26連載「博麗神主のゲームが先かお酒が先か」第75回(コンプエース4月号)
2016/02/26「2軒目から始まるラジオ」第67回
2016/03/22「2軒目から始まるラジオ」第68回
2016/03/26連載「東方鈴奈庵 ~ Forbidden Scrollery.」第38話(コンプエース5月号)
2016/03/26連載「博麗神主のゲームが先かお酒が先か」第76回(コンプエース5月号)
2016/04/09連載「東方茨歌仙 ~ Wild and Horned Hermit.」第33話(Febri Vol.34)
2016/04/26書籍単行本「東方鈴奈庵 ~ Forbidden Scrollery.」5巻(KADOKAWA)
2016/04/26連載「東方鈴奈庵 ~ Forbidden Scrollery.」第39話(コンプエース6月号)
2016/04/26連載「東方三月精 ~ Visionary Fairies in Shrine.」第2話(コンプエース6月号)
2016/04/26連載「博麗神主のゲームが先かお酒が先か」第77回(コンプエース6月号)
2016/04/29「2軒目から始まるラジオ」第69回
2016/05/08イベント第13回博麗神社例大祭(5000スペース募集)
2016/05/08音楽「燕石博物誌 ~ Dr.Latency's Freak Report.」頒布(第13回博麗神社例大祭)*59
2016/05/26連載「東方鈴奈庵 ~ Forbidden Scrollery.」第40話(コンプエース7月号)
2016/05/26連載「博麗神主のゲームが先かお酒が先か」第78回(コンプエース7月号)
2016/05/31「2軒目から始まるラジオ」第70回
2016/06/17連載「東方茨歌仙 ~ Wild and Horned Hermit.」第34話(Febri Vol.35)
2016/06/25連載「東方鈴奈庵 ~ Forbidden Scrollery.」第41話(コンプエース8月号)
2016/06/25連載「博麗神主のゲームが先かお酒が先か」第79回(コンプエース8月号)
2016/06/28「2軒目から始まるラジオ」第71回
2016/06/30書籍公式マガジン「東方外來韋編 Strange Creators of Outer World. 弐」(KADOKAWA、アスキー・メディアワークス)
2016/07/01-04「Anime Expo 2016」にZUN氏ゲスト参加
2016/07/14「コミケPlus Vol.6」が東方Project20周年記念号として発行。ZUN氏インタビューも掲載
2016/07/26連載「東方鈴奈庵 ~ Forbidden Scrollery.」第42話(コンプエース9月号)
2016/07/26連載「東方三月精 ~ Visionary Fairies in Shrine.」第3話(コンプエース9月号)
2016/07/26連載「博麗神主のゲームが先かお酒が先か」第80回(コンプエース9月号)
2016/07/26「2軒目から始まるラジオ」第71回
2016/07/29ドキュメンタリー作品「Branching Paths」にZUN氏出演(該当ページ)
2016/08/10連載「東方茨歌仙 ~ Wild and Horned Hermit.」第35話(Febri Vol.36)
2016/08/12-14イベントコミックマーケット90(ジャンル「東方Project」2日目)
2016/08/13音楽「旧約酒場 ~ Dateless Bar "Old Adam".」頒布(コミックマーケット90)*60
2016/08/25LINE STOREにて東方Projectキャラスタンプが販売開始(該当ページ)
2016/08/26連載「東方鈴奈庵 ~ Forbidden Scrollery.」第43話(コンプエース10月号)
2016/08/26連載「博麗神主のゲームが先かお酒が先か」第81回(コンプエース10月号)
2016/08/29「2軒目から始まるラジオ」第72回
2016/09/26連載「東方鈴奈庵 ~ Forbidden Scrollery.」第44話(コンプエース11月号)
2016/09/26連載「博麗神主のゲームが先かお酒が先か」第82回(コンプエース11月号)
2016/09/28「2軒目から始まるラジオ」第73回
2016/10/09イベント東方紅楼夢12(2500スペース募集)
2016/10/17連載「東方茨歌仙 ~ Wild and Horned Hermit.」第36話(Febri Vol.38)
2016/10/26連載「東方鈴奈庵 ~ Forbidden Scrollery.」第45話(コンプエース12月号)
2016/10/26連載「東方三月精 ~ Visionary Fairies in Shrine.」第4話(コンプエース12月号)
2016/10/26連載「博麗神主のゲームが先かお酒が先か」第83回(コンプエース12月号)
2016/10/31「2軒目から始まるラジオ」第74回
2016/11/17週刊ファミ通2016年12月1日号に「勇者ヤマダくん」コラボについてのZUN氏と木村祥朗氏との対談記事掲載
2016/11/23イベント東方吹奏樂団 第五回定期演奏会
2016/11/26連載「博麗神主のゲームが先かお酒が先か」第84回(コンプエース1月号)
2016/11/29「2軒目から始まるラジオ」第75回
2016/12/08ゲームPS4版「東方深秘録 ~ Urban Legend in Limbo.」
2016/12/08HORIより「東方深秘録対応リアルアーケードPro.霊夢Ver./魔理沙Ver.」発売(公式ページ)
2016/12/08電撃PS Vol.628に東方Projectの特集記事掲載(紹介ページ)
2016/12/10連載「東方茨歌仙 ~ Wild and Horned Hermit.」第37話(Febri Vol.39)
2016/12/10書籍単行本「東方鈴奈庵 ~ Forbidden Scrollery.」6巻特装版(KADOKAWA)
2016/12/23イベント「2軒目から始まるラジオVR 2016年がもうすぐ終わります」
2016/12/26連載「東方鈴奈庵 ~ Forbidden Scrollery.」第46話(コンプエース2月号)
2016/12/26連載「博麗神主のゲームが先かお酒が先か」第85回(コンプエース2月号)
2016/12/26書籍単行本「東方鈴奈庵 ~ Forbidden Scrollery.」6巻通常版(KADOKAWA)
2016/12/27書籍単行本「東方茨歌仙 ~ Wild and Horned Hermit.」7巻(一迅社)
2016/12/29-31イベントコミックマーケット91(ジャンル「東方Project」1日目)

原作STG新作こそ出なかったものの色々あったものである。

まずは三月精について。クラウンピースが主役級で、三妖精自身も活躍。そしてまさかのヘカーティア。この辺りは人気上昇の芽があるだろう。チルノもゲストとして出たがまあ変わら無さそう。

鈴奈庵。小鈴辺りは界隈での状況を総合的に判断するに、さらに上昇しそうな感があるんだよね。まあ平常運転といえばそうだが。
他はまあ色々出てるが、妖夢が百物語回で可愛かったとか?そりゃ新出モブキャラはいるんだが。

茨歌仙は、やはり紫だろうか?鈴奈庵にも出てきてたし?マミゾウも頻出キャラだよね。そういや部下の狸たちもいたな。元が低いし結構上がるかな。
そして単行本で収録された回のだがてゐも忘れてはいけない。結構ゲストの中では印象深かった。

秘封倶楽部も2個出たし上がるかなぁ。下がることはない?

外來韋編というとクロスレビューの点数で美咲カップリングが結構沸いてたよね。パートナー投票で割と高いところにきそう。外來韋編2は割と紅妖永に偏ってたしそっちに注目が良く?

後はPS4版深秘録、鈴仙。まあ今でも高いがどこまで伸ばすか?どこまで影響があったかというか?紺珠伝で自機だったし割と自機組に食い込んできた印象。




まあ二次まで考慮しだすとどこまでも書かなければならないのでこの辺りで。
何もなかったキャラが下がるという訳でもないんだよねえ。とはいえこういう状況は把握しておきたいところ。
注目株は紫と鈴仙、クラウンピースにヘカーティア。個人的に小鈴とてゐ、そしてモブ狸なんかも見ておきたいか。
何にせよ注目である。
スポンサーサイト

テーマ:東方 - ジャンル:サブカル

  1. 2017/01/12(木) 06:58:26|
  2. 東方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<ヤングジャンプ連載漫画「うらたろう」第19話感想 | ホーム | 第13回東方project人気投票 ブログ内ハブ記事>>

コメント

三月精はクラウンピースが大幅に上がりそうな気もします。三妖精は三人一組なのでバラけそうですが…。
あとはヘカーティアに久々にゲスト出演した妖夢と幽々子、チルノとかも上がるかどうかです。

紫は鈴奈庵や茨歌仙でもかなり出番がありましたから、結構上昇しそうです。あとは文や霖之助辺りとかも?
易者は今回は大幅にランクダウンする予感がします。

外來韋編はクロスレビューのはもちろん、アンソロジーにも出演したキャラも上がるかどうか見ものです。
台詞有りで登場したキャラがたくさんいましたからね。
(輝夜、妹紅、永琳、プリズムリバー、美鈴、パチュリー、レミリア、藍、橙などなど…)
  1. 2017/01/12(木) 21:50:11 |
  2. URL |
  3. Nizi★ #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> 三月精はクラウンピースが大幅に上がりそうな気もします。三妖精は三人一組なのでバラけそうですが…。
> あとはヘカーティアに久々にゲスト出演した妖夢と幽々子、チルノとかも上がるかどうかです。

クラウンピースは元々人気株ですがこれは相当なところまで行くかもですね。20位の壁を越えられるでしょうか。
ヘカーティアの三月精登場は衝撃を持って迎えられましたが、さて。青ヘカの個性がどう響くか、というのもありますね。

> 紫は鈴奈庵や茨歌仙でもかなり出番がありましたから、結構上昇しそうです。あとは文や霖之助辺りとかも?
> 易者は今回は大幅にランクダウンする予感がします。

紫もようやく幻想郷の最重要キャラとしての立場が散見できるようになってきたというか。
易者はまあ前回が馬鹿に高かったというのはありますが、どこまで下がるかというと難しいところもありますね。あるいは定番となっている可能性も否めません。今回の易者枠は抗うつ薬おじさんですかね?

> 外來韋編はクロスレビューのはもちろん、アンソロジーにも出演したキャラも上がるかどうか見ものです。
> 台詞有りで登場したキャラがたくさんいましたからね。
> (輝夜、妹紅、永琳、プリズムリバー、美鈴、パチュリー、レミリア、藍、橙などなど…)

アンソロはどうなんでしょうか。まあ二次創作レベルだとは思いますが、結局二次創作の影響も馬鹿には出来ませんからね。
結果から影響の程を見定めることもできましょうが。まあ何にせよ注目です。
  1. 2017/01/13(金) 02:51:01 |
  2. URL |
  3. たていと1 #-
  4. [ 編集 ]

いつも拝見させて頂いています。

自分はまだあまり予想に慣れていない人ですが、今回クラウンピースは上がりそうですね。あと優曇華も結構公式のプッシュがあったので下がることは無さそうです。しかし、全体としては今回は前回とあまり変動が少ないと考えています。あとは最近急増している中学高校生のファンを取り込めているキャラが上がりそうだと勝手に予想しています(とはいえTop10はほとんど若い人に人気のキャラですが…)。

ただ、先日行われた中国の人気投票では、こいしの伸びがいまいちだったのが気になりました。日本ではPS4で深秘録が出たことですし、安定するとは思いますが、少し心配です。中国と日本では傾向も違うように思われたので、単純比較はよろしくないかもしれませんが…。

まあ順位を気にするのもいいかもしれませんが、この機会に投票するしないに関わらず、キャラと音楽を見返してみるのもいいかもしれませんね。
  1. 2017/01/14(土) 12:24:48 |
  2. URL |
  3. EPSP #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> いつも拝見させて頂いています。

コメントありがとうございます。

> 自分はまだあまり予想に慣れていない人ですが、今回クラウンピースは上がりそうですね。あと優曇華も結構公式のプッシュがあったので下がることは無さそうです。しかし、全体としては今回は前回とあまり変動が少ないと考えています。あとは最近急増している中学高校生のファンを取り込めているキャラが上がりそうだと勝手に予想しています(とはいえTop10はほとんど若い人に人気のキャラですが…)。

まあSTGの新作出てないですし大変動は期待できないでしょうか。
中高生人気、ふむ。面白い目線ですがどういうキャラなんでしょうね。わかりやすいキャラ?

> ただ、先日行われた中国の人気投票では、こいしの伸びがいまいちだったのが気になりました。日本ではPS4で深秘録が出たことですし、安定するとは思いますが、少し心配です。中国と日本では傾向も違うように思われたので、単純比較はよろしくないかもしれませんが…。

中国は割と古いキャラ(というか永夜抄ぐらいのキャラ)人気が高い気もします。
日本とは結構環境が違いますがさてはて。

> まあ順位を気にするのもいいかもしれませんが、この機会に投票するしないに関わらず、キャラと音楽を見返してみるのもいいかもしれませんね。

人気で一喜一憂するものではないですね。毎年恒例の振り返りぐらいの意味で認識するぐらいが良いのかもしれません。
  1. 2017/01/15(日) 09:44:28 |
  2. URL |
  3. たていと1 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/2358-115f95e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)