ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

「メイドインアビス」TVアニメ化決定!!!!!!!




メイドインアビスアニメ公式
まんがライフWIN メイドインアビス

うおー、ついに来たか。
ああそういえば単行本第五巻もそろそろ発売の模様。

うむ。改めて作品の紹介をしようとするとちょっと言葉が詰まる作品ではある。何しろ見所が多い作品だ。
とりあえず概要を公式から持ってくると、

引用
隅々まで探索されつくした世界に、唯一残された秘境の大穴『アビス』。どこまで続くとも知れない深く巨大なその縦穴には、奇妙奇怪な生物たちが生息し、今の人類では作りえない貴重な遺物が眠っている。
「アビス」の不可思議に満ちた姿は人々を魅了し、冒険へと駆り立てた。そうして幾度も大穴に挑戦する冒険者たちは、次第に『探窟家』呼ばれるようになっていった。
 
アビスの縁に築かれた街『オース』に暮らす孤児のリコは、いつか母のような偉大な探窟家になり、アビスの謎を解き明かすことを夢見ていた。そんなある日、リコはアビスを探窟中に、少年の姿をしたロボットを拾い…?

という具合である。とは言ってもこれだけでは、読むと決めた人の導入にはいいかもしれないが魅力の解説となると十分ではないように感じる。

漫画読みには結構有名な作品であり、レビューを漁れば色々ある。
そういえば私も感想記事的なものを書いていた。


まあ、魅力は色々ある。
例えば、丸っこかったり迫力があったりする独特のキャラデザイン。
少年少女に対する容赦のないグロ描写。
思わずかぶりつきたくなる旨そうな食事シーン

しかし、やはり一番の、作品の魅力の上で本質的でなくてはならないな点は、線密かつ濃厚、芳醇に作り上げられた最高級の世界観設定であり、それを余すことなく描き切っているところであろう。
危険なダンジョンには価値ある宝物が眠っている。こういう類型は昔から人気のある創作であるが、メイドインアビスはその最前線ということになる。
一歩間違えればすぐ死につながる危険性、上昇負荷をはじめとする謎に満ちた現象、危険な生物や恐ろしい白笛の探窟家……
現実に疲れた我々には余りにも魅力的に映る。

特に上昇負荷周りの設定は秀逸。
第六層からは生還不可能、であるのにも拘らず多くの探窟家達が潜っていってしまう。
そこには何があるのか?色々考えさせて知的好奇心をくすぐらせる。



どこまでアニメで表現できるかはわからないが注目である。最初の方、無暗に長くなってるのを縮めたりもするようだ。
漫画本編はいよいよ第六層へ突入というところであるが、さて……

とにかく期待したい。そういえばドロヘドロとかアニメ化しないのかな?完全にグロすぎて無理か。OVAなら可能?
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2016/12/22(木) 02:25:50|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<京極夏彦「虚実妖怪百物語」読んだので感想 | ホーム | うらたろう単行本第一巻の感想など>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/2347-511b16c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)