ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

ヤングジャンプ連載漫画「うらたろう」第17話感想

ここにきてさらに加速する狂気よ。


パラレル時代物とはいえここまで壊滅的なのはそうそうないのでは。
なんにせよ「六波羅京」に穿かれた巨大な穴は究極のインパクトを読者に与える。
しかしこれは契約違反の制裁でしかないんだよね。妖怪の王を産むってどういうことになるのやら。

というかもうこれ、こんなことできる奴にどうやって立ち向かうの?こっちもなんか化け物か神か持ち出してくるか?
教経も大概であったが結局は人間だという事か。



ここにきてちよは自分自身を知る。その中で生きるという事に自問せざるを得なくなる。
更に生と死のテーマを深めていく。その末にたどり着くものは何か。

で、うらたろうは予定通り黄泉平良坂に到着?そこで不老不死や呪いについて解明してそこからちよを探してどうにかするのか?
えーっと、教経は安徳天皇がピンチになったら駆けつけるかね。義経や犬丸は?ふーむ。


今回合併号か。次は来年か?いや知らんけど。ともかく凄く注目である。
スポンサーサイト

テーマ:読書 - ジャンル:サブカル

  1. 2016/12/16(金) 01:23:33|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<「このマンガがすごい!2017」買ったので読んでいく | ホーム | 黄昏格闘新作「東方憑依華」の二人組の組を予想考察する>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/2344-a4e07dae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)