ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

ヤングジャンプ連載漫画「うらたろう」第16話感想

本当に無茶苦茶ばかりする作品である。
チートくせえ移動手段には笑うしかない。

不死であることを前提になんかよくわからんけど完全にインチキな教経の筋力とアホみたいに長い剣をパチンコ代わりにして奥州白河の関から出雲黄泉比良坂までパチンコの要領でショートカット。いやいや。アリなのかそれ。
そらそんなチートしたら金熊もキレるわ。いきなり孕まされるし。てーと、打ち切り近かったりする?
いや、タイトル名はあくまでうらたろう。え?もしかしてヒロイン天皇に変更して続行したりする?
まあ続行するなら妖怪の世ということになるが。平家連中を文字通り飛び越えてしまった。

で、この移動した後教経は頑張って追いかけるの?


妖怪の王って誰の事かね。酒呑童子?

打ち切りの危険性も含め二重の意味でハラハラさせられる。良くも悪くも流石中山先生といったところか。
次週にも大注目。
スポンサーサイト

テーマ:読書 - ジャンル:サブカル

  1. 2016/12/09(金) 04:51:22|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<東方茨歌仙 第三十七話 閃光が起こすのは雪か神か 感想・考察・その他の確認等 | ホーム | 2016年十一月に買った本の感想と十二月に買う本の紹介>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/2339-05da0b7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)