ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

2016年十一月に買った本の感想と十二月に買う本の紹介

10月から11月のはこちら

月末恒例の漫画ラノベの新刊感想紹介記事。月末過ぎて書いてる時も多い。
読んだのは感想書きたくなったのだけ書く。買う予定なのは買うかどうかわからないのも書いたり。買うかどうかわからない、とか気になってるだけなのは()付きで。
結局なんだかんだ言って買えなかった本とか多いけど気にしないでね。たまに語りたいだけで()付けて紹介したり。
その他新作じゃなくても感想書きたくなったら書くけど基本別に個別感想記事にする。書かない場合のが多いが。

新刊本は、漫画はまんが王倶楽部から、ライトノベルはラノベの杜から確認している。たまにアマゾンとか。結構漏れもあるかも。面倒なら記憶で手打ちしたり。
出版社とかも載せてるが、上記確認サイトの関係でレーベルと出版社が混在してるのは注意。小説はレーベル、漫画は出版社が多い。
漫画ラノベ以外はほとんど新刊確認してないので基本ここには書かない。でもラノベの杜に載ってるラノベじゃない小説は書いたり?ラノベの定義はここではおいておくが、ラノベの社は割と広く載せている。ライトノベルの定義論は別の記事で。
延期とかで書かれてても買えない場合もあるので注意。買い忘れてたりとかも。あくまで予定。値段とかも。

私は本の買い方では作者買いが多い。ジャケ買いも試し読み買いも評判買いも広告買いも分野買い資料買いジャンル買い元ネタ買いもするけど。
作家買いでも、最初からその作家を知っているわけでもないしね。ラノベでは作者買いする人が少ないと昔聞いたが、普通にする(最近なんやかんやで少ない?)。

この感想回とは別に個別で感想記事書いてたりもする。覚えてればリンクも張るかも。

アマゾンとか本屋とかへのリンクは無いから気になったらググッてね。
ネタバレは余裕である。この記事だけじゃなく、警告なしでネタバレすることは多い。

ここまでテンプレ。ちょくちょく弄る。

ではスタート。
11/1
角川スニーカー文庫 ノーブルウィッチーズ5 第506統合戦闘航空団 激闘! 南房秀久 原作:島田フミカネ&Projekt World Witches 島田フミカネ 648 978-4-04-103952-6

ブレイブウィッチーズの方は何やかんやでまだ読んでねえや。
ノーブルウィッチーズはなんというか、不祥事ばっか起こして全然世間から認められて無い感が良いよね。5巻になってもポンコツ扱いというのが新しいというか。おおよそ真っ当ではない。


11/4
集英社 いいよね!米澤先生(4) 地獄のミサワ \540
集英社 磯部磯兵衛物語 ~浮世はつらいよ~(12) 仲間りょう \432
集英社 僕のヒーローアカデミア(11) 堀越耕平 \432
集英社 悪魔のメムメムちゃん(1) 四谷啓太郎 \432

米澤。なんやかんやで一瞬普通に漫画家漫画する時あるよね。
磯部。いつの間にやらジャンプの中堅になってる感がある。
ヒロアカ。異能モノの中では異能の社会に関する影響という面を大きめに取り上げている作品。どこまで妥当に設定できているかはわからないが挑戦的である。
メムメム。最初の方とそれ以降で露骨に頭身が変わるのがなんともいえぬ。真面目系クズ漫画?たいして真面目でもないか。まあクズだがどうしようもないよね。クズも生きていかなければならない。

11/8
秋田書店 弱虫ペダル(47) 渡辺航 \463

本誌で三日目始まったがどうなるかね。京都伏見に買ってほしいと常々思っているのだが。

11/9
講談社 アルスラーン戦記(6) 荒川弘 \463
新潮社 少女終末旅行(4) つくみず \626
新潮社 軍靴のバルツァー(9) 中島三千恒 \626
新潮社 応天の門(6) 灰原薬 \626

荒川版アルスラーン戦記も結構続いてきたが、アルスラーン戦記といえばあのシーンだよな。一部のラストの二王墜死。あの頓死っぷりがもう好きで好きで。そこまで行くかな?行きそうだが何巻までかかるか。
そういえば単行本の表紙の色遣いとか、死ぬほどセンスあるよな。並べてみるとまさに圧巻。滅びゆく文明の雰囲気が最高の漫画。
バルツァー。空中観測は画期的。こうしてみると近代軍事の進歩を振り返る作品ともいえよう。まあ実際そういう趣旨かも。
応天の門。そうそう最終的に道真が遣唐使廃止するんだよね。唐も腐敗して力がなくなってきてるから。しかし宦官。日本ではそういうのはしなかった。穢れの精神が強かったから?家畜の去勢とかもしなかったしその辺の発想が無かったというか。まあ技術もなかったのか?


11/10
電撃文庫 ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン XI 宇野朴人 竜徹 616 978-4-04-892471-9

アルデラミン。個別感想書いてる。シャミーユも大概だという話。しかしこの作品も一線を越えてきたか。まあ小指詰めだしてヒロイン殺しちゃうラノベに何言ってんだという感じだが。そろそろ第二部も話が動き出すか?期待。


11/15
エンターブレイン 狼の口 ヴォルフスムント(8) 久慈光久 価格未定

完結。まあ史実ではあそこまで極端な地形ではなかったらしいが。
騎士の時代は着実に終わっていくが何やかんやで未だに軍馬は存在したりするとこもあるんだよな。とはいえ騎兵も万能ではないという事。突破力はあの時代では凄いが。


11/18
集英社 ローゼンメイデン0 -ゼロ-(1) PEACH-PIT \670
集英社 ゴールデンカムイ(9) 野田サトル \555

0。過去の、大正時代の大正浪漫な時代なので1の前の0と見せかけて、第0ドール何ぞぶっこんでくるやり方。いわゆる試作品みたいなアレのようだが、ガンダムでもなんでも試作品は強いしな。エヴァも零号機は何やかんや活躍するし。しかし日本人形?ふむ。


11/24
エンターブレイン 夏に積乱雲まで 竹本泉 \886

火星移住した(別に普通に住めるタイプの火星というアレではなくテラフォーミングで)魔法使いの話なんて竹本泉すぎるよね。SFでファンタジー。エブリデイマジックってジャンルなのか。


11/25
スクウェア・エニックス +チック姉さん(10) 栗井茶 \514

狂気の押し付け合いである。しかしまあプラスチックも何も関係なくなってきている事すら忘れそう。


12/2
集英社 鬼滅の刃(4) 吾峠呼世晴 \432
集英社 キン肉マン(57) ゆでたまご \432

そういや鬼滅まだ4巻か。今ジャンプで一番楽しんでいる漫画だがアクも強く好みは別れる?読み始めれば面白いと思うけど。
キン肉マン。本編ではネメシス戦がきれいに終わって、次が悪魔将軍とザマン戦?しかしこれ悪魔将軍が勝ってこのシリーズ終了ってなるんかね?負けてまたキン肉マンがなんとかする?いけんのか?

12/6
講談社 中間管理録トネガワ(4) 橋本智広 三好智樹 \626

結構福本作品のスピンオフは多いし、福本先生自身も乗っかってきてたりもする。ワシズなんかワシズコプターが回想としてアカギに逆輸入されてたし。
そういえばアカギ、牌一個捨てるのにどんだけ時間かけてるんだろう。引き延ばしというのも恐れ多い何か。


ここまで感想。
そういえばドラゴンボール超のコミカライズのも買って、たぶん鳥山先生のアシの誰かが書いてて絵柄は似てていいんだが飛ばし過ぎじゃない?まあ掲載時期とかの兼ね合いもあるんだろうが。
ここから紹介。


12/7
秋田書店 魔法少女・オブ・ジ・エンド(13) 佐藤健太郎 \463

そろそろ終わりそうかね?ポリ公は好き。


12/9
講談社 進撃の巨人(21) 諫山創 \463

巨人。設定面での驚愕の展開を続けているのは凄い。
壁の外はまさかまさかのアレだし。どういうところに落ち着くのやら。注目である。


12/10
電撃文庫 僕と彼女のゲーム戦争10 師走トオル 八宝備仁 637 978-4-04-892351-4
アスキー・メディアワークス ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン(6) 川上泰樹 \616
角川書店 ニンジャスレイヤー(11) ~フィスト・フィルド・ウィズ・リグレット・アンド・オハギ~ 余湖裕輝 \626
角川書店 ニンジャスレイヤー(10) ~ゲイシャ・カラテ・シンカンセン・アンド・ヘル(ニ)~ 余湖裕輝 \626
角川書店 東方鈴奈庵 ~ Forbidden Scrollery.(6) 特装版 春河もえ \1,944

ゲーム戦争。え、最終巻?何のゲームやるんかね。大注目。
アルデラミン漫画版。アニメは面白かったが個々からどう展開するか。
ニンジャスレイヤー。本編、noteで番外編とか連載してるがそれもまた面白いよね。
鈴奈庵。ギャー!!!特装版だけ先に出る商法!まあ買うけどさ。鈴奈庵は絵柄が抜けてるよね。


12/12
アース・スターエンターテイメント こころ オブ・ザ・デッド ~スーパー漱石大戦~(1) 目黒三吉 \648

架神先生のアレ。漱石ぐらいなら結構わかるものであるがしかし相当ひどいことになってる模様。


12/19
集英社 ジョジョリオン(14) 荒木飛呂彦 \432
集英社 うらたろう(1) 中山敦支 \555

おお、ジョジョリオン。結構設定周りが出てきて面白くなってるようだが。
で、中山先生のうらたろう。なんかもう天皇首ちょんぱしたりやばい展開ばっかしてるしもう買うしかないよね。

12/20
秋田書店 衛府の七忍(3) 山口貴由 \607
秋田書店 ばくおん!!(9) おりもとみまな \607

そろそろコラされまくってる薩摩のシーン来る?
ばくおん。日常もののパロディ的なところは強い。


12/22
講談社 大砲とスタンプ(6) 速水螺旋人 \617
講談社 へうげもの(23) 山田芳裕 \596

軍事蘊蓄は最高だよね大砲とスタンプ。おかげでかなり時代設定はごっちゃになってるが。
へうげ。まあ少なくとも30巻以内には終わるか。そろそろ織部の最後?


12/24
スクウェア・エニックス 咲 -Saki-(16) 小林立 \627

なんやかんやで長期連載である。


12/26
角川書店 機動戦士クロスボーン・ガンダム DUST(1) 長谷川裕一 \626
竹書房 メイドインアビス(5) つくしあきひと \886
竹書房 けんもほろろ(4) ハトポポコ \810

おおDUST。フォントはいつ出てくるのかね。
アビス。まーた邪悪な展開をしているが、本編ではついに第五層。しかし絶対生きて帰れないのに嬉々としていくよね。ダンジョンものの最高峰?
けんもほろろ。ポポコ先生の乾いたギャグは最高に好み。


12/27
一迅社 東方茨歌仙 ~Wild and Horned Hermit.(7) あずまあや \864

フェブリも出るし今月東方厚いな。つーかPS4版の深秘録今日発売か。


12/31
集英社 斉木楠雄のΨ難(20) 麻生周一 \432
集英社 フードファイタータベル(4) うすた京介 \432
集英社 とんかつDJアゲ太郎(9) 小山ゆうじろう \626
集英社 左門くんはサモナー(7) 沼駿 \432
集英社 レッドスプライト(1) 屋宜知宏 \432

まあ色々ジャンプ勢もでる。
レッドスプライトなんで打ち切りにされたのか。
ジャンプ+税も頑張ってる模様。



年末商戦で大大豊作。とくにうらたろうとか。
しかし更新遅れたな。まあいいや。
スポンサーサイト

テーマ:読書 - ジャンル:サブカル

  1. 2016/12/08(木) 07:44:20|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<ヤングジャンプ連載漫画「うらたろう」第16話感想 | ホーム | 仁義だとかなんだとか。第46回動画紹介・ジャンプ感想回>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/2338-004f8300
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)