ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

「サンムーンシーズン1レート環境雑感」を見てみる

【ポケモンSM】サンムーンシーズン1レート環境雑感【環境調査KPあり】  意表を突いても勝てない


最近ポケモンの記事ばっかだけど実際ポケモンしかやってないので仕方がない。


今回は個人調査によるレートシングル対戦環境における頻出ポケモンの表があったのでそれを見てみる。
シーズン1が終わればPGLで公式で出るはずだけどまあまだなので。
50戦で、まあ統計としては十分ではないにしろ何らかの役には立つだろう。レート上位だし。

ちなみに私は対戦勢としてはにわかも良いところなのでご注意を。
過去作からポケモン持ってくるのも一月かららしいので使えるポケモンも制限されている事にも留意してほしい。

まず一位は貫禄のガブリアス。
第4世代(ダイヤモンド・パール・プラチナ)からトップメタを突き進む種族値600族のドラゴン。
高い種族値を完璧な配分で、しかも有用な特性や技を合わせ持つ。弱い訳がない。

2位は僅差で新準伝のカプ・コケコ。
エレキメイカーで電気技を強化して殴る。カプシリーズでは最も速く、さらに電気が強い環境だというのがこの結果を生んだか。
ガブリアスより速いフェアリーというのも大きい。

3位は第五世代から登場したギルガルド。
鋼ゴーストという恵まれたタイプに攻防切り替えるズルい特性。元から強かったが今の環境ではトップメタの一角だという訳だ。

4位の一体目はサンムーン初登場のウルトラビースト、デンジュモク。
圧倒的な特攻から放たれる一致電気技は驚異の一言。地味に技範囲も悪くないし。
Z催眠術により素早さを上げながら蛍火で特攻をさらに上げ全抜きするスタイルも。単純にスカーフだの持たせても強い。

4位タイにミミッキュ。ピカチュウ型のボロ衣を被ったゴーストフェアリー。今回マスコット的人気が最も高いか。
専用特性ばけのかわは一度のダメージを完全に無効化する。種族値は低いが対策必須。

6位一体目にウルトラビーストのウツロイド。
岩毒という独特なタイプ。防御こそ低いが優れたHP、特防、特攻、素早さから高いポテンシャルを発揮する。

6位タイに同じくウルトラビースト、テッカグヤ。
鋼飛行という恵まれたタイプにバランスのいい種族値と広い技範囲。何でもできる器用万能なポケモンである。

8位にカプ・テテフ。サイコメイカーからの高い特攻でのエスパー技は凄まじい。

9位にウルトラビーストのフェローチェ、マッシブーンにお馴染みのボーマンダにゲンガー。
ウルトラビーストの二人は尖った種族値が魅力。マンダにゲンガーはガルーラが弱体された後のメガ枠といったところか。

ガラガラはリージョンフォームで鋼やそれを倒すための炎、あるいは電気に強い役割を持てるようになった。
アシレーヌはよくわからんが専用技の音技の強さか?
ギャラやハッサムは元からの強さに含めメガ枠としても大きく成長したか。
グソクムシャは使いづらい特性を持つがやはり恵まれた種族値と専用技は魅力か。
ペリッパーはあめふらしを習得し非常に強力に。

カプ・ブルルは草タイプのカプ。グラスメイカー×攻撃120×一致ウッドハンマーの超火力は悍ましいレベル。

メタグロスはメガ枠の鋼として急成長。やはりメガガルーラは害悪だったという事。

アローラキュウコンは雪降らしからのオーロラベールが強力。吹雪も一応必中になるし。

ウルトラビーストのカミツルギは高い攻撃を誇るが技がやや残念。しかしそう悪い訳ではない。

パルシェンはまあもともと強力なポケモンであるが連続攻撃によるミミッキュ対策というのもあるか。韓国勢がやたら信頼を置いているという話も聞くが。

ドデカバシはくちばしキャノンが凶悪。

ガルーラは弱体化されたとはいえまだ実用化。ファイアローもまだまだいるしね。

炎枠ということかウインディなんかも。もえつきるという強力な新技もある。エンニュートも高速炎枠が少ない影響か。

ポリゴン2は相変わらずの強さだが環境によりマッチしてる感も。格闘とかマッシブーンとフェローチェぐらいしかあんまいないし。

オニシズクモは凶悪な威力の水技。

アローラベトベトンは恵まれたタイプ相性など。

イーブイは専用Z技のナインエボルブーストからのバトンタッチで全抜きを狙う。



まあ他にも色々あるが結構多様な環境か?新準伝ではカプ・レヒレとアクジキングが振るわないか。
相変わらずガブは強いが、対抗できるポケモンも増えている。
総じて対戦環境は正常化しているように思える。新準伝が多い気もするが、まだ育成環境が十分に整ってない人もいち早く厳選できたというところか。
まああくまでこのデータを参照すれば、でもう少し統計を取れば話も変わりそうだが。


1月にポケバンクが解禁された後はどのような環境になるのだろうか。
対戦RPGというジャンルで活発なのはポケモンとあとドラクエモンスターぐらい?ある種TCG的な面白さと似ている。
今後も注目していきたい。
スポンサーサイト

テーマ:ゲーム - ジャンル:サブカル

  1. 2016/12/01(木) 03:07:03|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ヤングジャンプ連載漫画「うらたろう」第15話感想 | ホーム | ロングファイアバー。第45回動画紹介・ジャンプ感想回>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/2334-1175ebda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)