ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

2016年十月に買った本の感想と十一月に買う本の紹介

9月から10月のはこちら

月末恒例の漫画ラノベの新刊感想紹介記事。月末過ぎて書いてる時も多い。
読んだのは感想書きたくなったのだけ書く。買う予定なのは買うかどうかわからないのも書いたり。買うかどうかわからない、とか気になってるだけなのは()付きで。
結局なんだかんだ言って買えなかった本とかあったりするけど気にしないでね。たまに語りたいだけで()付けて紹介したり。
その他新作じゃなくても感想書きたくなったら書くけど基本別に個別感想記事にする。書かない場合のが多いが。

新刊本は、漫画はまんが王倶楽部から、ライトノベルはラノベの杜から確認している。たまにアマゾンとか。結構漏れもあるかも。面倒なら記憶で手打ちしたり。
出版社とかも載せてるが、上記確認サイトの関係でレーベルと出版社が混在してるのは注意。小説はレーベル、漫画は出版社が多い。
漫画ラノベ以外はほとんど新刊確認してないので基本ここには書かない。でもラノベの杜に載ってるラノベじゃない小説は書いたり?ラノベの定義はここではおいておくが、ラノベの社は割と広く載せている。ライトノベルの定義論は別の記事で。
延期とかで書かれてても買えない場合もあるので注意。買い忘れてたりとかも。あくまで予定。値段とかも。

私は本の買い方では作者買いが多い。ジャケ買いも試し読み買いも評判買いも広告買いも分野買い資料買いジャンル買い元ネタ買いもするけど。
作家買いでも、最初からその作家を知っているわけでもないしね。ラノベでは作者買いする人が少ないと昔聞いたが、普通にする(最近なんやかんやで少ない?)。

この感想回とは別に個別で感想記事書いてたりもする。覚えてればリンクも張るかも。

アマゾンとか本屋とかへのリンクは無いから気になったらググッてね。
ネタバレは余裕である。この記事だけじゃなく、警告なしでネタバレすることは多い。

ここまでテンプレ。ちょくちょく弄る。

ではスタート。
10/4
集英社 斉木楠雄のΨ難(19) 麻生周一 \432
集英社 とんかつDJアゲ太郎(8) 小山ゆうじろう \626
集英社 鬼滅の刃(3) 吾峠呼世晴 \432
集英社 左門くんはサモナー(6) 沼駿 \432

ジャンプ勢。
斉木はアニメ化を経ていつの間にか中堅以上になってきている感もある。アニメは割かし好評だった?
アゲ太郎。ほんとこいつ挫折を知らんよな。微妙な失敗が大阪編であったぐらいか。
鬼滅。いまのジャンプで一番注目している作品。言葉遣いの珍妙さや急に感傷的になる雰囲気など。バトルもかっこいいし。
左門。悪魔学蘊蓄漫画という面もなくはない?最近テコ入れしてる感も目立つが、ジャンプ上位勢が完結する中まだ余裕はある?


10/8
電撃文庫 キノの旅 XX ―the Beautiful World― 時雨沢恵一 黒星紅白 659 978-4-04-892396-5
電撃文庫 デュラララ!!×博多豚骨ラーメンズ 木崎ちあき 原作・監修:成田良悟 一色箱 659 978-4-04-892406-1
電撃コミックスNEXT ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン (1) 川原礫、時雨沢恵一 たもりただち 616 978-4-04-892373-6

キノ。個別感想書いた。キノは一時期ライトノベルの顔だった時期もあるが結構ライトノベルとしては異端。まあ本当に人気のあるライトノベルは常に異端であるという説もあるが。ハルヒ然り(SF色がかなり強い)、SAO然り(これもSF)。いや他はそうでもないのか?今回のキノは羊の話がスゲー好き。
基本的にラーメンズの新作でデュラララ感は薄い気もするがデュラララ一巻しか読んでないのでそう思えてるだけかも?殺し屋たちの東京での珍道中。結構よかった。
SAOAGOの漫画版。そういやこれがアニメ化するって目はあるのかな?


10/12
小学館 アオイホノオ(16) 島本和彦 \596

そろそろ漫画家してきた。割かし恵まれてるよね。


10/15
竹書房 鉄牌のジャン!(3) 西条真二 \702

おい料理対決とかしはじめたぞ普通にジャンじゃねーか。セルフパロディの意味があまりわかっていない漫画だがその辺が面白い感がある。


10/18
ガガガ文庫 コップクラフト6 DRAGNET MIRAGE RELOADED('16/08→'16/09より延期) 賀東招二 村田蓮爾 620 978-4-09-451630-2

個別感想書いた。スゲー延期したがそれだけの価値はある最高の仕上がり。異種の文化の付き合い方。アメリカ刑事ドラマ調のこの作品らしい話の展開か。現実でも移民問題は大きくなってきてるわけだが、そんな中でどのように生きるべきかというのを示唆してくれるみたいな。大袈裟か?いやでも良いラノベだ。


10/19
集英社 かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~(3) 赤坂アカ \555

ヤングジャンプでは今一番勢いがある漫画か?ゴールデンカムイのが勢いあるがすでに有名になってる感がある。俺はうらたろうのが好きだけど。
天才たちが馬鹿をする。
石上登場。そういや書記が藤原で会計が石上。藤原というと、まあ苗字と姓の関係は置いといて、古代からの日本の貴族として有名。石上氏というと古代日本の豪族物部氏が姓を改めたもの。命名規則はその辺か?なんにせよいいキャラしている。


10/21
講談社 聖☆おにいさん(13) 中村光 \626

小市民しているキリストと仏陀。ちょうど13という数字。
そういや内容と全然関係ないけど、この漫画の単行本、つるつるとした特殊仕上げな訳だが、おかげで本棚を整理しようとして一気に取り出すと大体摩擦が効かずボロボロと床に零れ落ちるんだがみんな経験あるよな?


10/26
角川書店 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 月鋼(1) 寺馬ヒロスケ 団伍 価格未定

地味にガンダムフレームの本編で出てこない奴が結構出る外伝。フレーム単位で違った設定のMSは出てこないが魔改造は多い。設定厨にはいい作品か。


10/27
一迅社 バーナード嬢曰く。(3) 施川ユウキ \669

なんかスゲー出世してる感のある漫画。アニメ化したし。SF中心に見ていく読書漫画は珍しいからかSF関連での採り上げられ方が多い。
しかしなんだ。ド嬢、作者にも言われてるが普通に読書家になってきてるよな。まあ読書をもっと気軽に(読書自体を嗤わない)っていう作者の方針は中々誠実で良いが。


ここまで感想。
ここから紹介。


11/1
角川スニーカー文庫 ノーブルウィッチーズ5 第506統合戦闘航空団 激闘! 南房秀久 原作:島田フミカネ&Projekt World Witches 島田フミカネ 648 978-4-04-103952-6
角川スニーカー文庫 ブレイブウィッチーズPrequel オラーシャの大地 築地俊彦 原作:島田フミカネ&Projekt World Witches 島田フミカネ、櫛灘ゐるゑ 691 978-4-04-104730-9

買ったけどまだ読んでねえや。ブレイブウィッチーズアニメやってるんだっけ?いらん子中隊で出てきたルーデル他のどっかで出てこないかな。

11/4
集英社 いいよね!米澤先生(4) 地獄のミサワ \540
集英社 磯部磯兵衛物語 ~浮世はつらいよ~(12) 仲間りょう \432
集英社 僕のヒーローアカデミア(11) 堀越耕平 \432
集英社 悪魔のメムメムちゃん(1) 四谷啓太郎 \432

ジャンプ勢。
おー、米澤先生4巻か。一応漫画家漫画ではあるのか?要点はそこではない気もするが。
磯部そういやもう12巻か。ギャグ漫画としては結構続いている。
ヒロアカ。なんかネットを見ると仮免試験編がボロクソに叩かれているけど、私はそう嫌いでもない。まあ軸的に少し失敗してるところがあるのはそうだが個々別に面白い点は多い。
メムメムちゃん。ジャンププラスの新鋭。何気にクズな女児というのも珍しい?きわめて小市民的なクズというか、現代的な真面目系クズというか?


11/8
秋田書店 弱虫ペダル(47) 渡辺航 \463

47巻ってなかなか大概だよな。
2年目もアニメ化するんかね?


11/9
講談社 アルスラーン戦記(6) 荒川弘 \463
新潮社 少女終末旅行(4) つくみず \626
新潮社 軍靴のバルツァー(9) 中島三千恒 \626
新潮社 応天の門(6) 灰原薬 \626

色々あるな。新潮社はバンチ勢か。
アルスラーン戦記の漫画そういえばまだ6巻か。アニメが先行するってのも大概だが。
終末。世界が終わってしまった方が人間は穏やかに暮らせるのかもしれない。
バルツァー。えっと今何やってたっけ?ああ、内乱だっけ?近代軍事モノは好み。政治まで踏み込むが。
応天。平安時代探偵もの?時代考証が素晴らしい作品は歴史に興味をもたらす。


11/10
電撃文庫 ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン XI 宇野朴人 竜徹 616 978-4-04-892471-9
(電撃文庫 ソードアート・オンライン オルタナティブ クローバーズ・リグレット 渡瀬草一郎 原案・監修:川原 礫 ぎん太 702 978-4-04-892487-0)

アルデラミン。アニメ良かったが全く売れそうになかったな。で、本編はそろそろ内政でもやる?それともジャン方面?あるいはアルデラ教?なんにせよそろそろ終わりに向けて動き出してもいいころ。注目。それともやっと折り返し地点?
ん、SAOの外伝他にもやるのな。


11/15
エンターブレイン 狼の口 ヴォルフスムント(8) 久慈光久 価格未定

狼の口は突破したのにタイトルは変わらない。良いけど。イタリアの歴史というのも中々面白いか。普段触れる機会もなし。
しかし中世暗黒時代特有の陰鬱さが素晴らしい。


11/18
集英社 ローゼンメイデン0 -ゼロ-(1) PEACH-PIT \670
集英社 ゴールデンカムイ(9) 野田サトル \555

ん、ローゼンメイデンの過去編みたいな?ローゼンメイデンでは金糸雀が一番好きかな。二番目は薔薇水晶。PEACHPIT先生ってバトル致命的に描けないって印象だけどなんかあったのかな。
ゴールデンカムイ。土方組と主人公組が合流した訳だがさてはて。アイヌ蘊蓄漫画であり明治時代もの漫画、そして変態漫画。アニメ化あるかね結構グロいが。


11/24
エンターブレイン 夏に積乱雲まで 竹本泉 \886

んあ。竹本先生なんか書いてたの?相変わらずタイトルで内容はわからんがたぶんSFものではなさそう?まあ期待。


11/25
スクウェア・エニックス +チック姉さん(10) 栗井茶 \514

もはやプラスチック関係ないが超一流のギャグ漫画。
変人を描かせればこれ以上は少ない。



こんなものか。11月は豊作だな。特にうれしいのは応天の門とかか。
4日更新か。まあまあかな?自分でも本屋行った時確認するから早めに書いときたいんだな。
スポンサーサイト

テーマ:読書 - ジャンル:サブカル

  1. 2016/11/04(金) 01:57:12|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<「現代ゲーム全史―文明の遊戯史観から」読んだので感想など | ホーム | ヤングジャンプ連載漫画「うらたろう」第十二話感想>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/2318-645b5458
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)