ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

東方茨歌仙 第三十六話 天高く神社肥ゆる秋 感想・考察・その他の確認等

東方茨歌仙 Wild and horned hermit. 第35話「茨華仙の信じる道」の感想や考察など。

第一話「片腕有角の仙人」感想
第二話「意図的に捨てられた技術と地獄」感想
第三話「罪人の金鉱床」感想
第四話「信仰の人工湖」感想
第五話「仙人の本分」感想
↑ここまで単行本一巻に収録
第六話 「雷の持つ見えない毒」感想
第七話 「本物の福の神」感想
第八話 「狐の奸計」感想
第九話 「新旧の妖怪」感想
第十話 「帚木の別天地」感想
↑ここまで単行本二巻に収録
第十一話 「運松庵の太公望」感想
第十二話 「地獄のお迎え」感想
第十三話 「河を捨てた河童」感想
第十四話 「人間に好かれる妖怪」感想
第十五話 「人の寄り付かない神社」感想
↑ここまで単行本三巻に収録
第十六話 「鬼の酒器」感想
第十七話 「梅雨の奇石」感想
第十八話 「宗教家としての仙人」感想
第十九話 「由緒正しいお酒」感想
第二十話 「間違いだらけの酉の市」感想
↑ここまで単行本四巻に収録
第二十一話 「鬼は外、腹は内」感想
第二十二話 「怪魚万歳楽」感想
第二十三話 「道を誤る巫女」感想
第二十四話 「有足の雷」感想
第二十五話 「渾円球の檻」感想
↑ここまで単行本五巻に収録
第二十六話 「野卑な怪異」感想
第二十七話 「妖怪に刺さる針」感想
第二十八話 「桜の木の地底には死体も眠らない」感想
第二十九話「深秘の世界の夢」感想
第三十話「神のみに許された霊力」感想
↑ここまで単行本六巻に収録
第三十一話「誰が兎を生かしたか」感想
第三十二話「ぽんぽこ陣取り裏合戦」感想
第三十三話「足元で蔓延る西洋の悪魔」感想
第三十四話「脳にかかる未確認の靄」感想
第三十五話「茨華仙の信じる道」感想


単行本第一巻の雑誌収録してないところとかの感想。
単行本第一巻の総合的感想・考察
単行本第二巻の総合的感想・考察
単行本第三巻の総合的感想・考察
単行本第四巻の総合的感想・考察
単行本第五巻の総合的感想・考察
単行本第六巻の総合的感想・考察


という訳で遅れに遅れたが茨歌仙感想。
Febri最近普通に発売日に発売できてるが、もうちょい告知してくれないと隔月誌は忘れてしまう(言い訳)。
エジプト神は移籍でたるとたたんは相変わらずの現代の膿んだ精神を描いている。

茨歌仙第36話あらすじ。簡潔に心がける。
カラー表紙は紅葉の中で祭り屋台の定番メニューを食べる霊夢魔理沙華仙。

季節は木々が紅く染まりゆく秋。博麗神社は縁日の準備で大忙し。霊夢は縁日では賽銭では無くショバ代で儲けているようだ。
にとりなど河童たちもいる。霊夢は集客の秘策があるようだ。

翌日、縁日だが人が来ない。ちなみに秘策とはケセランパセランの御開帳だったようだ。
妨害かと息巻く霊夢。命蓮寺が日付を重ねて妨害縁日をやっているのではないかと疑うが、魔理沙は神社が縁日をやるから他はイベント事を避けていると言う。

夕方、にとりに今日はがっかりだった、明日もこんな有様ならここでは商売できなくなるかもと言う。
にとりは霊夢に宣伝を勧める。里の人間に十分情報が伝わって無かったのではと。
里でビラまきをする霊夢。

翌日。縁日。宣伝の反応は良かったが誰も来ない。
一人だけ来たが随分とボロボロである。
里から神社までの道に妨害があったのかと魔理沙が見に行くが空腹で帰ってきて屋台で食べる。
当てにならないので霊夢が見に行く。
夕刻、参拝客は一人だけで撤収の時間。…… 霊夢が帰って来ていない。

霊夢は空腹で道半ばで倒れていた。神社に帰ってきて屋台で食べる霊夢。ついでに華仙も食っている。
霊夢はヒダル神によって参拝客が妨げられたと結論付ける。
華仙と魔理沙はヒダル神を知らない。説明する霊夢。

ヒダル神は浮遊霊の一種で、憑かれるとダルくなり抗えない飢餓感に襲われる。行き倒れの霊が変化するものらしいが完全に神出鬼没で厄介な霊である。
当然霊夢が退治しない謂れはない。

霊夢が食物やお札、たき火などを使って儀式をする。魔理沙が言うにはお札に火薬を塗っているらしい。

縁日は仕切り直して行われた
除霊の様子を参拝客が広めたため縁日はこれまでにないほどの大盛況。出展する河童や妖精たちの信頼も取り戻せた。

ヒダル神は純粋な飢餓を司るとともに飽食も司るのだろう。縁日では食べ物が飛ぶように売れた。


Febri Vol.39へ続く。


あらすじ終わり。博麗神社のイベント回。霊夢がドンドンイベンターになっていく。神主も同人イベントの経験が長いからこういう話がスラスラ浮かぶのかね。
イベンターに必要なのはショーと宣伝と信頼か?ふむふむ。
というか華仙今回飯食ってただけだな。まあたまにあるが。


登場キャラ紹介。登場順。
博麗霊夢
博麗神社の巫女。東方projectの主人公。やや金の亡者なところがある。

幻想郷のイベンター一号。白蓮やら、あるいは神子あたりもそんななのだろうか?にとりも非想天則とかで色々やってるし、輝夜なんかもやってたか。他にもなんかやってたとこあったっけ?

今月の名台詞
「滅せよ!」
これだけ取り出すと笑える。


茨華仙(茨木華扇)
東方茨歌仙の主人公。仙人であり実は鬼。大食い。

おいこいつヒダル神関係なく屋台の飯食い散らかしてるぞ!

今月の名台詞
「ちょっとお腹空いてきたわ」
これでちょっとならだいぶ空いたらどうなってしまうのか。流石鬼?


霧雨魔理沙
普通の魔法使い。東方projectの副主人公。意外と無くてはならない存在。

妨害縁日が無い事を調べたり、里までの道を見に行くのをヒダル神に妨害されたりと大したことの無い役割ばかりに合う普通の魔法使い。

今月の名台詞
「こう修羅場をくぐっているとなぁ戦場の匂いくらい判るもんだ」
何者だ。


河城にとり
河童のエンジニア。東方風神録3面ボスにして地霊殿では魔理沙のパートナー自機の一人、また心綺楼、深秘録では操作キャラである。

縁日では射的担当の模様。宣伝効果の大きさについて良く知っている。非想天則もアドバルーンだしね。
霊夢との絡み、大変需要がある。

今月の名台詞
「ちゃんと正しく宣伝すれば人は集まるはずさ」
技術的なアドバイスが理系的でいいよね。

その他背景キャラ
因幡てゐ?
妖怪兎が二人とカラーうさぎの屋台が見える。顔は把握できないが恐らくは。

チルノ
今の時期かき氷はきつくなってきたのでは。実際最後のコマ暇そうにしてるし。

三妖精(サニーミルク、ルナチャイルド、スターサファイア)
鉄板焼きの屋台の模様。三妖精は博麗神社の裏の木に住んでるから近場も近場なんだよね。
焼きそば焼きとうもろこし焼き魚。

ミスティア・ローレライ
伝統と実績の八目鰻屋台。

その他河童
茨歌仙にはモブ河童が多く登場する。

聖白蓮
霊夢の想像。悪い顔をしてるが想像である。

ナズーリン
霊夢の想像。すごくご利益のある焼きそば屋台をしてるがあくまで想像である。

あと、鷲の竿打らしきのも。
それと二日目に来た唯一の参拝客も今回から個体認識されるのかなあ。
ヒダル神はキャラクターと言って言えるほどのものかなあ。



細かい点も含めた確認考察など。
ヒダル神。西日本全般に伝わる憑き物。ダルいの語源なのはわかりやすい。

ビラは鈴奈庵辺りで刷ってるのかな?

それぞれの屋台をやってるキャラは概ねわかるが、お面屋は?儀式を見ると縁日二日目のキャラが遠くで見ているのがわかるが。こころなんかは映ってないしお面を売るキャラでもなさそう?妖怪うさぎのてゐではない方かモブ河童の誰かが売ってたのかな?というか最後から二番目のコマにあるチルノのお面らしきものの表情が希望の面なのだが。え?神子来てた?なんてことは無かろうが。

今回は地味ににとり回だったかもしれない。イベントは主催者、出展者、その他参加者の全員が一体となって行わなければ成功しない。


表面だけ見るとヒダル神?ほえ?って話だが、色々奥まで見て行くとイベント話とか華仙どんだけ食うんだよとか面白いところも多いものだ。
今週は東方も色々出る。三月精なんかは比良坂先生が特になんか色々凄いみたいなことをツイッターでつぶやいてたがさて。注目したい。
スポンサーサイト

テーマ:東方 - ジャンル:サブカル

  1. 2016/10/22(土) 05:07:09|
  2. 東方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<コップクラフト第6巻、読んだので感想 | ホーム | ヤングジャンプ連載漫画「うらたろう」第十話感想>>

コメント

ナズーリンのすごくご利益のある焼きそば…どんな味なんでしょう?

魔理沙の修羅場がどうこう言ってる場面の顔に思わず吹き出しました。もはや何キャラかと言う位面白いです。
深秘録の魔理沙の驚き顔と同じくツボにハマりそうです。

茨歌仙と鈴奈庵、三月精を三本同時に読める月ってよくよく考えると豪華ですよね。
12月も茨歌仙と鈴奈庵は勿論、PS4深秘録や鈴奈庵六巻の特装版など盛りだくさんなので楽しみです。
  1. 2016/10/23(日) 17:18:00 |
  2. URL |
  3. Nizi★ #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> ナズーリンのすごくご利益のある焼きそば…どんな味なんでしょう?

どうせ屋台の味ですしその辺の焼きそばと味は変わらないオチでは。まあ霊夢の想像上の屋台なんでしょうが。


> 魔理沙の修羅場がどうこう言ってる場面の顔に思わず吹き出しました。もはや何キャラかと言う位面白いです。
> 深秘録の魔理沙の驚き顔と同じくツボにハマりそうです。

ある意味では魔理沙らしい崩し方というか……


> 茨歌仙と鈴奈庵、三月精を三本同時に読める月ってよくよく考えると豪華ですよね。
> 12月も茨歌仙と鈴奈庵は勿論、PS4深秘録や鈴奈庵六巻の特装版など盛りだくさんなので楽しみです。

ですね。PS4深秘録は特に注目したいですね。来年は原作の新作出るんでしょうか。その辺も期待したいです。
  1. 2016/10/23(日) 22:19:16 |
  2. URL |
  3. たていと1 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/2310-bc925745
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)