ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

ヤングジャンプ連載漫画「うらたろう」第七話感想

おー、表紙カラー。大反響なのか?いまいちヤングジャンプの第七話での表紙カラーという位置づけが分からんな。グラビアとかも載せてる時もあるから結構評価は高いって事なんだろうが。


宋との密貿易。なるほどキョンシーというのが出てくるのもわかる。
生と死がテーマの作品で生ける死体であるゾンビ的存在を出す。

で、今秀衡は白河関にいるからどの道遭うことになると。
伏丸は一種の人狼?変身は自由自在のようだが。


うらたろうの不死描写も中々。首を切られたら体だけでも頭だけでも動くというのは中々メンドクサイ。
どっちかから他の部分はやすとかプラナリアみたく再生して分裂するみたいなマネは出来んか?出来ても困るが。

まずはうらたろうと秀衡の邂逅。
どうなるんかね。歴史ものだと簡単には歴史的人物殺せないけどパラレル歴史だから普通に死ぬ可能性あるんだよね。どうなるか。期待して注目したい。
スポンサーサイト

テーマ:読書 - ジャンル:サブカル

  1. 2016/09/22(木) 23:27:30|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<涼川りん「あそびあそばせ」読んだので感想 | ホーム | 「紅茶スパイ 英国人プラントハンター中国を行く」読んだので感想>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/2290-5a09136a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)