ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

ヤングジャンプ連載漫画「うらたろう」第六話感想

おお、奥州藤原氏。藤原秀衡か。
なるほど源平合戦でも中立を保ってたし、平家が勝ってもこの位置だわな。義経とも関係が深いし最初の大ボスというだけでは無い活躍が見込まれるか。

キョンシー使い?陰陽師って扱いでいいのかな?そりゃ、秀衡、ミイラになってるしアンデッド属性はあるかもだけどさ。

まあ大勢いたところでうらたろうを止めれる絵が浮かばないが、呪術の類ならば違うかもしれない。
千代が受けている呪いも秀衡のモノ?アザねえ。不死と死の呪いの何かがあるのか?


光が見えてキョンシーに囲まれてたシーンの見開きと秀衡の引きの強烈なインパクトは流石中山先生といったところ。
ようやく話が進んできたという感もあり、今回はかなり面白かった。
義経はどのタイミングで出てくるのかな?平家が登場するのはいつか。期待して注目。
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2016/09/16(金) 00:57:46|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<無様な正解。2016年第35回動画紹介・ジャンプ感想回 | ホーム | ポケモンサン・ムーン。「ウルトラビースト」について予想する>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/2286-97b945d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)