ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

ヤングジャンプ連載漫画「うらたろう」第五話感想

今週の見どころは何といっても義経か。
まあ、前作もそうだが感情表現が過大に過ぎる感はある。感情を書く作家だからこそというのはあるが。


とりあえずうらたろうはちよに対して好印象?千代の生死観というのは作中の強いテーマと。
バトル漫画としてみると浦太郎の弱点がまだ描かれていない訳で評価は出来んか。不死身ねえ。



で、義経。あのおっさん義経だったのか。千代と知って近づいた?
刀で鉄の鱗の沼御前の死体をバラバラに解体。人間でもこのレベルの力を手に入れられる世界?義経ともなればそりゃ天狗が師匠って話だし半分妖怪みたいなもんなのかもしれんが。

他にも源氏の生き残りもそこそこいるだろうし、平家も色々いる訳だ。妖怪との関わりはどうなっていくのか。どういう話になっていくのか。
何にせよ注目していきたい。
スポンサーサイト

テーマ:読書 - ジャンル:サブカル

  1. 2016/09/09(金) 01:15:36|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<「MURCIÉLAGO -ムルシエラゴ-」8巻まで読んだので感想 | ホーム | 第10回みんなで決めるゲーム音楽ベスト100、集計第二稿まで出来てたので東方だけ抜き出してみる>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/2282-7c391467
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)