ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」2巻まで感想

かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~ - Wikipedia

ヤングジャンプを読んでると読む漫画は色々あるが、最近のお気に入りの一つに「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」がある。

あらすじはWikipediaから引用すると、

将来を期待されたエリートたちが集う名門校・『秀知院学園(しゅうちいんがくえん)』。

その生徒会で出会った、副会長・四宮かぐやと会長・白銀御行は惹かれ合っているが、お互いの高すぎるプライドが邪魔をして告白することが出来ず、半年が経過してしまう――。

素直になれない二人は、いつしか自分から告白することを「負け」と捉え、「いかにして相手に告白させるか」ばかりを考えるようになってしまった。

そして今日もまた、かぐやと白銀との権謀術数の限りを尽くした“恋愛頭脳戦”が幕を開けるのである。

天才たちが馬鹿をする話である。

「恋愛は戦、好きになった方が負けなのである!!」名言過ぎる。そんな訳なかろうっていう。

主人公たち二人は、まあ言うなれば天才、少なくともすごく優秀な訳だが、優秀な能力を馬鹿で無駄な方向にばかり使っている。
告らせるという消極的な目標のため、お互い相思いのくせに(二人とも傲慢なのでそれを自覚してさえいる)相手に告らせるために策略陰謀を巡らせて戦いあっている。
二人とも切れ者だが妙にポンコツなところも多いのが好印象である。何しろ二人とも不純である。
なぜ20の質問(改め10の質問)でそこまで白熱するのか。

そんな中で天然系の書記、藤原が場を掻き乱す。結構アホ枠なのだがこの漫画では逆に常識人枠になってしまっている感すらある。白銀のお弁当のおかず貰ったぐらいで四宮の心の中で人の姿をした家畜扱いされるのは最高に笑える。


全体的に良質なギャグ漫画として仕上がっている。ラブコメをネタにしたギャグ漫画と言うべきか?ラブコメというか恋愛と素朴に言った方が近いか。恋愛もまた重要なテーマ。
ミラクルジャンプからのヤングジャンプへの移籍らしいがなるほどヤングジャンプの方が似合ってるかもしれない。
3巻以降ではまたキャラも増える。注目していきたい。
スポンサーサイト

テーマ:読書 - ジャンル:サブカル

  1. 2016/09/04(日) 19:08:04|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<ビタミン過多な生活。2016年第33回動画紹介・ジャンプ感想回 | ホーム | 2016年八月に買った本の感想と九月に買う本の紹介>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/2279-72c7210b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)