ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

ヤングジャンプ連載漫画「うらたろう」第4話感想

今回はちよの「生」に対するスタンスについてと、うらたろうの謎イリュージョン回か。

ちよはただ生きたい、不死になりたいだけではなく後悔することなく生きたい。死人のように生きたくない。良く生きたい訳だ。
相当な欲深ともいえる?ある意味。
うらたろうは不死だが割と死人のように生きている感もある。

ちよは結構博識で知恵はありそうだが近接戦闘能力には期待できないか。



固い巨大生物は中から倒すというのは良く聞く話だが溶かされながらというのはちょっと珍しい。
つーかいつ入った。というか消化されても再生されるなら無限に肉が生まれる?質量保存則の無視。
筋肉の無い骨すら動かせるみたいだしもうなんというか。



妖怪退治に生死のスタンスは概ねわかったのでそろそろ平家周りの現状が知りたいが。
来週にも注目。
スポンサーサイト

テーマ:読書 - ジャンル:サブカル

  1. 2016/09/03(土) 07:55:31|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<2016年八月に買った本の感想と九月に買う本の紹介 | ホーム | Wikipedia探訪「竹筋コンクリート」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/2277-5b95a7eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)