ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

うらたろう第2話感想

ヤングジャンプで連載してる中山敦支先生の「うらたろう」の第2話、軽く感想。

まあ大ゴマ連発でたいして話も進んでないが、出雲の国の黄泉比良坂まで鬼人様とちよ、霊魂と化した爺で旅物語と。タイムリミットは一年無い、とはいえ、現在地どこか知らんが何も無ければまあいけるだろう。何もないわけはないしただでさえ魑魅魍魎が跋扈してる上に平氏の追っ手も来るんだろうが。


呪い、ねえ。恐らく平氏側がなんかやったんだろうが。妖怪も含め和風ファンタジーな世界観。一応鎌倉時代(パラレル)だが。
ちよが生を謳歌してるところに冷や水を浴びせるように吐血するのはインパクトがある。


しかしややスタートダッシュに失敗しているか。
来週(と言うか今回合併号なので来々週)以降の展開に期待したい。
平氏側の動きとかキャラとか見たいところだが。
スポンサーサイト

テーマ:読書 - ジャンル:サブカル

  1. 2016/08/13(土) 03:07:54|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<第17回MMD杯、気になった動画とか紹介していく※追記終了 | ホーム | 東方茨歌仙 第三十五話 茨華仙の信じる道 感想・考察・その他の確認等>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/2266-b6f741ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)